フランスの食文化を楽しむ会19(2017.05.25)

2ヶ月に1度のフランスの食文化を楽しむ会に出席出来ました~。
連日何やかやあって、無理かしらと思っていたので、よかったです。
予定していても、行けなくなることだってありますよね。
人数が増えれば増えるほど、全員の顔が揃うって、ほんとにラッキーなことだと思います。

さて、今回は前菜として、Quiche Lorraine(キッシュロレーヌ)。
本家本元のキッシュですから、今回はベーコンだけが具材です。タマネギも入れません。しかもベーコンは炒めず、生のままで。それにミックスピザチーズをパラパラってふりかけて、アパレイユを流し込んだらそれでOK~。
はい、こちら、オーブンに入れる前と焼き上がり。
e0245404_16552966.jpg
とってもいい香りが立ちこめて、美味しそうでした!
ちなみに、タルト生地ですが、最初に作っておきました。この日は小さなサイズのタルト型3つを使用。前もって空焼きはしませんでした。

メインですが、Roules de porc aux herbes(豚肉のハーブ巻き焼き)
これはね、豚肉のフィレを、そうですね、一本を4人分としてぶつ切りにしたかしら。一人分、8cm位??
それに塩をして、ハーブと一緒に春巻きの皮で巻くんです。あとは、ニンニク、ハーブで香りをつけたオリーブ油で気長に焼きます。(弱火)
これ、焼きあがったところ。
e0245404_16562379.jpg
お皿に盛り付ける時に、先生は、焼き目がきれいに見える方じゃなくて、ハーブがのっかっているのが目立つ方を表にしたんですよ。キッシュの焼き色と被るからって。ナルホドネ。こんな感じで出来上がりです。
e0245404_16565732.jpg
それから、デザートなんですけど、な、なんと写真、忘れました。食べるのと、おしゃべりに忙しかったから。(笑)<(_ _)>
デザートはSoupe de fruits(フルーツスープ)。
フライパンにカラメルをつくって、そこにオレンジジュースを入れます。(すごい発想!)
オレンジやグレープフルーツの果肉と合わせて、冷やしていただきます。
これは冷やしても固まりません。(ゼラチンを入れて、ゼリー状にしてもいいかも)
こういうの、フルーツス-プっていうんですね。ちょっと変わり種のデザートでした。

本日の料理人は先生を入れて10名。お食事タイムには2名増えて、全員で12名に。
例によって、お食事タイムは和気あいあい、2時過ぎまでおしゃべりが続いて。。。
ごちそうさま~。次回は7月27日(木)です。参加出来るといいな。

そうそう、先生のお仕事ですが、逗子のSUZUKIYAで、毎週2日位イベントで登場するようになったとか。
11時と16時だったかしら。常時置いていただけるようになるまでが、大変ですね。
紀伊國屋との交渉もぼちぼち進んでいるそうです。日本酒とチョコレートのコラボ商品の開発もあるみたい。
ご家族との時間を大切にしたいとおっしゃっていた先生。あまり忙しくなりすぎてもダメなんですよね。
ただ、今度は一人だし、ご自分だけでやれるので、問題ないとおっしゃってはいました。
日本在住17年の先生。日本語は今や日本人並み。がんばりどころですね。
# by b_neige | 2017-05-25 17:14 | 鎌倉日仏協会関連 | Comments(0)

一の鳥居の傍で 満開のセンダンの樹(2017.05.23)

23日(火)、鎌倉で用事。若宮大路を海方面へ。
途中、見かけた満開の栴檀(センダン)の樹です。
e0245404_1712657.jpg
一の鳥居の傍というか、第一小学校校庭脇。
e0245404_17122547.jpg
見事でしょう?
淡い藤色の花が涼しげに風に揺らいでいました。
e0245404_1712434.jpg
ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)と花の感じは似ているかもしれないけれど、まず色が違います。フワッと薄紫色の靄がかかったよう。サラサラっと軽い風合い。
一の鳥居を入れて撮ると、こんな具合です。
e0245404_1713587.jpg
道路の反対側から。
e0245404_17132263.jpg
もしかして、鎌倉で一番大きな栴檀の樹??そうかも。満開に出会えて、嬉しくなりました。♪♪
# by b_neige | 2017-05-24 17:17 | 鎌倉歩き | Comments(0)

ミニシナボン(2017.05.20)

上の息子が六本木のお土産って、cinnabonを買ってきてくれました。
e0245404_2165168.jpg
プレーンのミニシナボン。これと、ブラックの珈琲が最高に合うそうで。172.png
六本木に行くと、よく食するんですって。
ありがたくいただきました!111.png

さて、5月の史跡めぐりAコース:逗子・葉山に三浦薬師と不動尊の霊場巡り、本日、出番でしたが、どうやら無事終了しました!4番出走でしたので、出番が回ってくるのか少々心配しましたけど、当日参加のお客様も沢山いらして、そのお陰。
今回は、また違う友人が参加してくれたんです。週末、それも朝早く集合なのに、1時間以上かけて来て下さって。ありがたいことです。
今日一日お付き合いいただいたお客様にも感謝します。いつもお客様に恵まれて、ほんとに幸せ者ですぅう。

さて、次回ですが、6月Bコース(半日コース):閑静な二階堂に紫陽花を尋ねる、ちょうど1ヶ月後20日(火)に出走予定です。
3ヶ月ぶりに鎌倉に帰ります。やっぱり嬉しい。♪♪
# by b_neige | 2017-05-20 21:13 | ガイドの仕事 | Comments(0)

箱根湿生花園ーガイドツアー後半(2017.05.15)

箱根湿生花園13時からのガイドさんに連れられて歩く園内散歩、後半です。
所要時間は1時間半ほど。もし都合がつけば、絶対、ガイドさんと一緒の方がいいです。オススメします。

エゾルリソウ(蝦夷瑠璃草)ムラサキ科
e0245404_20441063.jpg
可憐な花姿、そして、きれいな花色!見とれてしまいます。

コマクサ(駒草)ケシ科
e0245404_20442955.jpg
可愛いけど、あまりに小さくて、なかなかピントが…。(+_+)

こちらは、エゾウスユキソウです。(蝦夷薄雪草)キク科
e0245404_20444926.jpg
これも日本のエーデルワイスの仲間と思います。

ウド(独活)
e0245404_20451483.jpg
新芽が出てます。こういうの、すぐ持って行かれてしまうんですって。何という。。。

お次はユキザサ。ユリ科
e0245404_20454540.jpg
これもお初でした。

ヤマシャクヤク(山芍薬)ボタン科
e0245404_20461931.jpg
この花は、大町の安養院で見たような。イヌマキの下にあったと思うのですが…。

ヤマブキソウ(山吹草)
e0245404_2046524.jpg
フツーの山吹と同じ色。草なんですね。これもお初。

あとはね、スノキ(酢の木)ツツジ科、を教えてもらいました。
e0245404_2047395.jpg
葉は互生。(ちょっとわかりにくいですね。<(_ _)>)
釣鐘状の花が数個づつ集まって咲くんだそうです。葉を口にすると、酸味を感じることからスノキ。

そして、最後にシキミをどうぞ。(樒)シキミ科
e0245404_20474335.jpg
花や葉、実、根から茎まで、全て毒性。でも、インフルエンザの特効薬・タミフルの原料になってるんですって。(シキミ酸)

エントランス付近では企画展として桜草の種類が沢山置かれていました。
(園芸種ってほんとにいっぱいあります)

午後から時折、ザ-ッと雨が降りました。でも幸い、長く続かないんですよ。助かりました。また、傘は入口付近で貸していただけます。大きくて、ワンタッチで使いやすかったです。
お天気は仕方ないけど、それでも、花散策、十分に楽しめました。ここはいいですよ。自然に近い形で観察出来ます。

今回の箱根行き、アクセスは、車じゃなくて、快速アクティーと登山バスを乗り継いで。
せっかく箱根に行ったんですけどね、日帰りで、それだけちょっと残念でした。(>_<)
# by b_neige | 2017-05-19 07:11 | 緑の会 | Comments(2)

箱根湿生花園ーガイドツアー前半(2017.05.15)

ヌマガヤ草原近くの休憩所で昼食休憩をした後、13時から始まるというガイドツアーに参加するため、もう一度エントランスまで移動。
湿生花園の沿革などを伺い、
e0245404_1941517.jpg
一般のお客様2名を加えて、再び園内散策スタートです。仕切り直し!

アミノヘイシソウという食虫植物の説明を伺いました。
e0245404_19412746.jpg
葉の下の方が筒になっていて虫が結構たまるそうです。葉は先端が少し広がり気味で、その部分がきれいな編目模様になります。と言っても、この時期、葉が枯れちゃっていて残念。

ヤブレガサ キク科
e0245404_19415046.jpg
芽出しの頃は、真ん中から持ち上がって、その時、葉はこんな風に破れていなくて、フキのように丸くくっついているんですって。だからフキに似た味がするそうで。

ミヤマヨメナ(深山嫁菜)キク科
e0245404_1942970.jpg
これはね、ミヤコワスレの原種だそうです。知りませんでした!

ハナイカダ(花筏)ミズキ科
こちらが雌花の木。
e0245404_19422784.jpg
そして、雄花の木。
e0245404_19424082.jpg
雄花の方は、一つの葉に複数の花がつきます。

キンラン(金蘭)ラン科
e0245404_19425833.jpg
そう、絶滅危惧種指定の植物です。2株、ありました!
でもちょっと遠くて、画像、はっきりしてませんね。<(_ _)>

オキナグサ(翁草)キンポウゲ科
e0245404_194326100.jpg
すっかり翁になってしまった!

ミヤマザクラ(深山桜)バラ科
e0245404_19434441.jpg
e0245404_19435678.jpg
葉が出てから咲く桜。桜の中でも一番開花が遅いそうです。

ヒメイズイ(姫萎蕤)ユリ科
e0245404_19441330.jpg
見たことなかったような。

ハヤチネウスユキソウ(早池峰薄雪草)キク科
e0245404_19443421.jpg
日本のエーデルワイスということです。

ハクサンチドリ(白山千鳥)ラン科
e0245404_19445168.jpg
パッと見だと、ヒヤシンスみたいですけど、名称は、花の形が千鳥が飛翔する姿に似ていることから。

こちらは、ヒメシャガ(姫射干)アヤメ科
e0245404_19451215.jpg
面白い漢字なんですね。著莪って書くのだとばかり。

スズムシソウ(鈴虫草)ラン科
e0245404_1945409.jpg
これ、エビネみたいだけど、花の色が違います。鈴虫の羽に似てるでしょう?
これ、お初、ちょっと感動しました!
まだ続きますよ~。♪♪
# by b_neige | 2017-05-18 06:51 | 緑の会 | Comments(0)