カテゴリ:鎌倉歩き( 810 )

旧山本条太郎別荘の特別公開(2017.11.19)

第12回湘南邸園文化祭の一環で長谷の旧山本条太郎別荘が特別公開されてまして(11/16~11/19)、最終日、お手伝いも兼ねて行って参りました。
e0245404_21195726.jpg
昨日とは打ってかわって上々のお天気だったので、大勢のお客様で賑わっていましたよ。

山本邸には以前、ガイド協会の史跡めぐりでおじゃましたことありますが、確かあの時は写真は撮っても良かったけれど、ブログアップ等はご容赦下さいということだったんです。
ブログ内検索してみました。もう5年も前になります。
Cf : ガイド協会史跡めぐり-大正ロマン(名邸)(2012.12.03)
今回はね、写真OK、ブログOK。5年経つと、制約も変わってくるんですね。晴れて、ご紹介が出来ます。♪♪

では入口からどうぞ。
e0245404_203672.jpg
このエントランス付近は5年前と大分趣を異にしています。5年前はこんな感じだったんです。
e0245404_20362647.jpg
山本条太郎の本邸は元は、赤坂新坂町にあったということですが、空襲で焼失。以後、こちらの鎌倉邸がご家族の本拠地となったものの、あまりに広すぎたのか、昭和31年にごま油の九鬼家に譲渡。その後昭和56年、九鬼家から現在の所有者・新霊教に所有が代わっています。譲渡にあたっては、間に入った鹿島建設より、できる限り現状には手を加えないという申し送りがあったそうです。(広さ5000坪)

では、門からの続きになります。右側に開けた場所があります。
e0245404_2037133.jpg
何に使われたんでしょう?弓道?ゴルフ??
広場を右横に見ながら、そのままアプローチを進みます。
e0245404_20373580.jpg
母屋は高台(標高40m)にあるので、アプローチはゆるやかな上り坂。
e0245404_20374799.jpg
道の両側は背の高い樹木です。一週間に2回?庭師の方がいらしてるそうです。100種類の草木、1000本程の樹木ですって。

はい、こちら、門になります。
e0245404_2038885.jpg
間口1間の棟門。朝方であまり陽が当ってなかったので、いささか紅葉の色がくすんでます。(門は昭和31年頃のもの)
この門の左側が今回の一般公開の受付場所でした。(午前中12:30までお手伝い)

午後、母屋にあがらせていただいて、写真撮りました。ただ、お客様が沢山お越しになって下さって、中でこの旧山本邸のご説明を伺ってらしたので、写真は一部だけ。<(_ _)>
京風の数寄屋造になります。
e0245404_20383169.jpg
欄間は表千家残月亭の「踊り桐」の写しだそうです。
e0245404_20384823.jpg
こちらは照明。鈴虫があしらわれています。
e0245404_2039863.jpg
なんて風流なんでしょう。

小さい方の茶室になります。
e0245404_20392345.jpg
山本邸にはお茶室2席あります。こちらは九鬼氏時代のもの。
山本氏も九鬼氏も茶道には熱心であったようです。
天井も網代と言うのでしょうか、こだわりが感じられましたし、
e0245404_20394045.jpg
にじり口だって、ちゃんとありました。本格的なお茶室と思います。

外に出てみました。母屋の玄関先からのお庭への散策路です。
e0245404_20395497.jpg
しばらく歩くと、大きな石が積まれて石段状になっていて、そこを上ると大広間の前面に広がるお庭。
あちらこちらでツワブキを見かけました。
e0245404_20401259.jpg
母屋に沿って、奥に進んでみます。
e0245404_20404458.jpg
こちらは、一番奥に設けられた待合。
e0245404_20405723.jpg
先ほどご紹介したお茶室に附属しています。門と同じ頃(S31頃)のもの。

母屋の脇から。
e0245404_20433211.jpg
左側には海が望めるんですよ。
e0245404_20422732.jpg
もう少し正面に戻った場所から。
e0245404_20435123.jpg
なんとも風情を感じる建物です。
そして、圧巻の眺望はこちら。
e0245404_20442457.jpg
大きなスダ椎の樹は創建当時からですって。(大正7年)

なんだか、順番がおかしくなってしまいましたけど、こちらは玄関先から母屋の屋根にかかえる紅葉です。
e0245404_20444791.jpg
まだ青々としています。
e0245404_2045012.jpg
一部紅葉しているかな。そうそう、こちらの紅葉ですけど、おそらく京都から運んできたものじゃないかということなんです。京都から取り寄せた資材を使って宮大工を呼んで建てたという至高の建物ですものね。庭木だって、厳選してるに違いありません。

玄関先から、下の門方面の紅葉をどうぞ。
e0245404_20453773.jpg
大きな石灯篭だって、ちゃんと何基か置かれてます。
では、この日一番きれいだった紅葉を最後に。
e0245404_20455444.jpg
この旧山本邸の特別公開、最終日、午前中で100名越えていたし、なかなかの盛況ぶり。主催者S先生のご尽力があればこそです。
5年ぶりの来訪、気持ちよく楽しみました。来年も出来れば企画していただきたいものです。
その時には、皆さんも是非。(前もってお知らせしますね!)
by b_neige | 2017-11-20 07:11 | 鎌倉歩き | Comments(1)

覚園寺拝観ツアーに(2017.11.15)

はい、鎌倉宮から薬師堂ヶ谷に向かいました。
これは、途中の民家のお庭で見かけた皇帝ダリア。
e0245404_2230728.jpg
今季お初でございます。
そして、覚園寺山門。
e0245404_22302278.jpg
山門の石段下で、これは、水仙でしょうか??
e0245404_22304019.jpg
なんとも...。

愛染堂前の紅葉はまだ青々としていました。
e0245404_22312037.jpg
カメラを少し高い位置にあげてみると。
e0245404_22315721.jpg
こういうのも秋色ですよね。(それほどきれいじゃない??)
お堂の前からだと、こんな景色が広がっています。
e0245404_22324643.jpg
紅葉はまだだけれど、いい感じでしょ?

愛染堂前の苔庭には、ツワブキや笹竜胆が花をつけていました。
e0245404_22333855.jpg
e0245404_22334971.jpg
こちらはほんとに終盤のホトトギス。
e0245404_22341423.jpg
e0245404_22342457.jpg
さて、写真を撮っているうちに拝観時間になりました。
拝観受付から奥の境内は撮影禁止。仕方ないです。
あのね、2本ある雌雄のイチョウの木が大変美しかったです。きれいに黄葉していました。散り始めという感じ。
それとね、薬師堂の傍に内海家住宅ってあるんですけど、そちらに行く手前に仏手柑が植栽されています。今年は実が沢山!色づきはまだ中途半端ですけど、面白い形、楽しめます。
あとは、そうそう黒地蔵さまのお堂が新しくきれいに塗り直されていました。
あれはいつだったかしら、確か鎌倉国宝館で、辻の薬師堂の薬師三尊さま&十二神将さまの通路をはさんでとなりに、覚園寺の黒地蔵さま、お見かけして、あれぇ、どうしてここにって、驚いたことありました。
覚園寺の地蔵堂にいらっしゃるお地蔵さまはレプリカなのかって、一瞬?思った次第。(笑)
お堂が修復中だったんですね。納得。そして、お堂の中なんですけど、黒地蔵さま一体のみになったんですよ。
以前は左右に、他のお地蔵さまやらお祀りされていたでしょう?
千体地蔵堂に移られたんですって。そうなんですね。
黒地蔵さま、お一人だけのお堂。印象としては、すっきりしていたかな。
なかなか良いご案内でした。☆
by b_neige | 2017-11-17 07:28 | 鎌倉歩き | Comments(0)

明月院通りの紅葉具合(2017.11.15)

久しぶりに明月院に向かいました。
こちら、山門前です。
e0245404_21453828.jpg
う~ん、紅葉、ビミョウ??
明月院は今季から拝観料500円だし、どうしようと躊躇して?結局やめました~。(^^ゞ
こちら、帰り道。
e0245404_21461875.jpg
秋色の樹木。ちなみに、明月院通りには桜の木が何本かあるのですけど、2度の台風の影響か、葉っぱは完璧に落っこちて冬枯れ姿。残念。

絵本作家の「葉祥明美術館」前。
e0245404_21471825.jpg
6本あるアメリカカエデ、まだ全部黄色ってわけじゃないけれど、見頃を迎えています。
e0245404_21473240.jpg
洋館によく似合いますね。

明月院通りに戻って。
e0245404_21481010.jpg
まだ手前のサザンカはあまり花をつけていません。
だけど秋が深まってきていることは確か。
ちょうどお昼頃だったんですけど、この後、ちょっと約束があって覚園寺に寄ろうと。
13時の拝観ツアー目指して、歩きます!
by b_neige | 2017-11-16 07:19 | 鎌倉歩き | Comments(0)

埋蔵文化財発掘調査中ー山ノ内上杉邸跡(2017.11.15)

北鎌倉駅を円覚寺側に下りて、鎌倉方面に線路沿いを進んだ左側。埋蔵文化財発掘調査中の看板を見つけました。
e0245404_17312845.jpg
ネットのフェンスに囲まれてまして、看板が見づらいのですが、遺跡名に「山ノ内上杉邸跡」ってあるんです。ちょっとアップにしてみましょうか。
e0245404_17314690.jpg
ビミョウですかね?<(_ _)>
それでも、ちょっと驚くでしょう?「山ノ内上杉邸跡」ですよ。
e0245404_17423419.jpg
上杉氏の祖は上杉重房といいます。
藤原高藤(たかとう)より数えて、13代の子孫に藤原重房という人がいて、第8代執権北条時宗の時、初の第6代親王将軍として、宗尊親王をお迎えしますよね。その宗尊親王に従って鎌倉に下向し、丹波国上杉荘に領地をもらったので、上杉氏と名乗ったんです。
上杉氏は沢山の家に別れていきますけど、中でも、山ノ内、扇ガ谷、宅間、犬懸は上杉4家と呼ばれて勢力が強く、鎌倉公方の補佐役としての関東管領職を継承していきます。
ちなみに宅間、犬懸上杉氏は早くに没落し、山ノ内、扇ガ谷の上杉氏が両上杉氏と呼ばれて、
次第に対立。扇ガ谷上杉氏の家宰(執事)には、あの太田道灌が就任し、どんどん強大化していくんです。主君よりも。だから主君に睨まれて、暗殺されちゃったんですね。(対向する山ノ内上杉氏の入れ知恵とも言われています)

お話を元に戻して、つまり、山ノ内=北鎌倉には室町時代、山ノ内上杉氏の屋敷があったということなんです。
発掘調査をしているのは線路脇。
これまで、山ノ内上杉氏の屋敷跡=管領屋敷跡は明月院通りの東西と思っていました。
たとえば、明月院手前の東の山側には何故か平場があって、
e0245404_17402895.jpg
地形的に見て、あの辺りかしら、なんてイメージしてたんです。
発掘の場所から近いといえば近いですが、ちょっと予想外の場所!?
そう言えば、安達家だって、甘縄神明社辺りとばかり思っていたけれど、無量寺ヶ谷方面まで広がっていたと先日教えてもらったっけ。
ましてや管領屋敷ですものね。土地は広大だったのでしょう。認識を新たにしました。

ネットのフェンスの端からちょっと発掘現場を見学。
e0245404_1732355.jpg
e0245404_17324421.jpg
何の跡かしら、興味津々~。

おまけ:円覚寺入口辺りの紅葉です。
e0245404_17331361.jpg
史跡めぐりガイドは今週土曜なんですけど、お天気がねぇ。。。降水確率90%ですって。(泣)
by b_neige | 2017-11-15 17:44 | 鎌倉歩き | Comments(0)

日本海底通信の史跡の碑(2017.11.04)

鎌倉に出ましたが、この日も自由な時間はなし。
行く途中にあるこの碑の写真だけ撮りました。
e0245404_2132670.jpg
今はもう存在しない保養施設ですが、ひと昔前、「ゆかり荘」というNTT鎌倉職員クラブがありました。その「ゆかり荘」の前身は、旧電電公社・関東電気通信局鎌倉電信中継所。
上の石碑は、そこに残された「日米海底通信の史跡」の碑になります。場所はNTT東日本鎌倉支店跡地。
e0245404_21325110.jpg
1906年(明治39年)、日露戦争が終わって、ポーツマス条約が結ばれた翌年ですが、米国は既に、サンフランシスコ-ホノルル-ミッドウェー-グアム-マニラ-上海間の太平洋横断海底通信線を布設していました。だから、日本とグアムを結ぶ通信線ができれば、日本-米国間の通信も可能になるということで、グアム線の工事は日本-父島間が日本、父島-グアム間が米国の分担で行われました。日本-父島間は、深海でもあり、潮の流れも速くて難工事だったとか。
e0245404_213325100.jpg
開通当初の1906年から25年間は、日本側の中継所はまずは川崎、その後東京・越中島へ。
水位差が大きく、通信線の切断事故が相次いだことから、最終的に、鎌倉・材木座の滑川右岸に移されました。このような経緯から、厳密には鎌倉が日本の海底通信発祥の地ではないのですが、今もこの記念碑は残されています。

布設方法は、英国グラスゴー・ロブニッツ社に発注した「沖縄丸」を使用。
建造費 63万円 総トン数 2221.32t
電線は英国製のものを使用。1648海里、158万3639円
1海里は1852m 1648海里は3.052.096m
すごい距離、そして、今だとどれ位の費用なんでしょう。20円が25万だとして2000億??
びっくりする金額です。
1906年(明治39年)7月15日最終試験、8月1日から公衆通信開始。

海底通信はその後、無線通信になり、鎌倉電信中継所も戦後の1953年(昭和28年)4月に廃止になりました。
今でも、海外通信って音がつながるまでちょっとした間がありますよね。海底通信だとどんな風だったのかしら。
今やインターネットの時代。歴史の積み上げがあればこそですよね。

おまけです。
通りすがりのレンバイにて。
e0245404_21382127.jpg
色んな大根。
e0245404_2138397.jpg
冬が近づいています。
自宅にて充電中が続くこの頃ですぅ。。。
by b_neige | 2017-11-04 21:44 | 鎌倉歩き | Comments(0)

雨の週末(2017.10.29)

また雨です。というか台風接近中。ということで、家に居たかったのですが、所用にて鎌倉に行かざるをえず。。。
でも、いいことありましたよ。大巧寺に寄ってみたところ、ずっと工事中で青いビニールシートに覆われていたご本堂がいつのまにか美しくリニューアルされていたんです。
e0245404_16425823.jpg
お寺の方がいらしたので、伺ってみたところ、先週金曜にブルーシートが取れたとのこと。
わぁ、まだ2日目。雨に濡れていますけど、きれいになってお目見えですよ。
e0245404_16431862.jpg
お寺の方に、屋根の色が変わりましたねと申し上げると、前の屋根も最初はこんな感じだったとのこと。そうでしたっけ??(^^ゞ
銅板葺きって年数の経過に伴って、やっぱり変色してくるんですね。
棟の巴の紋が光っています。
早速、お堂の前の糸ススキを入れて、撮ってみました。
e0245404_16442097.jpg
雨が邪魔してますぅ~。
それに糸ススキも雨に打たれてへたれてますぅ~。
今年の10月の空模様はほんとに残念。穏やかな秋日和が続く頃なのに...。

境内で見つけた、色づき始めた万両の実です。
e0245404_16252178.jpg
早過ぎません??

ホトトギスは花期が長いです。
e0245404_16254065.jpg
お隣のビルディングの壁。ツタが絡んで、いい秋色。
e0245404_1625584.jpg
鎌倉の紅葉は例年だと、11月末からだけれど、今年はどうなのかしら。もしかして早いかもしれませんね。
コムラサキの実もすっかり濃い色に変わっていました。

さて、レンバイには、こんなお野菜、置かれてました。
e0245404_16263668.jpg
e0245404_16264513.jpg
e0245404_16265761.jpg
おまけ:
e0245404_16273856.jpg
ハッピーハロウィン!
by b_neige | 2017-10-29 17:01 | 鎌倉歩き | Comments(0)

東慶寺から徒歩で鎌倉駅へ(2017.10.23)

23日の台風一過の散策ですが、東慶寺で写真を撮っている時に連絡が入り、急遽鎌倉駅へ。
というのも、主人がこの週末友人を鎌倉に案内することになり、その下見に付き合うことになったんです。私の方は、台風で緑の会が中止になり、主人の方も、午後の予定が翌日にずれたとのことで、お天気上々、主人も出てくる気になったんでしょう。(笑)

東慶寺から鎌倉駅まで、どうしましょと思ったんですけど、待ち合わせまでにちょうど1時間あったので、亀ガ谷坂切通経由、徒歩で。

まずは、「にちりん製パン」が開いていたので、雑穀食パンとこの美味しそうないちじくとクリームチーズのパンを購入です。
e0245404_1456581.jpg
(ほんとに美味しかったです)

え~と、こちらは、鉢の木さん前の黄葉。
e0245404_14571483.jpg
とてもいい天気だったんです。気温がぐんぐん上がって、歩いていて汗ばむ位。(ベストを脱ぎました)

昼なお暗い亀ガ谷坂で。
e0245404_14581216.jpg
この切通は、北鎌倉側からだと、下りが主で楽ですよね。
写真ではそう判らないかもしれませんが、台風のせいだと思います。枝葉が沢山下に落ちていて、これ、すべったら危ないと思いました。

岩船地蔵堂を左折して、あのアメリカキササゲの木の手前辺りでしょうか。線路際のススキが風に揺れてました。
e0245404_14585421.jpg
そして、こちらは川喜多映画記念館のイチョウの黄葉。
e0245404_14591535.jpg
おまけは、小町通りを歩いて、目に留まった、お花屋さんの松ぼっくりになります。
e0245404_14594757.jpg
ビッグサイズ。ちょっと惹かれましたけど、2500円は高いですよねぇ。。。

余裕で鎌倉駅到着。このあとは主人と西御門方面へ。夕食は、西口のお好み焼き屋さん「津久井」でいただきました。美味しかったですよ。午後はほんとにいい塩梅の秋日和でした。174.png
by b_neige | 2017-10-24 16:54 | 鎌倉歩き | Comments(0)

台風一過 花散歩-東慶寺(2017.10.23)

台風が通り過ぎて行きました。
雨、ひどかったですね。大丈夫でしたか?
朝方は通勤電車も遅れて間引き運転でしたよね。
お昼前からようやく台風一過の青空が広がって…。
実は、ほんとはこの日は緑の会で大楠山にハイキングの予定でした。あと半日ずれていたら予定通り開催されたんですけどね。残念。
そんなわけで一日ぽっかり空いてしまった月曜日。北鎌倉に出てみました。
自宅で勉強という手もあったんですけど...。(^^ゞ

久しぶりの東慶寺です。
こちらは石段の手前、右側にあるサンシュユの木。
e0245404_2264252.jpg
台風で落っこちてしまったのか?、実があまりついてなかったんですけど、赤いつややかな可愛い実が一つ光っていました。
そのお隣、夏目漱石の円覚寺参禅100年記念碑=つれションの碑
e0245404_2273417.jpg
横のススキがいい感じです。
cf : 東慶寺の夏目漱石参禅百年記念碑(2017.07.05)

さて石段を上って、拝観受付のちょうど前、きれいなリンドウを見つけました。
e0245404_22833100.jpg
e0245404_2284524.jpg
素敵な色。
そして、このところずっと雨が続いていたからでしょうか、ほら、こんなきのこが。
e0245404_2291178.jpg
その隣の関谷の秋丁子。
e0245404_2292854.jpg
これはもう終わりかけですね。
23夜塔の辺りではサネカズラが大きな実をつけてました。
e0245404_2294790.jpg
この中央の赤い実、とってもビッグサイズ、見たことない位。驚きました。

ホトトギスもまだ見られます。
e0245404_2210781.jpg
台風に耐えたんですね。がんばりましたね。
黄葉&ススキ。
e0245404_2211031.jpg
秋が着々と進んでいます。

山ブドウもきれいに色づいて。
e0245404_22112219.jpg
こんな花も見つけました。初めてかも。
e0245404_2211538.jpg
吉祥草(キチジョウソウ)です。おめでたい名称の花。
低い位置で咲いているから、これまで気がつかなかったのかしら。(あらら、ちょっと反省~)

松ヶ岡宝蔵前からお茶室白蓮舎方面を望んで。
e0245404_22124394.jpg
う~ん、やっぱり秋の風情を感じます。
じゃ~ん、こちらも台風に耐えたシュウメイギク。(スゴイ!)
e0245404_2213457.jpg
倒れてないのが不思議です。

台風が通り過ぎて、実は境内の中は後片付け中。この時は宝蔵前に結界が置かれていました。きっと、とりあえず、山門から宝蔵までは大急ぎで片付けられたのだと。(有難いことです)
吉祥草に気をよくして、境内をあとにしました。
by b_neige | 2017-10-23 22:18 | 鎌倉歩き | Comments(0)

鎌倉山ロータリーで(2017.10.22)

来る日も来る日も雨で、最後は台風接近です。
皆さん、ご自宅でしょうか。台風接近で避難勧告が発令された首都圏。
私はお昼頃、何故かこの日にあたってしまった研修会へ。行きはまだよかったのですが、帰りに嫌と言うほどびしょぬれに。横殴りの雨でして…。覚悟はしてましたけど、悲惨でした~。あれえ、これは何の祟りかと。。。とほほ。

行きに撮った「鎌倉山ロータリー」です。
e0245404_1811997.jpg
この鎌倉山と記された石柱ですけど、昭和44年、菅原通済が(関東大震災で倒壊した)鶴岡八幡宮の三の鳥居の柱石を用いて「鎌倉山」(望月圭介元逓信、内務大臣書)と「建国記念の日二月十一日」を刻んだ碑を建てました。
e0245404_182516.jpg
「鎌倉山」という地名を作って世に知らしめた通済自身の記念碑とも言えるそうです。

それから、昭和17年に源実朝生誕750年記念で、鎌倉文化連盟(理事長:大佛次郎氏)が鎌倉国宝館前に、実朝の歌碑を建てましたが、これも三の鳥居の遺材。
cf : 七夕まつりを待つ鶴岡八幡宮(2014.07.02 part3)
ちなみにこれらの石材は、備前国(岡山県)犬島産の花崗(かこう)岩になります。寛文7年(1667)6月19日犬島を出港して、25日間で小坪に到着、翌日由比ガ浜に陸上げされたそうです。

関東大震災で同じく倒壊した二の鳥居はどうなったかというと、右側(西側)は昭和6年の日蓮聖人650年遠忌の記念事業で材木座妙長寺境内に設けられた相輪塔の基柱となったんです。ただし、のちに傾いて現在は使用されていません。そして、左側(東側)の方は、このブログで以前ご紹介しましたが、鎌倉山の「巍巍赫赫 爆弾三勇士表勲碑」として用いられまして、こちらは現存しています。(元在った場所から移動はしていますけどね)
cf : 鎌倉山 爆弾三勇士表勲碑(2016.09.23)

雨の日が続いて?ブログの更新も滞りがち。<(_ _)>
というか、来週のガイド本番に向けて充電中なのでございますぅ。(^^ゞ
by b_neige | 2017-10-22 18:09 | 鎌倉歩き | Comments(0)

光触寺山門手前のケンポナシの木(2017.10.17)

ケンポナシ 別名 テンポナシ、テンボウナシ(手棒梨)とも。
私の耳、悪くなかったみたい!
神奈川県だと、箱根や西丹沢にはないそうです。丘陵地の斜面、沢沿いに多いとか。
背が高い木、15~20mになるようで、光触寺の前の木は、多分、こちらの上に見えている木かなと思います。
e0245404_2259166.jpg
落ちていた実なんですけど、お仲間が持って下さって、撮らせていただきました。こんな感じ。
e0245404_2301253.jpg
せっかく持ってて下さったのに、あまりよく判らず、すみません~。<(_ _)> (^^ゞ
ネットからお借りしました。
e0245404_23141555.jpg
この緑の実が黒くなるのだと思います。(ウィキペディアから)
e0245404_2392054.jpg
小っちゃい実なんですよ。ただし!! 食べるのは実じゃないんです。その下の膨らんだ箇所を食べるんだそうです。果軸!?(笑)
中身はむっちり甘く梨の味がするのだとか。(二日酔いにも効くそうですよ)

それにしても、おかしな形ですよね。ケンポ=テンポ=テンボウ=握り拳。
野口英世は幼いときにやけどを負って手が不自由でしたよね。「てんぼう、てんぼう」とからかわれたと。
見たことありそうで、知りませんでした。
光触寺前の木は大きすぎて、葉っぱなどよくわからず…。今度違う場所で是非。
by b_neige | 2017-10-18 07:41 | 鎌倉歩き | Comments(2)


フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)

画像一覧

カテゴリ

全体
フランス語、IBS関連
鎌倉日仏協会関連
鎌倉歩き
鎌倉ガイド協会史跡めぐり
鎌倉歩け歩け協会
鎌倉ドラマ
他ウォーキング協会
横浜歩き
横須賀歩き
京都のお寺
奈良のお寺
旅行
展覧会など
映画
sakamoto人形
グルメ
ティータイム
レシピ いろいろ
ブログ
ガイドの仕事
〇〇先生の会
緑の会
その他

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

う~ん、残念!行きたかっ..
by 花音 at 23:17
大分秋が進んできましたね..
by b_neige at 16:39
食べてみました! 殻が..
by b_neige at 23:38
今までドングリで一括して..
by ぽっきゅる at 22:34
前のプリンターよりどっし..
by b_neige at 23:13
ご訪問ありがとうございま..
by b_neige at 16:06
ぽっきゅるさん、こんばん..
by b_neige at 20:01
うーん、食べてみたいのは..
by ぽっきゅる at 17:25
まぁ、ありがとうございま..
by b_neige at 22:20
特別展、行きたいと思いな..
by 花音 at 00:14

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

茶葉茶話日記

最新の記事

旧山本条太郎別荘の特別公開(..
at 2017-11-20 07:11
18日(土)、なんとかお天気..
at 2017-11-18 17:25
国立東京博物館 平成館 特別..
at 2017-11-18 07:12
明日は11月の史跡めぐり実施..
at 2017-11-17 19:56
覚園寺拝観ツアーに(2017..
at 2017-11-17 07:28
明月院通りの紅葉具合(201..
at 2017-11-16 07:19
埋蔵文化財発掘調査中ー山ノ内..
at 2017-11-15 17:44
上野・東京国立博物館「運慶展..
at 2017-11-11 21:14

記事ランキング

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

まとめブログ