<   2017年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

高徳院ー源頼朝公の供養塔(2017.06.30)

4、5、6月と続いた、鎌倉の春の観光シーズン、幕引きです。
小学生のガイドで、ほんとに幾度となく高徳院・鎌倉大仏を訪れました。実は今日も。

これまで、何を今更、という具合で高徳院には、あまり出かけなかったんです。だから、新しい発見が多くて...。
高徳院って、歌碑や石碑が沢山あるんですよ。それが、よく分かりました。収穫です。

今日は、その中から、特別の?一基をご紹介します。
はい、こちらの細長い石碑です。
e0245404_19583565.jpg
実は、この石碑、源頼朝公の供養塔なんですよ。
上部に五輪塔が刻まれてます。梵字は空・風・火・水・地を表す、キャ・カ・ラ・バ・アです。
その下部ですけど、頼朝公の戒名が記されているんです。
武皇 源頼朝大禅定門尊儀って。
石碑の裏と右横には何も刻まれていませんが、左横には、頼朝公の命日が記されています。
大仏造立発願主 右大将源頼朝御法師 正治元未年正月十三日死去御壽五十二と。

素晴らしいでしょう?画像では文字がはっきり写ってなくて…。<(_ _)>

場所は大仏さまに向かって、右手前です。
こちらの画像で、位置は大体おわかりになるかと。
e0245404_19591455.jpg
いつか、高徳院に行かれることがあったら、どうぞ確認してみて下さいね。
大仏さまの真後ろにある稲多野局の供養塔と対で、江戸時代に造立されたようです。
cf : 高徳院・大仏後ろの笠塔婆(2017.06.16)
by b_neige | 2017-06-30 20:56 | 鎌倉歩き | Comments(0)

とりあえず、さよなら大船植物園(2017.06.29)

昨日のフラワーセンターの続きになります。
花さんぽの時、園長に紹介していただいたのに、アップしそこなったものがあって…。<(_ _)>
このアジサイ、アナベルです。
e0245404_16371349.jpg
アナベルも老化現象といっては何ですが、時間の経過とともに、グリーンに花色が変化します。

それと、ブルーサルビア。
e0245404_16373018.jpg
シソ科。北米・メキシコ原産。園芸種。赤いサルビアとは少々趣が異なりますね。(メドーセージとも違います)

もう一つ、ユリ科でヘメロカリスの仲間。
e0245404_16375851.jpg
ハマユウと一緒に沢山花をつけていました。

さて、それではお待ちかね、バラ園で撮った夏バラをご紹介します。
この日一番と思ったのは、「王朝」京成バラ園芸1983
e0245404_16381958.jpg
言うこと無しでしょう。美しかったです。
その次が「マリア・カラス」仏:メイアン 1965
e0245404_16383237.jpg
バラの王道ですよね。参りました~。
こちらは如何?「アプリコットキャンディ」仏:メイアン2006
e0245404_16384851.jpg
それに、「ブラックティー」京阪園芸 1973
e0245404_1639848.jpg
雨のしずくが花びらに残って、とても瑞々しく美しかったです。
「トゥルーズロートレック」仏:メイアン 1993
e0245404_16392442.jpg
なんか画家・ロートレックの作品が被って、それらしく感じたんですけど、どうでしょう?
「ジュリア」
e0245404_16394669.jpg
紅茶色の花色です。名花・ブルームーンを片方の親に持つとありました。個性的なバラ、惹かれます。
「マーガレットメリル」英:ハークネス 1977
e0245404_16401248.jpg
ひたすら清らかな花姿。白って究極の色味と思われませんか?
最後です。「たそがれ」日:小林 1970
e0245404_16402798.jpg
青バラになります。ほれぼれする色合い、咲き具合、マックスです。

おまけを二つ:森の小径で見つけた「まゆみ」。
e0245404_164154.jpg
e0245404_16411445.jpg
青い実がぱらぱらくっついてました。
それと、しぶいですよ。「コノデガシワ」=児手柏になります。
e0245404_1642347.jpg
ワビャクシンと言われます。仏殿を清める香木です。

こちらは、この日、入口でプレゼントされた「キバナコスモス」。我が家のベランダの鉢に入れてみました。
e0245404_16563146.jpg
以上になります。

バラの他にも、たとえばハナショウブとか観ようと思ったんですよ。でもね、ごめんなさい、時間切れでして…。(>_<) 
大船植物園の55年の歴史に感謝です。
半年後の植物園再開、ほんとに心待ちにしています。
by b_neige | 2017-06-30 17:16 | 鎌倉歩き | Comments(0)

休園前の大船植物園ー園長の花さんぽ(2017.06.29)

大船植物園は、来月3日から半年間の休園となります。
早く行かないと、と思いながら、とうとう間際になってしまったわけでして、10時半からの園長による花さんぽに参加しました。

ハスの葉のシャワーを説明する今日の園長。
e0245404_17174331.jpg
e0245404_171754100.jpg
ハスの葉の葉脈は先っぽが細くなっているので、その分、葉を少し切り込むと、こんな風に勢いよくシャワーになるそうです。横浜の三渓園でもよくやっているとのことでした~。

ハスの切り口。
e0245404_17182889.jpg
これは、いつだったか、材木座の光明寺の観蓮会で、象鼻杯でしたっけ、試した時、やっぱり見せていただいたことあります。
cf : 材木座 光明寺の観蓮会(2014.07.27)
夏は、やっぱりハスですよね。
名称は、花托が蜂の巣に似ていることから、ハチスが転じて「ハス」になったそうで。仏教では「蓮華」。

睡蓮池の前の広場に置かれたハス樽には、見頃を迎えた様々なハスが。
こちら、2日目のハス、明美紅。
e0245404_17195072.jpg
きれいでしょう?

こちらは月彩。
e0245404_1756332.jpg
キバナハスは北米系。アジア系は紅です。掛け合わせて色々なハスが生まれています。

大賀ハス(栄養系)。
e0245404_1720814.jpg
大賀ハスには「栄養系」と「種子系」があるそうです。
栄養系は蓮根を分けて育て、咲かせているとのこと。つまりクローン。種子系は文字通り種をとって、種から花を咲かせているとのこと。親と子じゃ全く同じってことないですもの。大賀博士の古代ハスを大事にしたければクローン、「栄養系」ですね!

その次、アガパンサスです。ハス畑の向こうに沢山植栽されています。
e0245404_17203195.jpg
e0245404_17221756.jpg
アガパンサスは病虫害にも強い植物なんだそうです。植えっぱなしでOKという。この時期、涼しげな色で素敵。見栄えがします。

柏葉アジサイの八重。
e0245404_17223691.jpg
柏葉アジサイは時間が経つと、このように秋色に染まってくるのが特徴だそうです。
こちらは、一重の方。
e0245404_17225657.jpg
ほんとに赤く染まって、可愛い感じになってます。

次にギボウシを紹介していただきました。
e0245404_1723962.jpg
花よりも葉を楽しむ植物。葉の種類も色々ありました。

キキョウ。紫と白とピンクを見ました。
これ、ピンクなんですよ。
e0245404_17235947.jpg
白と違います。
e0245404_17241689.jpg
違うの、わかりますか??
キキョウは秋の七草ですけど、6月頃から花期に入ります。中国では古代から、この根を鎮咳、去痰、鎮痛等に利用しているそうです。

ノカンゾウ(野萱草)。
e0245404_17243385.jpg
名称の由来は、細長い葉の形が萱(カヤ)に似ていることから。花は一重。ヤブカンゾウだと八重ですよね。

ナスタチューム。
e0245404_17245092.jpg
イギリスで改良されて、日本には江戸末期に渡来したそうです。葉はハスに似ています。それで金蓮花(キンレンカ)とも呼ばれるのだとか。花や葉は食用になります。サラダ用に?売られてますよね。

ブッドレア。
e0245404_17272211.jpg
ハギのように、花が終わると、短く切り詰めるんですって。この花の香り、試してみましたが、意外と素敵な香りでびっくり。香りが蝶を呼ぶそうです。バタフライ・ブッシュという英語名がついています。

ご存知、半夏生。
e0245404_17274353.jpg
もうきれいにお化粧してますね。
e0245404_1728252.jpg
ドクダミ科でございます。

最後はアカンサスとネムノキでした。
アカンサスはアカンサス模様として有名。いいですよね。
e0245404_1751671.jpg
e0245404_17512421.jpg
ネムノキは、オジギソウと違って、触っても葉は閉じませんけど、夜間閉じることからネムノキの和名があるそうです。
e0245404_1729020.jpg
何と言っても、独特の花(長い針状の雄しべ)が目立ちますね。

花さんぽは1時間半ほどで終了。曇り空で凌ぎやすいかと思いましたが、暑かったこと。汗が噴き出しました~。でも、これで半年間の休園かと思うと、もう少し観ておこうと思って、バラ園へ。♪
続きます。
by b_neige | 2017-06-29 17:44 | 鎌倉歩き | Comments(2)

ふれあいウォークー六国見山から台峯展望:アジサイ2(2017.06.27)

それでは続き、午後の部です。
散在ヶ池森林公園を後に、
e0245404_20143678.jpg
北口からバス通りに出て、大船方面へ。しばらく歩いて、砂押川にかかる吉沢橋を渡ります。今泉の住宅地へと抜ける道へ。
e0245404_20154444.jpg
昔、やっぱりふれあいウォークで歩いたっけ。この道知ってる方、あまりいないと思いますぅ。
途中のアジサイ。
e0245404_20155977.jpg
住宅地をくねくね歩き、バス通りに出たら、金仙地蔵堂を右に見て、鋭角坂へ。
e0245404_20163478.jpg
鋭角坂のネーミングの由縁は登り口がまさに鋭角でして…。坂自体はフツーです。(笑)
e0245404_20165786.jpg
坂の上に咲いていたユリ。
e0245404_20171076.jpg
ここから、六国見山の登り口まで、住宅街をモクモクと歩きました。
途中のアジサイをどうぞ。
e0245404_20174470.jpg
e0245404_201757100.jpg
e0245404_2018854.jpg
さて、ここがどこがわかりますか?
e0245404_20182533.jpg
六国見山の明月谷方面への下り口に向かって歩いています。ここに何遍か下りてきたことはあったけど、ここから上ったこと、あったっけ??
出来れば、上らずに下りたい気分でしたけど、仕方ない、上りますよ~。(。・ω・。)
e0245404_201977.jpg
はぁ、はぁ、息を切らせて上りました。
やっと展望台。やれやれ。
e0245404_20185626.jpg
この日はどんより曇っていたので、眺望はこんな感じでした。
e0245404_20193225.jpg
海も霞んでます。
展望広場の方位盤。
e0245404_20194729.jpg
横浜方面はかすかにランドマークタワーが見える位でした。

まずは南口公園広場に下りて、それから住宅街を下り、北鎌倉駅へ。途中の民家の玄関先で。
e0245404_20205745.jpg
これは、ヤブカンゾウですね。

住宅街を見下ろすポイントで。
e0245404_20211837.jpg
この右手に大船観音が見えました。
山肌に咲くヤマユリ。
e0245404_20212775.jpg
ちゃんと支柱をつけてもらってますね。
こちらも。
e0245404_20214375.jpg
最後に民家の庭先で。池に咲く、コウホネ。
e0245404_2027444.jpg

今回のふれあいウォーク、少々ハードでした。途中、バスで帰宅という離脱組も。私の万歩計では12km超え。蒸し暑くて、いささか参りました~。北鎌倉駅で解散、14:00過ぎでした。

この日、気に入ったアジサイをアンコールで。
e0245404_20405206.jpg
e0245404_2252516.jpg

by b_neige | 2017-06-28 16:02 | 鎌倉歩け歩け協会 | Comments(0)

ふれあいウォークー六国見山から台峯展望:アジサイ(2017.06.27)

5月の初めに参加して、しばらくご無沙汰していた鎌倉歩け歩けのふれあいウォークへ。
「六国見山から台峯展望」の里山コース。☆3つですって。
何処歩いていくのかな?地図をもらいました。

コースは:
鎌倉駅西口→鶴岡八幡宮→鎌倉宮→ハイキングコース→六丁目公園→散在ヶ池森林公園(昼食休憩)→不動橋→地蔵前(バス停)→六国見山入口→展望台→六国見山南口公園広場→北鎌倉駅(解散)

よ、よ、よ、意外としんどいコース!!つまり、鎌倉駅スタートで鎌倉宮まで歩き、覚園寺口辺りから天園に上って、鷲峰山を越えて、六丁目公園に下りて、散財ヶ池から、再び六国見山を上り下り~。あらあら。
あまり深く考えないで、アジサイを楽しみながら歩こうって決めた次第。
(実際、アジサイはまだなかなかの見頃でした!)
ストレッチの後スタートです。

朝10時過ぎの小町通り。
e0245404_1747486.jpg
こちらは頼朝桜道(右は清泉小学校)。
e0245404_17475647.jpg
頼朝の墓経由で、鎌倉宮まで歩きます。
民家の庭先の鉢植え。コンロンカという植物です。
e0245404_1748156.jpg
植物にお詳しい方が歩かれていて、中国の、仙人が住むという伝説の山・崑崙山(こんろんざん)に降り積もる雪に見立てられた植物と教えて下さいました。
e0245404_17483297.jpg
白い花びらのように見えるのは萼(ガク)が変化したもの。それに小さな黄色い花、特徴がありますね。栽培が難しいそうです。沢山花をつけていて素敵でした。

途中のアジサイ。
e0245404_17498100.jpg
鎌倉宮でトイレ休憩後、ハイキングコースに向かいました。覚園寺口からだと昨日の雨で足場が悪いそうで、前回参加した時歩いた西ヶ谷の住宅街を、再びだらだらとひたすら上りました。今日は湿度が高くて汗びっしょり~。(>_<)
そうそう、この角のお宅のお庭にカラタチがあって(〇印)、
e0245404_17521698.jpg
青い実がついてました。(画像じゃ、今一つわかりにくいですが、棘がすごいんです)
e0245404_17523171.jpg
六丁目公園からは、住宅街を抜けて散財ヶ池森林公園へ。
最後、バス道に出ましたが沿道のアジサイが見事でしたよ。
e0245404_17524879.jpg
e0245404_1753163.jpg
e0245404_17531288.jpg
e0245404_17533331.jpg
ねっ、美しいでしょう?
崖の上にはヤマユリの蕾も沢山見られて、
e0245404_17534711.jpg
e0245404_17535790.jpg
あと1週間でしょうか、ヤマユリの自生、鎌倉にはほんとに自然が残ってます。

散在ヶ池森林公園では、せせらぎの小径を歩きました。びっくりすることに、途中で黄色のツリフネソウの群生を発見。(カメラ、写せず~)あとね、半夏生の群生も。
e0245404_17541339.jpg
ちょっと遠かったから、あまりよく写ってなくて…。<(_ _)>
(団体で歩いている時は、なかなか難しいです)
は~い、鎌倉湖到着!昼食休憩~。
e0245404_17543662.jpg
雨はかろうじて大丈夫。(^^)
続きます
by b_neige | 2017-06-27 17:58 | 鎌倉歩け歩け協会 | Comments(2)

おやつとアジサイ(2017.06.26)

今日は実家、母のところへ。
2週間に1度は行っていたのですが、なんだか淋しそうだし、10日に1度にしようかなぁって思って。

こんなおやつが待ってました!
e0245404_181047.jpg
羽根つき鯛焼き、初めてかも~。(^^)

おまけ:実家のご近所さんのお庭です。
e0245404_1811632.jpg
アジサイ、見事でした。
実家のガクアジサイは今年、どうも花付きがよくなく...。剪定の時期がよくなかった??
by b_neige | 2017-06-26 18:05 | その他 | Comments(0)

6月下旬のレンバイで(2017.06.24)

6月最後の週末、横須賀線車内から見た明月院拝観の列は、8:50過ぎで、線路沿いのお団子屋さんのあたりまで延びていました。明月院の拝観は8:30からですけど、もうこんなに並ぶんですね。残念ながら、今年は時間に追われて、なかなか行けず…。

9時頃、鎌倉駅下車。用事で、どこへも寄れません。そうそう、レンバイは途中の道沿いにあるので、覗いてみました。
e0245404_2216321.jpg
9時過ぎで、もう結構な人出。

この日目立ったのは、インゲン豆です。
e0245404_19231472.jpg
紫いんげん、黄色いんげん、3種類ありましたよ!

ハーブのローズマリーに、珍しいオカヒジキ、縮緬キャベツも。
e0245404_19251955.jpg
あとは、ズッキーニの山。
e0245404_19242790.jpg
トマトも沢山出てました。梅雨時ですけど、夏が近いこと、思わせますね。

今日のところは、これにて。<(_ _)>
by b_neige | 2017-06-24 19:36 | 鎌倉歩き | Comments(2)

6月も残り10日あまり(2017.06.22)

源氏山公園で昼食休憩の時、近くに座っていた男の子のお弁当で~す。♪♪
e0245404_2144446.jpg
(^^)! !(^^)! !(^^)!
ママが作ったのかな?パパが作ったのかな?!
それともご本人??鎌倉で校外学習。ルンルンな様子が伝わってきます。

こちらは、先週末18日(日)朝の8時半過ぎ、円覚寺総門前にて。
e0245404_2146638.jpg
なんと明月院のアジサイ目当てのお客様たち、ここまで列を作ってました。
「明月院 最後尾」というプラカード、わかりますか??わぉ~。((+_+))
by b_neige | 2017-06-22 21:50 | 鎌倉歩き | Comments(0)

やれやれ。(2017.6.20)

瑞泉寺から下りてくる途中にあるもみじやさんの甘味、「クリーム白玉ぜんざい」。
e0245404_9253688.jpg
疲れている時って、甘いの、たまりませんね。

20日(火)、6月の史跡めぐりBコース:「閑静な二階堂に紫陽花を訪ねる-瑞泉寺・鎌倉宮から隠れあじさい寺・覚園寺へ-」、最後のグループでしたけど、どうやら(毎度どうやらです)無事終了しました!
バスの本数が1時間に3本しかないこと、覚園寺での入山時間などの制約があり、時間配分を気にしながらのご案内、少々難しかったですが、幸い、お天気は上々、そしてアジサイもまさに見頃で、お客様に喜んでいただけたように思います。
今回も、お客様が時間に間に合うように頑張って歩いて下さり、やはりお客様に助けていただきました。盛況で恙なく終了、何よりでした。
そうそう、ブログのファンのお客様、いらして下さったんです。お礼、申し上げます。とても嬉しかったこと、お伝えしておきますね。

さて、次回ですが、7月は出番が回らず、お休みします。一息いれられます。(^^ゞ
8月はAコース(半日コース):「田谷の密教地底伽藍を訪ねる-岡本・玉縄・長尾台・田谷を歩く-」24日(木)に出走予定、リフレッシュしてがんばります。♪♪
by b_neige | 2017-06-21 09:35 | ガイドの仕事 | Comments(0)

尾藤ヶ谷?の烏森稲荷神社(2017.06.19)

19日(月)午前中、〇〇先生の会に初めて参加してみました。
そこで教えていただいたのが、北鎌倉の烏森稲荷社。これまで、全く知りませんでした。びっくり!!
場所は、踏切を渡って、鎌倉に向かって右側、道沿いに晴明石があるでしょう?そのすぐ先を右奥へ。細い小径があって、奥に見えています。
こんな具合。
e0245404_21583071.jpg
ちょっと小高い場所にあります。
せっかくなので上ってお参りしました。左側には庚申塔が2基並んでいます。
e0245404_21591255.jpg
文化9年(1812)の銘のあるものと天保2年(1831)の銘のもの(右)。

ちゃんとお世話をされている方がいらっしゃるようです。〇〇先生がおっしゃるには、霊感のするどい方には、ここのお稲荷様が怒ってらっしゃることがわかるそうです。
つまり、この細い小径の出入り口が生ゴミ収集場所になっているそうで。神様って、清浄な場所がお好みよね。だから怒ってらっしゃると。(紫の煙が2本立ち上っているんですって)

そして、こちらは、その先の建長寺の第六天社の掲示板に貼られていたものなんですが、なんだと思われますか?
e0245404_2201146.jpg
第6天社で盗難にあった佛さまたちですって。こんなに!?

どの寺社にも入山することなく、2時間ばかりそぞろ歩き。鶴岡八幡宮脇の道元の碑のところで一時解散となりました。
肩の凝らない会で、初めての参加でしたけど、居心地はすこぶるよかったです。
by b_neige | 2017-06-19 22:05 | 〇〇先生の会 | Comments(0)