無量寺の庫裡?裏の庭園跡(2018.01.15)

無量寺があった無量寺ヶ谷ですが、ノーマン・フォスター設計による赤尾さんの別荘が建設される折、埋蔵文化財包蔵地ということで、届け出が出され、発掘調査が行われました。

別館後ろの岩盤前辺りですが、13世紀末頃に創建されたとみられる安山岩の礎石建物の遺構が発見されています。その西側には山裾の岩盤を直接穿って造られたとみられる池の遺構も。中央付近には中ノ島も彫られていたそうです。
北側の山裾からは遣水を呼び込み、池底には相模川周辺から持込まれたと考えられる玉砂利が敷き詰められていたんですって。

こちらの画像、遣水はこんな具合にきていたのかしら??
e0245404_195729.jpg

今じゃ、池の遺構は埋め戻されて石畳が敷かれています。だけど、画像には写ってませんが、左にももう一つ、中世のやぐらが顔をのぞかせているんです。(右の3つは岩崎氏による防空壕)
つまり、やぐら、岩盤の庭&岩盤を穿った池ときたら、多分皆さんもピンときますよね。
そう、鎌倉の奥座敷、瑞泉寺の岩庭です。全く同じ要素と思われませんか?
この無量寺跡の池遺構は、その瑞泉寺より70年前のものだそうです。夢窓国師による瑞泉寺の岩庭は鎌倉に残る唯一の鎌倉時代の庭園とされ、のちの天龍寺の庭園や西方寺の庭園のルーツとされますけど、それより70年前に、既に同様の庭園が生まれていたんですね。
へぇ~と感心してしまいます。

更に驚くことは、池の畔にあった庫裡とおぼしき建物は火災にあって全焼していて、かわらけを大量に含む土で埋立てられているのだそうです。池の上も同じ土ということで、それはつまり、建物と池が同時に廃絶しているってこと。かわらけの形式から、その火災の時期は14世紀の第2四半期前半だそうです。14世紀の第2四半期前半といったら、もしかして1333年の鎌倉幕府滅亡の頃??興味は尽きません。

思うに、鎌倉時代のことって、古くてよく分かってないそうなんです。=ナンとでも?考えられますと言ったら、乱暴???

# by b_neige | 2018-01-15 16:56 | 鎌倉歩き | Comments(0)

BS朝日「百年名家 古我邸」を観て(2018.01.14)

本日12時からのBSを観ました。
冒頭、古我邸ではなく、お隣の鎌倉歴史文化交流館(旺文社の創業者・赤尾氏別荘だったところ)も紹介されていました。
e0245404_15254354.jpg
実は今週、遺跡跡を歩く個別ガイドが入ってまして、歴史文化交流館も訪れる予定なので、あれっと興味深く観た次第。

歴史文化交流館についてのレポートをブログ内検索しましたら、2つありました。
cf : 鎌倉歴史文化交流館へ(2017.11.27)
cf: 無量寺ヶ谷の(仮称)鎌倉歴史文化交流センター(2016.10.7)

そもそもこちらの場所には鎌倉時代、無量寺というお寺があったとされています。江戸時代(天保年間)作成の扇ヶ谷村絵図の中に、今小路に面して、無量寺という記載があるんです。
水戸光圀公編纂の「新編鎌倉志」では、「吾妻鏡」に無量寺にて安達義景(盛長の子、泰盛の父)の13回忌を行ったと記載があり、江戸時代には既に廃寺となっていたものの、この辺りまで、往時は甘縄の内であったのであればこの無量寺であろうと言っています。
覚園寺に伝わる「覚園寺文書」にも、正確な場所や創建・廃絶年は不明だけれども安達氏と関係が深い寺院、とあります。

結局、今の甘縄神明社付近にあったという安達邸は、鎌倉時代、今小路辺りまでその敷地が広がっていて、この無量寺がその近隣にあった(この辺りまで甘縄)と考えてよさそう。

その後、この無量寺があった谷戸=無量寺ヶ谷には、江戸時代、相州伝正宗の血を引く刀工・綱廣の屋敷があったそうです。→綱廣ヶ谷とも(高台に刀工の屋敷には欠かせない合槌稲荷が祀られていました)

更に大正時代、その場所を取得したのが、三菱財閥関係第4代当主岩崎小弥太。病弱だった母のために療養所を兼ねた別荘を建てたそうです。谷戸のほぼ全域にわたる広大なものだったとか。
また岩崎氏は、敷地内にあった合槌稲荷を再興して、参道・鳥居・石狐・祠を整備しています。

そして、最後に旺文社創業者の赤尾氏の所有に移るですが、氏が亡くなった後は、ご親族がノーマン・フォスターというイギリスの著名な建築家の設計で別荘をお建てになりました(2004)。
この時、老朽化していた合槌稲荷社は再び再建されたと聞きます。
当初、赤尾氏の美術コレクションを収蔵するミュージアムの建設も考えられたようですが、結局それは都内に建設されることになり、2013年、鎌倉のこの別荘も、鎌倉市に譲られたと言うわけです。
(合槌稲荷社は、現在は葛原岡神社境内に移されています。お社の左手前)

合槌稲荷社が元、祀られていた場所は今は見晴らし台になっていて、TV番組の冒頭のシーンはそこからの景色でした。
e0245404_15313440.jpg
それじゃ、次のレポートで、無量寺時代のこの谷戸について、まとめてみたいと思います。
# by b_neige | 2018-01-14 15:37 | 鎌倉歩き | Comments(0)

この日の鎌倉土産(2018.01.11)

この日の鎌倉みやげは、
和茶房 鎌倉 さくらの夢見屋 小町通り店のイチゴ大福とずんだ餡の串団子。♪♪
e0245404_1745218.jpg
個人的にずんだ餡、大好物なもんで。(^^ゞ

小町通りのこのお店のお団子、人気ありますよね。四色団子という変わり種もあるし、ほんとに選ぶのが困るほどメニュー豊富。食べ歩きしている若い方々も多いです。

鎌倉には行ってますよ。ただ、何やかやで写真は撮れず。。。
一年で一番寒い時期になります。どうぞくれぐれもご自愛下さい。
# by b_neige | 2018-01-12 17:21 | 鎌倉歩き | Comments(0)

鶴岡八幡宮に初詣(2018.01.06)

さて、タリーズを出て、八幡さまに初詣。
1月6日、3連休の初日土曜日、お天気も申し分ありません。
だからでしょうね、結構な人出。三の鳥居前は混み合ってました。

赤橋の手前に一対のステンレスの燈籠があります。今日はそのご紹介をしますね。
画像は向かって左の方。
e0245404_15234543.jpg
左右共に、寄贈者は河合鋼商店=現(株)カワイスチール(株)カワイスチールホールディングの河合佐兵衛氏。制作者は徳増久五郎氏。(昭和15年6月6日奉納)
向かって右側がイギリス製でハンダ付けのステンレス、左側はアメリカ製でリベット(9200本)を用いたステンレスだそうです。

ステンレスは錆びにくいんですよね。きれいではありますが、鎌倉は海街。塩害があります。また、鳩の糞害も?
江戸時代の砂糖屋さんの石燈籠とどちらが長持ちするでしょうか??

参道で。
e0245404_15242087.jpg
舞殿前で1、2回ロープ規制がありましたが、そんなに待たされることもなく、大階段へ。
e0245404_15245173.jpg
今年もよい年になりますようにと、無事お参りを済ませました。

笛の合図で次のグループが上がって来ます。
e0245404_1525660.jpg
鎌倉一の観光?スポット、不動のトップは鶴岡八幡宮です。
# by b_neige | 2018-01-08 07:22 | 鎌倉歩き | Comments(0)

鎌倉タリーズ鶴岡八幡宮前店=時房タリーズ(2018.01.06)

それでは、「時房タリーズ」と称される?鎌倉タリーズ鶴岡八幡宮前店のご紹介です。
e0245404_146973.jpg
ごめんなさい、先月オープンかと思ったのですが、なんと10月5日ですって。(^^ゞ

前のレポートでご紹介した「北条時房・顕時邸跡」ですけど、その場所を初めて知ったのが、実は、11月初旬の鎌倉ガイド協会の11月のCコースで。
勉強になるかと思って、後ろに付かせていただいたのですが、その時、既にタリーズは出来ていたんですね。
だって、店内に、この辺りから出土した遺物など展示されているんです。あの時、話題に上ってもよかったんじゃないかしらと。。。
段葛を挟んで、ちょうど真向かいにあるM’s Ark Kamakuraビルに原位置再生保存されている北条氏邸跡のご紹介にまぎれてしまったのか、このタリーズのご説明はなく...。
まっ、お店の宣伝になってもいけませんけどね。(^^ゞ

入口から店内をどうぞ。
e0245404_147670.jpg
間口は狭いんですけど、奥行きがある店内になります。
e0245404_1472468.jpg
そして、ほら、こんな具合に遺物がそうですね、約20点ほど展示されています。中には永福寺跡から出土した「永」という文字が認められる瓦も。(かわらけや青磁・白磁等焼物の破片、箸など)
e0245404_1475096.jpg
若宮大路の側溝護岸土台材や井戸枠材(横桟)もありましたよ。
e0245404_1481287.jpg
e0245404_148369.jpg
柱の根元部分。
e0245404_149092.jpg

また、窓の外になりますが、鎌倉時代後半13世紀末頃から14世紀初頭に使われていたとみられる井戸跡も。(こちらは外からも見学可能)
e0245404_1492172.jpg
和の雰囲気漂う、このタリーズ店内、なかなか落ち着いた感じでゆっくり出来ます。時々、来ようかしらなんて思っちゃいました。(^^)
# by b_neige | 2018-01-07 17:04 | 鎌倉歩き | Comments(0)