私の仕事(2012.01.13)

13日(金)、久しぶりのフランス語レッスン。
ブログのタイトルが、「フランス語と、うんぬん~」なのに、このところ、フランス語とはご無沙汰...。
昨年の1000年に一度といわれる大震災の影響、多々です。
あの未曾有の大津波・・・。数多くの貴いもの(人命・生活)が一瞬で失われ、経済活動は甚大な被害を被りました。
私がお世話になっている日本語学校にでさえ、その余波が押し寄せて・・・。
あの震災以来、生徒さんは激減。戻ってくれたフランス人達もいますが、ビジネスマンにとって東京(日本)じゃなくても、ソウルでも、北京でも、香港、上海、シンガポールでも別に全~然構わないんですよね。
実際、韓国の仁川空港とか、ハブ空港として成田を軽~く追い抜いてるそうだし。
う~ん。(>_<)

フランスでの日本語熱はアニメを通して、結構あるのですが、若い方が多いんです。
(皆さん、日本語習得にあまりお金をかけて下さらないようで・・・)
それと、ひと昔前と比べて全く違うのは、中国語熱です。今は日本語じゃなくて中国語なんですね。淋しい話ですが、仕方ありません・・・。

つまるところ、そういうわけで、昨年来、私、手持ち無沙汰で。。。
そこへきて、ヨーロッパの金融不安。
今後、生徒さん達、減ることはあっても増えることはまずない見通しです。
ため息。
でも、フランス語レッスンは続けてますよ。
あと何年かしたら、台頭してくるのはフランス語圏のアフリカ諸国だから?ノー!
発想の違いというか、フランス人たちのものの考え方に興味があるの。
今日のC先生のレッスン、楽しかったですよ。ぶっ通し2時間。頭変になりそうだったけどね。

e0245404_17231793.jpg

帰り、東京駅OAZOのパパミラノでランチ。
デザートのタルト。
スノーマン(フランス語でbonhomme de neige ボノムドゥネイジュ)。
真冬ですねぇ。おお寒。お元気で。
# by b_neige | 2012-01-14 08:57 | フランス語、IBS関連 | Comments(4)

「ビブリア古書堂の事件手帖」第2巻(2012.01.12)

e0245404_0422193.jpg
「ビブリア古書堂の事件手帖2~栞子さんと謎めく日常~」 完読。
2巻第一話に出てくる鎌倉駅近くの若宮大路に本店がある「島野書店」。実は、「島○書店」ですよね。(笑)
第1巻はそこで買いました!
飲み物片手に、小説の中の鎌倉の地名や店名にワクワクしながら、バーチャルな世界に浸った幸せ~な一日でした。
第3巻はいつ出るのかしら。続き、お待ちしてますよ~。
# by b_neige | 2012-01-13 08:52 | その他 | Comments(0)

「ビブリア古書堂の事件手帖」(2011.01.11)

e0245404_041731.jpg
「ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~」
2011年文庫best1だそうです。
私、初めて読みました。
北鎌倉の駅に近い線路脇にある古書店を舞台にした連作ミステリー。
古本屋の店主、篠川栞子(しおりこ)が、そこで働く語り手、五浦大輔と古書にまつわる謎を解いていく物話。
作中で扱っている古書の知識は半端じゃありません。(私は古書には無知なので驚かされました。その意味ですごく新鮮。)
構成としては、一冊の古書をめぐるエピソードの一話完結スタイルになっています。第1巻は4話。でも、一つのエピソードが後のエピソードにからんで展開していくことで一つの作品として連続性もあるし、よく出来ていると思います。おもしろいです。
2日で読み切りました。今日、2巻目を買うつもり♪
# by b_neige | 2012-01-12 10:18 | その他 | Comments(2)

小町 宝戒寺へ(2012.01.10 part2)

大賑わいの本覚寺を後にして、鶴岡八幡宮近くの宝戒寺へ。
参道の素心蝋梅が八分咲きとか。
境内の梅の様子も気になります。

宝戒寺は平安時代からの宗派、天台宗のお寺です。
鎌倉には天台宗のお寺は二つだけ。珍しいんですよ。ここと杉本寺だけ。
(一番数が多いのは、やっぱり鎌倉新仏教である臨済宗のお寺かな。円覚寺とか建長寺とか)
山号は金龍山。参道から一枚。
e0245404_2122194.jpg
お正月なので、提灯が並んでいます。今年は辰年。「金龍」はカッコよすぎですね。
開山は円観慧鎮(えんかんえちん)慈威。
後醍醐天皇が北条一族の霊を弔うため足利尊氏に命じて北条氏の屋敷跡に建立させたお寺です。
参道の素心蝋梅。
e0245404_2175789.jpg
花全体が黄色で中央部の色の変化のないものをソシンロウバイと呼ぶそうです。ほんと八部咲きです。
(小さい花です。すぐ傍まで行けないので、私のカメラじゃ倍率が足りなくて・・・。これで精一杯。)

まずはご本堂に入ってお参り。
e0245404_21105100.jpg
北条の「三つ鱗の紋」と後醍醐天皇がらみでしょうか、「十六弁の菊花紋章」が目を引きます。
ご本尊は子育経読地蔵大菩薩さま。やさしい穏やかなお顔立ちの仏さま。
また、ここには鎌倉江の島七福神のお一人、毘沙門天さまがお祀りされています。

お参りの後、境内の散策。いろいろな種類の椿がきれいです。小ぶりの淡いピンクの椿。侘助ですよね。
e0245404_2134238.jpg

e0245404_219578.jpg
e0245404_2128687.jpg
e0245404_2191955.jpg
e0245404_2192936.jpg
あとは水仙。
e0245404_2232546.jpg
珍しい八重の水仙。
e0245404_21111960.jpg
ペーパーホワイトでしたっけ?
e0245404_21114924.jpg
清楚ですね。
境内の梅ですが、参道の素心蝋梅の他は、まだ先のようでした。あと、2週間くらいかしら。
またその頃来ようっと!

*小泉淳作画伯の訃報に心から哀悼の意を表します。
葬儀は18日午前11時から北鎌倉、建長寺ということです。
# by b_neige | 2012-01-11 17:14 | 鎌倉歩き | Comments(4)

本覚寺 本えびすへ(2012.01.10)

1月10日、本覚寺の「本えびす」に行って来ました。
11時に夷堂で祈祷が行われた後、正午から福娘さん達によって「福餅」がつかれ、参拝者に振る舞われるんです。
私が着いたのは11時半頃だったかしら。(わぁ、ちょっと遅刻) 裏門から入ります。
お正月、1日から3日までが初えびす、今日が本えびす。
e0245404_16223445.jpg
「福餅」の行列が裏門を入った辺りまで延びていて、びっくり!
並んでいては写真が撮れません。並ぶのをあきらめてまずはお参り。お参りするのも今日は行列です。
e0245404_16234613.jpg
福笹を買い求める方に「商売繁盛、家内安全、お祈り申し上げま~す。」の掛け声が賑やかに響きます。
e0245404_1624522.jpg
福笹には宝船や、打ち出の小槌、大福帳などの縁起物が沢山飾られています。
e0245404_1644421.jpg
「商売繁盛、家内安全、身体健全、交通安全、お祈り申し上げま~す。」の声が。そんなに沢山お願い?まぁ。(笑)
夷堂前に移動しました。横から上ってえびす様にもお参り。お線香の煙がすごい。
えびす様は鎌倉江ノ島七福神のお一人です。
e0245404_16263037.jpg
さぁ、福餅つきの始まりです。
e0245404_16265332.jpg
福娘さん達は3人ずつ3交代制。はじめに男の方が何人かでつきあげた後、福娘さん達が登場。カメラマンの数たるやすごいでしょう?
e0245404_1744960.jpg
福娘さん達が最後の3番手くらいになって、やっと近くまで行くことが出来ました。
e0245404_1638192.jpg
可愛らしいですね。
この福餅、ほんとに大人気。500人分(訂正しました。1/13)の用意があるんですって。
(私は、並ぶのあきらめ...。美味しそうでしたよ。)
今日は境内は大賑わいです。
e0245404_1645132.jpg
鐘楼もお正月用におめかし。
e0245404_1648452.jpg
福餅は残念でしたが、境内でお土産に葉山、日影茶屋のえびす大福(1個160円)を買いました。
(5個入りだと1.000円。)
e0245404_1731587.jpg
えびす様の刻印つき。この日だけ販売されるんです。

えびす様、老若男女がこぞってお参りしていますよ。
2012年、どうぞよろしくお願いいたしますね。
# by b_neige | 2012-01-10 19:57 | 鎌倉歩き | Comments(2)