日本海底通信の史跡の碑(2017.11.04)

鎌倉に出ましたが、この日も自由な時間はなし。
行く途中にあるこの碑の写真だけ撮りました。
e0245404_2132670.jpg
今はもう存在しない保養施設ですが、ひと昔前、「ゆかり荘」というNTT鎌倉職員クラブがありました。その「ゆかり荘」の前身は、旧電電公社・関東電気通信局鎌倉電信中継所。
上の石碑は、そこに残された「日米海底通信の史跡」の碑になります。場所はNTT東日本鎌倉支店跡地。
e0245404_21325110.jpg
1906年(明治39年)、日露戦争が終わって、ポーツマス条約が結ばれた翌年ですが、米国は既に、サンフランシスコ-ホノルル-ミッドウェー-グアム-マニラ-上海間の太平洋横断海底通信線を布設していました。だから、日本とグアムを結ぶ通信線ができれば、日本-米国間の通信も可能になるということで、グアム線の工事は日本-父島間が日本、父島-グアム間が米国の分担で行われました。日本-父島間は、深海でもあり、潮の流れも速くて難工事だったとか。
e0245404_213325100.jpg
開通当初の1906年から25年間は、日本側の中継所はまずは川崎、その後東京・越中島へ。
水位差が大きく、通信線の切断事故が相次いだことから、最終的に、鎌倉・材木座の滑川右岸に移されました。このような経緯から、厳密には鎌倉が日本の海底通信発祥の地ではないのですが、今もこの記念碑は残されています。

布設方法は、英国グラスゴー・ロブニッツ社に発注した「沖縄丸」を使用。
建造費 63万円 総トン数 2221.32t
電線は英国製のものを使用。1648海里、158万3639円
1海里は1852m 1648海里は3.052.096m
すごい距離、そして、今だとどれ位の費用なんでしょう。20円が25万だとして2000億??
びっくりする金額です。
1906年(明治39年)7月15日最終試験、8月1日から公衆通信開始。

海底通信はその後、無線通信になり、鎌倉電信中継所も戦後の1953年(昭和28年)4月に廃止になりました。
今でも、海外通信って音がつながるまでちょっとした間がありますよね。海底通信だとどんな風だったのかしら。
今やインターネットの時代。歴史の積み上げがあればこそですよね。

おまけです。
通りすがりのレンバイにて。
e0245404_21382127.jpg
色んな大根。
e0245404_2138397.jpg
冬が近づいています。
自宅にて充電中が続くこの頃ですぅ。。。
# by b_neige | 2017-11-04 21:44 | 鎌倉歩き | Comments(0)

プリンター新調(2017.10.31)

10月の史跡めぐりガイドが終了してやれやれなんですけど、今週予定の中学生ガイドの準備に追われています。課題が用意されていて、それが半端なく…。(汗)
今日は、ほんとは鎌倉歩けのウォーキングに参加しようと思ってたんですけど、そんなわけで自宅待機~。

それとね、しばらく前からどうもプリンターの調子が悪く...。酷使していると言ったらその通りなんですけど、きれいに印刷出来ないんです。筋が入るし、ずれるし。ノズルチェックパターンも印刷しましたよ。プリントヘッドもクリーニングしました。強力クリーニングだって。プリントヘッド位置の調整とやらもやってみました。
あらゆることやってみて、結局、それでもだめな場合は「修理へ」に行き着いて…。(>_<)
修理には大体1ヶ月かかるんだそうです。(泣)
だから仕方なく、そんなにきれいじゃない印刷に目をつむってそのまま使ってたんですけど、そろそろ限界。
で、本日買替えました~。Canon Pixus TS8130
e0245404_15115569.jpg
そりゃあ、冷蔵庫とかと比べると、それほどお高いってわけじゃないですよ。でもねぇ、予期せぬ出費でございました。(+_+)

只今、おニューになったプリンターとその印刷結果に、おぉ~っと感動しているところです。
これから年賀状の季節だし、よかったかなと。
# by b_neige | 2017-10-31 16:27 | その他 | Comments(2)

雨の週末(2017.10.29)

また雨です。というか台風接近中。ということで、家に居たかったのですが、所用にて鎌倉に行かざるをえず。。。
でも、いいことありましたよ。大巧寺に寄ってみたところ、ずっと工事中で青いビニールシートに覆われていたご本堂がいつのまにか美しくリニューアルされていたんです。
e0245404_16425823.jpg
お寺の方がいらしたので、伺ってみたところ、先週金曜にブルーシートが取れたとのこと。
わぁ、まだ2日目。雨に濡れていますけど、きれいになってお目見えですよ。
e0245404_16431862.jpg
お寺の方に、屋根の色が変わりましたねと申し上げると、前の屋根も最初はこんな感じだったとのこと。そうでしたっけ??(^^ゞ
銅板葺きって年数の経過に伴って、やっぱり変色してくるんですね。
棟の巴の紋が光っています。
早速、お堂の前の糸ススキを入れて、撮ってみました。
e0245404_16442097.jpg
雨が邪魔してますぅ~。
それに糸ススキも雨に打たれてへたれてますぅ~。
今年の10月の空模様はほんとに残念。穏やかな秋日和が続く頃なのに...。

境内で見つけた、色づき始めた万両の実です。
e0245404_16252178.jpg
早過ぎません??

ホトトギスは花期が長いです。
e0245404_16254065.jpg
お隣のビルディングの壁。ツタが絡んで、いい秋色。
e0245404_1625584.jpg
鎌倉の紅葉は例年だと、11月末からだけれど、今年はどうなのかしら。もしかして早いかもしれませんね。
コムラサキの実もすっかり濃い色に変わっていました。

さて、レンバイには、こんなお野菜、置かれてました。
e0245404_16263668.jpg
e0245404_16264513.jpg
e0245404_16265761.jpg
おまけ:
e0245404_16273856.jpg
ハッピーハロウィン!
# by b_neige | 2017-10-29 17:01 | 鎌倉歩き | Comments(0)

鎌倉国宝館 没後650年記念特別展 「鎌倉公方足利基氏-新たなる東国の王とゆかりの寺社ー」(2017.10.24)

鎌倉国宝館で開催されている足利基氏没後650年記念特別展「鎌倉公方足利基氏-新たなる東国の王とゆかりの寺社-」を観てきました。(10/21~12/3)
e0245404_15345258.jpg
鎌倉幕府滅亡後、鎌倉には鎌倉府が置かれました。その長は「鎌倉公方」と呼ばれて、室町幕府将軍と同じ足利氏によって世襲されたんです。
足利氏関連の資料(墨で書かれたもの)が多数、出品されていました。
書状等の筆跡から人となりが想像できて、楽しい時間を過せました。以下、印象深かったものを記します。(備忘録ですぅ)

まずは、「足利尊氏(1305-58)坐像」 江戸時代(17世紀) 瑞泉寺蔵(ネットから)
e0245404_15252160.jpg
尊氏は足利貞氏の次男。貞和5年(1349)基氏を鎌倉に派遣し支配させました。
長寿寺の像を写して造られたそうです。(像内の銘札から)

「足利尊氏願文(がんもん)」 南北朝時代 建武3年(1336) 常盤山文庫蔵
神仏に願を立てるときに作成したもので、自筆。清水寺に捧げたもの。
出家遁世の願いが記され、今生の果報に代えて後生の救済を願ったものだとか。兄弟の親密さがみてとれるそうです。

「上杉重房坐像」 鎌倉時代(13世紀)明月院蔵(ネットから)
e0245404_15254121.jpg
上杉重房は第6代親王将軍・宗尊親王に随行して、京都から鎌倉へ。孫の清子は尊氏・直義の生母にあたります。

「足利直義書状」(国宝)貞和5年(1349)米沢市上杉博物館蔵
冒頭の文字、「若御前」は基氏のことだろうとのこと。基氏は兄・義詮にかわって鎌倉下向しました。

「足利基氏御判御教書」(国宝)南北朝時代 鎌倉国宝館蔵
六浦庄は、足利氏の支配下でしたが、基氏が上杉能憲に以前のように六浦本郷の支配を認めたものになります。

「夢窓疎石坐像」 南北朝時代 14世紀 瑞泉寺蔵(ネットから)
e0245404_15272154.jpg
現存する夢窓疎石像の中で、特にすぐれているそうです。お顔が若々しく、左右非対称の衣
が特徴。

「足利直義円覚寺規式条書」南北朝時代 暦応3年(1340) 円覚寺蔵
円覚寺の規則。幕府を主導する存在であった直義の謹厳実直な人柄の一面が伺えるそうです。

「足利義詮御判御教書」南北朝時代 貞治6年(1367) 円覚寺黄梅院蔵
筆跡が華やかでした!

「尊氏自筆とされる地蔵菩薩像」掛け軸 南北朝時代 貞和5年(1349) 浄明寺蔵(パンフのスキャン)
e0245404_15263373.jpg
尊氏作同種のものがいくつかあるそうですが、唯一彩色されています。絹ではなく紙に書かれていて、花押が左下方に記されています。尊氏と自署。

「夢窓疎石書状」南北朝時代 建武5年(1338) 瑞泉寺蔵
サラサラとしたためられた美しい筆跡に感動しました。

「足利尊氏公家譜」江戸時代(18~19世紀)瑞泉寺
清和天皇にはじまり源義家・尊氏をへて、足利氏末裔の喜連川氏尊信に至ります。鎌倉公方、古河公方の花押が確認できます。

「矢拾い地蔵」=直義の守り本尊 鎌倉時代(13世紀) 浄光明寺蔵(パンフのスキャン)
e0245404_1526122.jpg
納衣、袈裟の彩色、切金文様は制作当初のもの。こちらの仏さまは浄光明寺で拝観の折にも、遠くから拝見するだけだったので、嬉しかったです。

「空華集 第一、二巻」 義堂周信(漢詩文集20巻10冊)江戸時代(18~19世紀)瑞泉寺蔵 
足利基氏は義堂周信を京都から招いて篤く帰依したそうです。

墨書が多かったので、まるで円覚寺や建長寺の宝物風入れのようでした。
個人的には足利直義の筆跡がよかったかな。尊氏の地蔵菩薩像(掛け軸)も面白かったし。
行ってよかったですよ。室町時代に入ってからの足利氏の鎌倉がありました。
入館料はいつもよりお高く600円。でも、その価値あると思います。◎
# by b_neige | 2017-10-28 17:11 | 展覧会など | Comments(0)

10月のガイド、終了です♪♪(2017.10.27)

e0245404_21563738.jpg
27日(金)、10月のAコース「大町大路から材木座へ鎌倉七座を探す-延命寺・妙長寺・実相寺特別拝観-」のガイド本番でした。
10月に入ってから、来る日も来る日も雨で残念な空模様でしたが、昨日、そして、昨日よりも本日、朝から文句のつけようがない素晴らしい晴天。それにつられるように、お客様もいらして下さり、今日の当日受付は通常よりはるかに多く、参加人数が申込人数を楽々越える盛況ぶりでした。

私は4番ガイド。お客様の中に、なんと91歳のおじいちゃまがいらっしゃり、午後からは材木座光明寺裏山の上りがあったので、とても心配だったのですが、がんばって上って下さり、最後まで完歩されたんですよ。1万歩あったと思います。ほんとにお達者なおじいちゃまでした。それも船橋からご参加下さったということで、びっくりしました。楽しみにご参加下さり、喜んで下さって、こちらこそ、喜んでいただけて嬉しかったです。
(どうぞお元気で。ガイドならいつでもします。また、いつかお会い出来る日を心待ちにしています。)

今日も参加者の皆さん、とても優しい方々ばかりで助けられました。毎回ですぅ!?(^^ゞ
それから、ブログのファンの方、ご参加心よりお礼申し上げます。お客様まで連れてきて下さり、ほんとに恐縮でございますぅ。楽しかったですよ。ありがとうございました。お友達にも、どうぞよろしくお伝え下さい。

秋日和の一日、反省もありますが、無事終了出来たこと、安堵しています。
今回は資料が多く、勉強がいささか大変でしたが、明日から11月モードに切り替えます。
11月はBコース「紅葉の円覚寺・明月院・長寿寺を訪ねるー公方足利氏・管領上杉氏の鎌倉を歩くー」半日コース担当です。私は18日出走予定。
それぞれのお寺で秋を味わいながら、足利氏の鎌倉を偲んでみようという企画。お時間がありましたら、ご参加、心よりお待ちしています。

画像は材木座バス停近くのカフェ「ミルコーヒー&スタンド」で。
昔、とっても個性的なベーカリー「窯」が在った場所。ここのキャロットケーキ、好みなんです。♪

# by b_neige | 2017-10-27 22:08 | ガイドの仕事 | Comments(2)


フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)

画像一覧

カテゴリ

全体
フランス語、IBS関連
鎌倉日仏協会関連
鎌倉歩き
鎌倉ガイド協会史跡めぐり
鎌倉歩け歩け協会
鎌倉ドラマ
他ウォーキング協会
横浜歩き
横須賀歩き
京都のお寺
奈良のお寺
旅行
展覧会など
映画
sakamoto人形
グルメ
ティータイム
レシピ いろいろ
ブログ
ガイドの仕事
〇〇先生の会
緑の会
その他

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

う~ん、残念!行きたかっ..
by 花音 at 23:17
大分秋が進んできましたね..
by b_neige at 16:39
食べてみました! 殻が..
by b_neige at 23:38
今までドングリで一括して..
by ぽっきゅる at 22:34
前のプリンターよりどっし..
by b_neige at 23:13
ご訪問ありがとうございま..
by b_neige at 16:06
ぽっきゅるさん、こんばん..
by b_neige at 20:01
うーん、食べてみたいのは..
by ぽっきゅる at 17:25
まぁ、ありがとうございま..
by b_neige at 22:20
特別展、行きたいと思いな..
by 花音 at 00:14

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

茶葉茶話日記

最新の記事

旧山本条太郎別荘の特別公開(..
at 2017-11-20 07:11
18日(土)、なんとかお天気..
at 2017-11-18 17:25
国立東京博物館 平成館 特別..
at 2017-11-18 07:12
明日は11月の史跡めぐり実施..
at 2017-11-17 19:56
覚園寺拝観ツアーに(2017..
at 2017-11-17 07:28
明月院通りの紅葉具合(201..
at 2017-11-16 07:19
埋蔵文化財発掘調査中ー山ノ内..
at 2017-11-15 17:44
上野・東京国立博物館「運慶展..
at 2017-11-11 21:14

記事ランキング

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

まとめブログ