よこはまウォーキング協会 例会「武相国境を歩く」(2017.09.05)

横浜ウォーキング協会の例会、「武相国境を歩く」というウォークに参加しました。
武蔵と相模の国境に興味があったのです。
集合場所は地下鉄港南中央駅から5分ほど歩いた港南ふれあい公園。朝のウォークということで、いつもより早め、7:50~8:20までの受付時間でした。
随分大勢の方々が参加されてましたよ。
出発式はこんな感じでした。
e0245404_156098.jpg
会長のご挨拶の後、コースの説明やら、次回のウォークの連絡やらあって、ストレッチを5分ほど。いよいよスタートです。(12km 健脚コース)
国境の道ということで、坂が続くことから、距離は多めにみているそうです。健脚コースねぇ。。。 ほんというと、平坦な道の方が好きです。(^^ゞ
ルート:鎌倉街道→東永谷地区センター→境木地蔵→JR東戸塚駅前解散

最初はゆるい上り。
e0245404_1563814.jpg
そのままだらだらと上り続けて、高台の南高校まで。
e0245404_1565717.jpg
この隣にある地区センターでトイレ休憩。
このまま尾根道の住宅街を縦走です。途中から見えた進行方向右、武蔵の国のベイブリッジ。
e0245404_1573340.jpg
しばらく歩くと、横浜市立下永谷小学校の校門が見えてきました。
e0245404_158386.jpg
この校門の上部にご注目下さい。左の方と右の方。
e0245404_1582179.jpg
つまり校門で国境をはさんでいるんですね。面白い!

道沿いの柿の木。
e0245404_159990.jpg
ちょっぴり色づき始めています。
そして、涼やかなアサガオ。
e0245404_1592815.jpg
ちなみにアサガオの季語は秋なんですよね。旧暦だとそうなるんでしょうか。新暦だと夏。アサガオに限っては夏でいいような気がしますぅ。

せっかく登った尾根から下って、
e0245404_15102110.jpg

また上って~。
途中に旅の道しるべでしょうか、道標がありました。
五百万遍念仏供養塔?「弘明寺道」と。
e0245404_15104140.jpg
道標の左側面に、「左 とつか道」(下りて行く道)、右側面には「右 武品相品境道」とありました。
e0245404_1511022.jpg
まさに国境の道を歩いてるってこと。

高台から見下ろす進行方向左、相模の国の東戸塚の高層マンション群。
e0245404_15112084.jpg
あそこまで歩くわけです。
この国境の道は万治3年(1660)以前から塩を運んだ塩街道とも呼ばれた古道だったとか。途中の道沿いにご鎮座されるお地蔵さま。
e0245404_15114616.jpg

昔、この国境の道沿いに勘九郎地蔵と呼ばれるお地蔵さまがいらしたそうです。現在は港南区大久保の自性院というお寺に移されているようですが、代わりに?お祀りされているのが「椿地蔵」さま。お地蔵さまは子どもの守り神ですね。
(このお地蔵さまの光背両側面には、左とつか 右くめやうし=弘明寺と刻まれています)

再びの下り~。
e0245404_15121049.jpg
そして、こども植物園入口で最後の休憩です。
e0245404_15122568.jpg
こんな場所に植物園があったとは。ちっとも知らず…。
e0245404_15124919.jpg
日を改めて、もう一度来てみようと思いました!

さて、下ってきたので、また上りです。
e0245404_1513764.jpg
しんどいけど、最後の上り。
途中の民家のお庭から垂れ下がるハギの花が見頃を迎えていました。
e0245404_15132864.jpg
境木地蔵尊を越えて、さぁ、もう東戸塚。街路樹(コブシ)の実が赤く染まってきています。
e0245404_15134527.jpg
は~い、駅東側から坂道を下りれば駅前。
e0245404_1514380.jpg
ゴール、11時半でした。
アップダウンがあったので、汗は出ましたけど、湿度が低く、時折吹き抜ける風も爽やかで、季節の移り変わりを感じました。早朝?ウォーク、心地よかったです。
武蔵と相模の国境、体得しました!
# by b_neige | 2017-09-06 18:56 | 他ウォーキング協会 | Comments(0)

高知市介良 源希義公のお墓(2017.09.05)

さて、主人が帰宅して、言うには、源希義公のお墓探しはなかなか大変だったそうです。
聞くところによれば、空港からまずは、タクシーでJA介良支社に向かったそうです。多分目印として都合がよかったのかと。
JA介良支社は介良川の手前(西側)。そこで対岸の「朝峯神社」の場所を教えてもらい、そこまでは苦労することなく、徒歩10分位で到着したそうです。
ちなみに、介良川の西側からの写真です。
e0245404_19393240.jpg
向こう側に見えている山の中に希義のお墓があるんだそうです。
さて、朝峯神社付近で、どなたかに希義公のお墓の場所を確認しようと思っていたとのことですが、誰もいなかったそうで、仕方なく、近くの民家に寄ってみたところ、おじいちゃんが出てらして、教えてもらえたのはいいのですが、主人がその通り歩いていっても、教えていただいた源希義墓、西養寺跡うんぬんという標識が見つからなかったとか。。。(>_<)
とうとう、今度は高知新聞販売所にお尋ねしてみたそうです。
どうやら、おじいちゃんが教えて下さった標識は現在はもうなくなっていたようで、主人がやっとこさ見つけたのは、こちらの標識。
e0245404_19401279.jpg
この上の赤いのが矢印になってるんです。ほら。
e0245404_19402919.jpg
さて、ここを入っていくと、正面にこんな歌碑があったそうです。
e0245404_19404891.jpg
これは、小松石に刻まれた十八代山内豊秋氏による歌碑とか。(読めなかったそうです)
歌碑の横に並ぶ案内板です。一つは小松石の由来。
e0245404_19411444.jpg
もう一つは山内氏の由来。(山内氏と言ったら、平治の乱で亡くなった山内首藤俊通の菩提を弔うため、息子経俊が建立した明月庵(=明月院の前身)が真っ先に思い浮かびますね)
e0245404_19413824.jpg
そうなんですよ。初代土佐藩主山内一豊の祖は北鎌倉・山ノ内荘の山内氏です。
ついでに付け加えますと、山内首藤経俊は石橋山の戦いの際、源氏方につかず、平家方についてなんと頼朝公に矢を放っているんです。(鎧の袖に当った)
その後、捕えられるのですが、母が頼朝の乳母であったということで(母が頼朝に直訴して)、許されています。(以後も経俊はぱっとせず…)

案内板ですけど、ほかに、清和天皇家系図というものもあったそうです。希義公のこと、分かりやすくなりますものね。
e0245404_19421393.jpg
さて、主人が撮ってきてくれた次の写真はこちらです。
山の中へと誘う小径はこんな感じだったと。
e0245404_19424383.jpg
e0245404_194252100.jpg
蜘蛛の巣がものすごかったそうです。
そして、鳥居が見えてきて、
e0245404_19439100.jpg
石段の上に希義のお墓をようやく見つけたということです。
e0245404_19435477.jpg
こちら西養寺跡無縫塔
e0245404_19441064.jpg
案内板にもある通り、西養寺は希義のために創られたんですよね。だから、そこにある無縫塔はやはり希義のお墓と考えていいのではないかしら。
e0245404_19443353.jpg
悲運の希義公、南無。

案内板がもう一つ。
e0245404_19445726.jpg
鎌倉の頼朝公のお墓の傍らにも、これと同様のことを記した案内板が立ってますよね。(少し気持ちが和みます)

それから、こちらは、無縫塔の傍らの歌碑。
e0245404_19451266.jpg
いたはしや 同じ 枝葉の末ながら 咲かで朽にし 跡のしるしは
山内豊房
介良高知市合併二十周年記念実行委員会

神社、多分源希義神社というのだと思います。
e0245404_19453681.jpg
神社の正面から見た写真はありません。主人曰く、何もなかったと。(>_<)

平成2年9月25日に源希義公八百八周年命日祭が行われたようですが、それより後はどうなのかな。案内板の朽ち果て様が寂しいですね…。
(高知は、坂本龍馬さんをお構いしないといけないしね)

それでは、主人が撮ってくれた、とても面白い案内板になります。最後にどうぞ。
e0245404_19461259.jpg
ほんとかしらね??
# by b_neige | 2017-09-05 17:36 | 旅行 | Comments(0)

源頼朝の同母弟:源希義公(2017.09.04)

主人が高知に出かける用事があり、出来ればですけど、ついでに?源希義(まれよし)公のお墓に行ってきてと頼んだ次第~。

さて、源希義公って、どなたかご存知ですか?

希義は、源氏の嫡流・源義朝の子で、鎌倉幕府を開いた頼朝の同母弟になります。
(母は由良御前。熱田大宮司の三女)
平治の乱で父義朝が平清盛に敗れた後、沼津で捕えられ、兄頼朝が伊豆に配流になった日と同日の永暦元年(1160)3月11日土佐国介良荘(=高知市介良)に流罪に。
e0245404_2093817.gif

これより20年、希義は土佐冠者と号し、そのまま介良の地にとどまるのですが、文献がないので、残念ながら足取りはつかめません。
でも、20年後の治承4年(1180)8月、頼朝が平家打倒の旗上げをし、挙兵した際、希義も頼朝に味方して挙兵する疑いがあるということで、希義を討つように、平家方から追討令が出されるんです。(当時、土佐では平家方優位の情勢でした)

平重盛の家人、蓮池家綱・平田俊遠の動向を察知した希義は、夜須(香南市夜須町)の夜須行宗(源氏方)を頼り、介良を出るのですが、行宗と合流する前に、年越山(JR後免駅北側の山麓)の辺りで両人によって討ち取られてしまいます。一族を率いて希義の救出に向かっていた行宗は、野々宮(香南市野市町)で希義敗死の知らせを聞いて、急遽夜須へ引返し、仏ヶ崎(手結)から船で紀伊へと渡ったそうです。

希義の遺骸は平家方を恐れて葬られることなく打捨てられていましたが、希義の師であった介良荘の住僧琳猷(りんゆう)に手厚く葬られました。琳猷は文治元年(1185)、伊豆国走湯山権現(=伊豆山神社)の住僧良覺の仲介で頼朝に面会して、ことの次第を報告しています。
頼朝は琳猷に関東で一寺の別当職を与えようとしましたが、琳猷は介良荘に戻って希義の菩提を弔いたいと、これを辞退。そこで頼朝は琳猷の住所介良荘恒光名、津崎の在家の万雑公事停止の特権を与えて、追善のため希義の墳墓の地に「一箇梵宇」を建立するとともに、供料米68石を与え、不足の場合には庄内の年貢米をあてることを介良荘の地頭兼預所源内民部太夫行景に命じました。この「一箇梵宇」が西養寺で、2年後に建立しました。
希義の法名西養寺殿円照大禅定門が寺名の由来です。

同母兄である頼朝は希義の死を深く悲しんだんですね。
西養寺は今は廃寺となっていますが、源希義の墓と伝わる無縫塔が残っているそうです。

続きます

# by b_neige | 2017-09-04 07:02 | 鎌倉歩き | Comments(0)

映画 「ボンジュール、アン」(2017.09.02)

以前から観ようと思っていたフランス?(制作国は米国)映画「ボンジュール、アン」鑑賞~。
e0245404_14422259.jpg
映画界の巨匠フランシス・コッポラの夫人エレノア・コッポラが80歳にして監督デビューを果たしたという長編映画(92分)です。原題:PARIS CAN WAIT
内容は、いつも仕事に忙しい夫を支えながら、子育てに追われていた主婦が、子どもの大学入学を機に、これからの人生の方向性を探るという、そんなテーマ。(いささかありふれている感じがしないでも)もちろん、コッポラ夫人の実体験がベースになっているのだと。

思いがけず夫の仕事仲間であるフランス人男性と、カンヌからパリへ車で向かうことになるヒロイン。道中の美しい景色、名所・旧跡を織り交ぜながら、人生の機微を知っている熟年の男女のビミョウな会話が流れ、グルメの国・フランスの食が次々に紹介されて。。。バラの花の演出も効果的。

だけど、個人的には、今いちだったかな。まっ、がんばろうよねって感じのラスト。
でも、フランスの景色:南仏プロヴァンスのラベンダー畑やサントヴィクトワール山(印象派のセザンヌが好んで描いた山です)、古代ローマ遺跡の水道橋(ポン‣デュ‣ガール)、
e0245404_14532524.jpg
リヨンのリュミエール映画研究所、フランスの美しい村ヴェズレーの大聖堂等ですが、観光気分で味わえたのがとってもよかったです。
ローヌ川沿いでのピクニックのシーンも美しく、
e0245404_1453374.jpg
観終わって、またフランスに行こうって!(笑)
ほんとにいい塩梅の映画でした。
# by b_neige | 2017-09-03 07:40 | 映画 | Comments(0)

夜、サプライズが!(2017.09.01)

昨日は、思いがけず涼しい一日でしたね。如何お過ごしでしたか?
私は夜になってサプライズ!
こんなプレゼントが届いたんです。
まずは、クマくん。(TVの前に置いてみました)
e0245404_21445145.jpg
このクマくん、可愛くないですか?
いろんなポーズ、出来ちゃうんです。
e0245404_21453519.jpg
あのね、これ、ハンドメイドなんですよ。
実は、6月だったか、春の観光シーズンで目一杯忙しい頃、従姉妹がウン十年ぶりに上京。お友達と鎌倉・江ノ島に来てくれたんです。その時のお礼にって。
このクマくんは、従姉妹のお友達が私のために作ってくれたそうで。オンリーワンですよ~~~。気に入りました!!

従姉妹はね、きっととっても考えてくれたんだと思います。
そして、ポシェットを送ってくれました。はい、こちらです。どうぞ。
e0245404_21484131.jpg
従姉妹ったら、関西人らしいやろって。(笑)(笑)
でも、地がベージュだから、落ち着いてるかと。
サマンサタバサ風??
私はね、気に入った次第。エッフェル塔もついてるしね!これ、愛用品にしま~す。♪♪

今日は朝から一日中、用事で、解散になったのが5時過ぎだったんです。きっと一日頑張ったご褒美ね。すごく嬉しいです。162.png
そうそう、一つ宿題が!
上のクマくんに名前考えてあげなくっちゃいけないんです。
どんな名前がいいかしらね?(*^ー^)ノ♪
# by b_neige | 2017-09-02 06:43 | その他 | Comments(0)


フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)

画像一覧

カテゴリ

全体
フランス語、IBS関連
鎌倉日仏協会関連
鎌倉歩き
鎌倉ガイド協会史跡めぐり
鎌倉歩け歩け協会
鎌倉ドラマ
他ウォーキング協会
横浜歩き
横須賀歩き
京都のお寺
奈良のお寺
旅行
展覧会など
映画
sakamoto人形
グルメ
ティータイム
レシピ いろいろ
ブログ
ガイドの仕事
〇〇先生の会
緑の会
その他

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のコメント

私もですぅ。 あっとい..
by b_neige at 07:18
子供向けワークショップ、..
by ぽっきゅる at 09:12
大当たり~。 さすがヒ..
by b_neige at 20:16
お店はTea salon..
by ヒロリン at 18:45
鎌倉下の道は9月の史跡め..
by b_neige at 00:05
ご返信ありがとうございま..
by tamanawa at 22:20
もしかしたら、「九つ井」..
by b_neige at 18:02
はじめまして。こちらの記..
by tamanawa at 13:13
私も、ジャック&ベティで..
by b_neige at 16:45
わぉ~!☆5。観たいと思..
by 花音 at 22:56

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

茶葉茶話日記

最新の記事

横小路?八幡さまの東横の小径..
at 2017-09-22 07:02
ご無沙汰してます宝戒寺へ(2..
at 2017-09-21 17:14
ふれあいウォークー大船発・舞..
at 2017-09-19 21:50
台風の進路は?(2017.0..
at 2017-09-16 20:10
最後の暑さでしょうか、ふぅ~..
at 2017-09-14 19:10
鎌倉中央図書館 "関東大震災..
at 2017-09-12 07:01
歩いてみたい小径(2017...
at 2017-09-11 07:27
フランス人間国宝展(2017..
at 2017-09-10 07:11

記事ランキング

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

まとめブログ