東慶寺から徒歩で鎌倉駅へ(2017.10.23)

23日の台風一過の散策ですが、東慶寺で写真を撮っている時に連絡が入り、急遽鎌倉駅へ。
というのも、主人がこの週末友人を鎌倉に案内することになり、その下見に付き合うことになったんです。私の方は、台風で緑の会が中止になり、主人の方も、午後の予定が翌日にずれたとのことで、お天気上々、主人も出てくる気になったんでしょう。(笑)

東慶寺から鎌倉駅まで、どうしましょと思ったんですけど、待ち合わせまでにちょうど1時間あったので、亀ガ谷坂切通経由、徒歩で。

まずは、「にちりん製パン」が開いていたので、雑穀食パンとこの美味しそうないちじくとクリームチーズのパンを購入です。
e0245404_1456581.jpg
(ほんとに美味しかったです)

え~と、こちらは、鉢の木さん前の黄葉。
e0245404_14571483.jpg
とてもいい天気だったんです。気温がぐんぐん上がって、歩いていて汗ばむ位。(ベストを脱ぎました)

昼なお暗い亀ガ谷坂で。
e0245404_14581216.jpg
この切通は、北鎌倉側からだと、下りが主で楽ですよね。
写真ではそう判らないかもしれませんが、台風のせいだと思います。枝葉が沢山下に落ちていて、これ、すべったら危ないと思いました。

岩船地蔵堂を左折して、あのアメリカキササゲの木の手前辺りでしょうか。線路際のススキが風に揺れてました。
e0245404_14585421.jpg
そして、こちらは川喜多映画記念館のイチョウの黄葉。
e0245404_14591535.jpg
おまけは、小町通りを歩いて、目に留まった、お花屋さんの松ぼっくりになります。
e0245404_14594757.jpg
ビッグサイズ。ちょっと惹かれましたけど、2500円は高いですよねぇ。。。

余裕で鎌倉駅到着。このあとは主人と西御門方面へ。夕食は、西口のお好み焼き屋さん「津久井」でいただきました。美味しかったですよ。午後はほんとにいい塩梅の秋日和でした。174.png
# by b_neige | 2017-10-24 16:54 | 鎌倉歩き | Comments(0)

台風一過 花散歩-東慶寺(2017.10.23)

台風が通り過ぎて行きました。
雨、ひどかったですね。大丈夫でしたか?
朝方は通勤電車も遅れて間引き運転でしたよね。
お昼前からようやく台風一過の青空が広がって…。
実は、ほんとはこの日は緑の会で大楠山にハイキングの予定でした。あと半日ずれていたら予定通り開催されたんですけどね。残念。
そんなわけで一日ぽっかり空いてしまった月曜日。北鎌倉に出てみました。
自宅で勉強という手もあったんですけど...。(^^ゞ

久しぶりの東慶寺です。
こちらは石段の手前、右側にあるサンシュユの木。
e0245404_2264252.jpg
台風で落っこちてしまったのか?、実があまりついてなかったんですけど、赤いつややかな可愛い実が一つ光っていました。
そのお隣、夏目漱石の円覚寺参禅100年記念碑=つれションの碑
e0245404_2273417.jpg
横のススキがいい感じです。
cf : 東慶寺の夏目漱石参禅百年記念碑(2017.07.05)

さて石段を上って、拝観受付のちょうど前、きれいなリンドウを見つけました。
e0245404_22833100.jpg
e0245404_2284524.jpg
素敵な色。
そして、このところずっと雨が続いていたからでしょうか、ほら、こんなきのこが。
e0245404_2291178.jpg
その隣の関谷の秋丁子。
e0245404_2292854.jpg
これはもう終わりかけですね。
23夜塔の辺りではサネカズラが大きな実をつけてました。
e0245404_2294790.jpg
この中央の赤い実、とってもビッグサイズ、見たことない位。驚きました。

ホトトギスもまだ見られます。
e0245404_2210781.jpg
台風に耐えたんですね。がんばりましたね。
黄葉&ススキ。
e0245404_2211031.jpg
秋が着々と進んでいます。

山ブドウもきれいに色づいて。
e0245404_22112219.jpg
こんな花も見つけました。初めてかも。
e0245404_2211538.jpg
吉祥草(キチジョウソウ)です。おめでたい名称の花。
低い位置で咲いているから、これまで気がつかなかったのかしら。(あらら、ちょっと反省~)

松ヶ岡宝蔵前からお茶室白蓮舎方面を望んで。
e0245404_22124394.jpg
う~ん、やっぱり秋の風情を感じます。
じゃ~ん、こちらも台風に耐えたシュウメイギク。(スゴイ!)
e0245404_2213457.jpg
倒れてないのが不思議です。

台風が通り過ぎて、実は境内の中は後片付け中。この時は宝蔵前に結界が置かれていました。きっと、とりあえず、山門から宝蔵までは大急ぎで片付けられたのだと。(有難いことです)
吉祥草に気をよくして、境内をあとにしました。
# by b_neige | 2017-10-23 22:18 | 鎌倉歩き | Comments(0)

鎌倉山ロータリーで(2017.10.22)

来る日も来る日も雨で、最後は台風接近です。
皆さん、ご自宅でしょうか。台風接近で避難勧告が発令された首都圏。
私はお昼頃、何故かこの日にあたってしまった研修会へ。行きはまだよかったのですが、帰りに嫌と言うほどびしょぬれに。横殴りの雨でして…。覚悟はしてましたけど、悲惨でした~。あれえ、これは何の祟りかと。。。とほほ。

行きに撮った「鎌倉山ロータリー」です。
e0245404_1811997.jpg
この鎌倉山と記された石柱ですけど、昭和44年、菅原通済が(関東大震災で倒壊した)鶴岡八幡宮の三の鳥居の柱石を用いて「鎌倉山」(望月圭介元逓信、内務大臣書)と「建国記念の日二月十一日」を刻んだ碑を建てました。
e0245404_182516.jpg
「鎌倉山」という地名を作って世に知らしめた通済自身の記念碑とも言えるそうです。

それから、昭和17年に源実朝生誕750年記念で、鎌倉文化連盟(理事長:大佛次郎氏)が鎌倉国宝館前に、実朝の歌碑を建てましたが、これも三の鳥居の遺材。
cf : 七夕まつりを待つ鶴岡八幡宮(2014.07.02 part3)
ちなみにこれらの石材は、備前国(岡山県)犬島産の花崗(かこう)岩になります。寛文7年(1667)6月19日犬島を出港して、25日間で小坪に到着、翌日由比ガ浜に陸上げされたそうです。

関東大震災で同じく倒壊した二の鳥居はどうなったかというと、右側(西側)は昭和6年の日蓮聖人650年遠忌の記念事業で材木座妙長寺境内に設けられた相輪塔の基柱となったんです。ただし、のちに傾いて現在は使用されていません。そして、左側(東側)の方は、このブログで以前ご紹介しましたが、鎌倉山の「巍巍赫赫 爆弾三勇士表勲碑」として用いられまして、こちらは現存しています。(元在った場所から移動はしていますけどね)
cf : 鎌倉山 爆弾三勇士表勲碑(2016.09.23)

雨の日が続いて?ブログの更新も滞りがち。<(_ _)>
というか、来週のガイド本番に向けて充電中なのでございますぅ。(^^ゞ
# by b_neige | 2017-10-22 18:09 | 鎌倉歩き | Comments(0)

光触寺山門手前のケンポナシの木(2017.10.17)

ケンポナシ 別名 テンポナシ、テンボウナシ(手棒梨)とも。
私の耳、悪くなかったみたい!
神奈川県だと、箱根や西丹沢にはないそうです。丘陵地の斜面、沢沿いに多いとか。
背が高い木、15~20mになるようで、光触寺の前の木は、多分、こちらの上に見えている木かなと思います。
e0245404_2259166.jpg
落ちていた実なんですけど、お仲間が持って下さって、撮らせていただきました。こんな感じ。
e0245404_2301253.jpg
せっかく持ってて下さったのに、あまりよく判らず、すみません~。<(_ _)> (^^ゞ
ネットからお借りしました。
e0245404_23141555.jpg
この緑の実が黒くなるのだと思います。(ウィキペディアから)
e0245404_2392054.jpg
小っちゃい実なんですよ。ただし!! 食べるのは実じゃないんです。その下の膨らんだ箇所を食べるんだそうです。果軸!?(笑)
中身はむっちり甘く梨の味がするのだとか。(二日酔いにも効くそうですよ)

それにしても、おかしな形ですよね。ケンポ=テンポ=テンボウ=握り拳。
野口英世は幼いときにやけどを負って手が不自由でしたよね。「てんぼう、てんぼう」とからかわれたと。
見たことありそうで、知りませんでした。
光触寺前の木は大きすぎて、葉っぱなどよくわからず…。今度違う場所で是非。
# by b_neige | 2017-10-18 07:41 | 鎌倉歩き | Comments(2)

飯盛山寛喜寺明王院五大堂へ(2017.10.17)

先月は所用にて抜けてしまった〇〇先生の会に参加しました。
10時の集合時間でしたけど、雨はまだ上がらず…。一体、いつから降り続いているんでしたっけ。梅雨と違うのは冷たい雨だということ。
そして、先生ですけど、なかなか現われず。。。(笑)
代表の方が連絡をとってみると、駅の反対側でお待ちとのこと。(笑)
確か、この日は歴史文化交流館入館だったと思ったのですが、先生の勘違い?
なんでも、先生が、通常は28日しか拝めないお不動様のいらっしゃる明王院の特別拝観をご予約して下さったということで、あらあらミステリーツアーに。(笑)
皆が予期していなかった明王院へおじゃますることになった次第です。
(歴史文化交流館はいつでも行けますけど、明王院はそうじゃないものね)

バス乗車。泉水橋で下車。明王院の前に、梶原井戸へ。(久しぶり~)
こちらは、井戸の手前、右側にある酔鯨館のクジラ。
e0245404_17115434.jpg
健在ですね。(笑)

そして、はい、梶原井戸です。
e0245404_1712788.jpg
結構大きい井戸なんですよ。
e0245404_17123755.jpg
谷戸の奥にあります。
梶原景時は、十二所の入口となる辺りに屋敷を構え、大江広元邸もご近所。
上総介広常邸も朝夷奈切通方面だったし、800年前は、名だたる御家人がいらしたお屋敷街の一角。

こちらは、明王院方面へ戻る時に発見した、今時チョー珍しい木の電信柱!
e0245404_1713461.jpg

(雨、降ってました!)

釘貫(くぎぬき)門(冠木門じゃない!)の明王院拝観です。
(現在では混同されている!?)(釘貫門:2本の門柱の上部に貫を通す 冠木門:2本の門柱の上に横木をのせる)  
e0245404_1714770.jpg
(ここから撮影禁止~)

雨でしたけど、ご本堂を開けていただき、中で副住職のお話を伺いました。以前、28日のお不動さまの縁日の時におじゃまして、お堂の中を見させていただいたことありましたけど、
cf : 28日はお不動さまの縁日-明王院(2016.05.28)
あの時は大勢の方がお座りになられていて、奥のお不動様をちらっと拝見するだけで精一杯でした。
だから、今日は思いがけず、御法話も伺えて、おまけに、すぐ近くで(内陣で)五大明王様、じっくり拝ませていただけて、いいことありました!

まずは、その前にご法話の内容を記しておきます。(概要)
「こちらの飯盛山明王院は4代摂家将軍であった藤原頼経公が造られた鎌倉幕府の祈願寺(檀家なし)。幕府が造ったお寺で現存しているのはこちらだけ(えっ?補陀洛寺は??)
頼経公は時頼公と権力争い → 後に京都に追放される

ご本尊の不動明王様は、縮れた髪を弁髪でまとめて、片方に垂らしています。釈迦族とは違う人種。諸刃の剣と羂索を持たれた坐像。(鎌倉時代)
お不動様を日本に最初に紹介したのは弘法大師空海。
こちらの仏さま、東日本大震災後、国宝館展示がきっかけとなって、短期間のうちに国の重要文化財になられたそうです。
(京都で修造された折、剥落した破片をよく保存していたと褒めていただいたと。。。)
仏師は肥後の定慶。4代将軍頼経と関わりが深かった。(定慶は、運慶・快慶後の時代を代表する慶派の仏師)

明王院のこれまでで一番大きな法要といえば、鎌倉時代の蒙古襲来の際に行われた異国降伏の祈祷。メンバー、供え物、使用された香、座席表など、いってみれば事務記録のような文書が残されている。」
こんな感じだったかな。

そして、お待ちかね。内陣で仏さまを拝ませていただきました!
(お参りするのにどうぞって、塗香もつけて下さって)
お不動さまを真ん中に水牛に乗った大威徳明王、軍荼利明王、降三世明王、金剛夜叉明王、
お不動様以外は正徳2年(1712)再興です。一番右端に木造薬師如来(室町時代)一木造り 彫眼 一番左にはお厨子に納められた稲荷大明神 一木造り 彫眼(もとの大倉稲荷のご神体とか?大倉稲荷って、あそこの??)
cf: 「大蔵稲荷社」から山ルート、祇園山ハイキングコースへ(2012.12.16)

仏さま達、じっくり拝ませていただけました。とても美しく素晴らしい仏さま達で、ご紹介できないのがほんとに残念なくらい。

後ろ髪を引かれる思いでお堂を後にしました。

明石橋のところでは、覚一検校=明石検校(明石覚一)(=平家物語作者)がこの辺りに所領を持っていたことから、地名となって残っていると教えていただきました。足利氏と関わりがあったのだと。
また、二ツ橋検校とも呼ばれたことから、明王院の前の橋を二ツ橋というそうです。
大江広元邸跡の石碑を見て、光触寺へ。(トイレ休憩のみ)
そうそう、光触寺の山門前で「ケンポナシ」の実を教えてもらいました。
それが、私の耳がおかしかったのか、「テンボナシ」と聞こえてしまって...。(+_+)
PC検索すると、「ケンポナシ」でそれらしきものが出ていたので多分「ケンポナシ」だと思いますぅ。
これに関しては、また後日、レポにすることにしますね。
近くで見かけた柿の木です。
e0245404_174543100.jpg
こんな美しい塀が続く小径を歩き、
e0245404_17355130.jpg
大江稲荷を外から確認してお開きに。
e0245404_17254312.jpg
実はね、相当昔、十二所神社に初めてお参りした時、間違えて、あのお稲荷さんのところまで上ったことがあります。ブログを始める前だったかと。(笑)
そうなんですね。あそこ、大江稲荷って言う名称なんですね。文字通り大江広元公を祀ってるんですって。うわぁ~、今度ちゃんとお参りしてみよう!!!
# by b_neige | 2017-10-17 18:02 | 〇〇先生の会 | Comments(0)


フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)

画像一覧

カテゴリ

全体
フランス語、IBS関連
鎌倉日仏協会関連
鎌倉歩き
鎌倉ガイド協会史跡めぐり
鎌倉歩け歩け協会
鎌倉ドラマ
他ウォーキング協会
横浜歩き
横須賀歩き
京都のお寺
奈良のお寺
旅行
展覧会など
映画
sakamoto人形
グルメ
ティータイム
レシピ いろいろ
ブログ
ガイドの仕事
〇〇先生の会
緑の会
その他

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

う~ん、残念!行きたかっ..
by 花音 at 23:17
大分秋が進んできましたね..
by b_neige at 16:39
食べてみました! 殻が..
by b_neige at 23:38
今までドングリで一括して..
by ぽっきゅる at 22:34
前のプリンターよりどっし..
by b_neige at 23:13
ご訪問ありがとうございま..
by b_neige at 16:06
ぽっきゅるさん、こんばん..
by b_neige at 20:01
うーん、食べてみたいのは..
by ぽっきゅる at 17:25
まぁ、ありがとうございま..
by b_neige at 22:20
特別展、行きたいと思いな..
by 花音 at 00:14

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

茶葉茶話日記

最新の記事

旧山本条太郎別荘の特別公開(..
at 2017-11-20 07:11
18日(土)、なんとかお天気..
at 2017-11-18 17:25
国立東京博物館 平成館 特別..
at 2017-11-18 07:12
明日は11月の史跡めぐり実施..
at 2017-11-17 19:56
覚園寺拝観ツアーに(2017..
at 2017-11-17 07:28
明月院通りの紅葉具合(201..
at 2017-11-16 07:19
埋蔵文化財発掘調査中ー山ノ内..
at 2017-11-15 17:44
上野・東京国立博物館「運慶展..
at 2017-11-11 21:14

記事ランキング

ブログパーツ

画像一覧

ブログジャンル

まとめブログ