仏像の勉強3 観音菩薩さま(2017.12.29)

日本では古くから信仰されている仏さまです。
観世音菩薩または、観自在菩薩ともいわれます。般若心経の中では「観自在菩薩」ですよね。救世(くせ、ぐせ)菩薩など多数の別名があるそうです。救世菩薩=観音さまだったとは…。(汗)

西国三十三観音霊場って、ご存知ですよね。そもそも33とは、観音菩薩さまが衆生をお救いくださる時、33の姿に変化するという信仰に由来します。33ヶ所の霊場を巡り参拝することで、極楽往生出来るとされているんです。
最初に西国33箇所、そして、関東では、鎌倉時代に坂東33箇所、のちには秩父34箇所が出来、日本百観音と言われるようになりました。

さて、そんな観音菩薩さまですが、どんなお姿に変身しても基本的に変わらない特徴が一つあるそうです。それは、頭の上や宝冠に小さな阿弥陀如来(化仏けぶつ)をのせていること。
観音菩薩であることを示す最大のポイントとか。
ただ、化仏をのせてらしたら、絶対観音さまですけど、のせてらっしゃらない場合も多いように思うんです。

観音菩薩さまは、単独で祀られる他、阿弥陀さまの脇侍としてお祀りされます(=阿弥陀三尊、観音さまは向かって右側)
こちら、浄光明寺の観音菩薩さま。(鎌倉みほとけ巡礼より)
e0245404_19541240.jpg
十二所の光触寺の観音菩薩さま。(鎌倉みほとけ巡礼より)
e0245404_19565129.jpg
いずれも化仏はのせてらっしゃいません。
(持物は蓮台でしょうか。蓮華や水瓶を持たれることが多いようです)

こちらは、東慶寺の聖観音菩薩さまと、
e0245404_1150477.jpg
(鎌倉みほとけ巡礼より)そして、ご存知、大船観音寺の観音さま。
e0245404_11534215.jpg
こちらは化仏あり。

う~ん、一筋縄ではいきませんね。難しい。
そもそも、阿弥陀三尊、釈迦三尊、薬師三尊の形でお祀りされる時、脇侍のそれぞれの菩薩さまって、左右対称のように思えます。ほんとに見極め、難しいです。

最後に、観音菩薩さまのご利益ですけど、嬉しい現世利益でございます!

# by b_neige | 2017-12-29 08:54 | 鎌倉歩き | Comments(2)

永安寺址の碑→瑞泉寺(2-017.12.25)

瑞泉寺の前に立ち寄ったのが、「永安寺址の碑」。
e0245404_18536100.jpg
この碑については、以前にご紹介しましたね。
永享の乱で足利持氏は、このお寺で自刃したと伝わります。
cf : 永安寺址の碑(2016.05.23)
碑の前に置かれたものは、植物を冬の寒さから養生する囲い。ゴミじゃありません。念のため~。
紅葉が一部残っていました。

永安寺には三重塔があって、持氏の正室やら女官やらが籠もっていたそうですが、火攻めにされ、凄惨な最期を遂げられたと聞きました。
それで、もしかして、この岩の残骸がその三重塔の礎石では、ということで、一応写真撮った次第。
e0245404_188081.jpg
山側にそのままに放置されています。確かに加工された石材のように思いましたけど、果たして…??

はい、瑞泉寺到着。
下の境内から上の境内の仏殿が屋根のみ、ちらりと見えます。
e0245404_188188.jpg
ちょうど、陽が当っています。
こちらは、石段手前のアオキの実。
e0245404_1883135.jpg
時折、達磨形の実があるということで、「達磨の木」という別名もあるんだそうです。

石段は、まだまだ秋色、素敵な風情。
e0245404_189033.jpg
山門にかかる瑞泉蘭若の扁額です。
e0245404_1892239.jpg
蘭若の扁額は日本でここだけだそうで。
蘭若=梵語でここは静寂で修業に適しているということ。

そして、鐘楼の脇からは、富士山(のテッペン)をわずかに望むことが出来ました。
e0245404_1894085.jpg
写真じゃ無理でしたけど、肉眼では、〇の中に確かに富士山のテッペン、確認出来たんですよ。
徧界一覧亭からじゃないと富士山は無理と思っていました。ちゃんとビューポイントあったんですね。知らなかった~。

鐘楼の辺りで、安国利生塔やら、むじな塚やらのご説明を伺いました。
こちらはね、六地蔵が周りに配されているでしょう?
e0245404_18101621.jpg
元々は石幢(せきどう)だったと考えられるんだそうです。後に燈篭になったようで。円覚寺黄梅院には、正真正銘の石幢が置かれているんですって。今度、ちゃんと確認してみますね。

仏殿にお参りして、
e0245404_18103859.jpg
後ろの夢窓疎石による岩庭を見学。大きな岩盤を穿って造りだした岩庭。
永福寺の浄土式庭園、池の周りを歩いて楽しむ庭園から、今度は坐って一ヶ所から眺める禅宗の庭園へ。違いがわかりますね。
そうそう、無量寺谷にあった岩庭は、この瑞泉寺のより、70年ほど古いそうですが、同じように一つの岩盤を穿って造りだしています。瑞泉寺のこの庭は夢窓国師の作庭ということですが、そのような流れが既にあったということですね。→書院庭園へのさきがけ。

今は18曲りは歩けるようになっていませんけど、いつか機会があれば、そこを経由して徧界一覧亭へと上ってみたいです。(真正面が富士山だそうで)幹事さんにお願いしておきました!

大佛次郎氏のエッセイの中に、この徧界一覧亭でダイヤモンド富士を楽しんだという下りがあります。-大佛次郎エッセイコレクション2「人間と文明を考える」(小学館刊)

〇〇先生の◇◇の会、今年はこれにてお開きでした。
# by b_neige | 2017-12-27 18:24 | 〇〇先生の会 | Comments(0)

鎌倉宮→永福寺跡へ(2017.12.25)

鎌倉宮を出て永福寺方面へ。
こちらは、鎌倉宮を出た辺りに立つ石標。
e0245404_22443758.jpg
ちょっとアップにしてみますよ。
e0245404_22445044.jpg
左 北条家御一門なにやらとありますね。これは、偏界一覧亭後方にある北条家の首やぐらのことですって。
これまでちっとも気がつかず…。(どこ見て歩いているのやら)

紅葉の名残が。
e0245404_22451653.jpg
こちらは、脇から眺めた鎌倉宮神苑の最後の紅葉。
e0245404_2245349.jpg
今年も暮れて往きますね。

途中、四ツ石という地名が残る場所を教えてもらいました。少し前までは標識があったらしいのですが、今はそれらしきものは何も。

青空、清々しい空気に満ちていた永福寺跡。
e0245404_22455078.jpg
ほぼ一周しました。
鎌倉のお寺は谷戸に建てられているので、細長い伽藍が普通ですけれど、このお寺だけは、中央に二階大堂、その右に薬師堂、左(手前)に阿弥陀堂と3つの大きなお堂が横一直線に並ぶ伽藍配置。そして、その前には浄土式庭園が広がります。池泉回遊式庭園です。
源頼朝公が義経&奥州藤原泰衡らの供養のため建立したお寺。でも、最初はそうでも、結果的に、花見をしたり、蹴鞠、酒宴、歌会、雪見等、迎賓館的役割を果たしたお寺です。さぞかし、華麗壮大な寺院だったんでしょうね。
基盤と池のみの復元。せめて、もう少し桜の木を植林しなくっちゃと思います。

では、通玄橋を渡って、
e0245404_22463343.jpg
瑞泉寺へ。この橋を渡っただけで、大分冷えてきました。奥深い谷戸はひんやりしています。
# by b_neige | 2017-12-26 19:43 | 〇〇先生の会 | Comments(0)

鎌倉宮鳥居前の河津桜と紅葉の碑(2017.12.25)

25日は〇〇先生の会でした。
実は△△先生の会というのが別口であるんですけど、そちらは、散策なし。もっぱらお話を伺う会。こちらは、〇〇先生とご一緒に鎌倉を歩く「◇◇の会」でして…。ややこしいですね、どうも。(^^ゞ

遅ればせながらメリークリスマス。☆☆
ということで、久しぶりの鎌倉散策、10時に大塔宮集合でした。
ちなみに、大鳥居前の河津桜は左側、既に満開。
どうぞご覧下さい。
e0245404_16553567.jpg
e0245404_16554672.jpg
e0245404_16555723.jpg
左側はまさに最盛期でしたけど、右側は陰になるのでしょう。まだまだこれから。左右合わせて花期は長いですね。

さて、鎌倉宮で伺ったお話は、この碑についてのみでした。
e0245404_16571811.jpg
まだ、このブログではご紹介してませんでしたね。
この碑は紅葉の碑と言います。後ろの紅葉、既に終わっていてごめんなさい。<(_ _)>
以前、史跡めぐり下見の折、先輩ガイドさんに教えていただいたっけ。
(ですから、既に知っていた碑になります)

こちらアップで。
e0245404_1658322.jpg
なかなか記されている文字が読み難いんですよ。

鹿島萬兵衛(かじままんべえ)という方が77歳に成られた折、そのお祝いに、鎌倉に秋色が乏しいというので、紅葉を千株、鎌倉宮と鶴岡八幡宮に植えたということが記されています。

鹿島萬兵衛は嘉永2年(1849)に江戸堀江町に生まれました。
父は日本紡績業会の先達。萬兵衛は父とともに維新期の通商業会に活躍、北海道の開拓事業に携わり、海産物の製造・販売に従事するなど多方面に活躍しました。明治20年には、函館に日本昆布会社を設立。明治22年には、東京紡績会社取締役となりました。対清貿易を中心に活動を行って、大正期には台湾高雄に製材所を設立しています。昭和3年没

碑は日蓮宗研究家の田中智学によるもので大正14年11月吉蓂(きちみょう)とあります。
蓂は「こよみぐさ」のことだそうです。

田中智学氏と鹿島萬兵衛翁は面識はなかったそうですが、その風流に共鳴されたそうで。

それでは、次の場所、永福寺跡へ向かいます。
# by b_neige | 2017-12-25 17:16 | 〇〇先生の会 | Comments(0)

華厳経と善財童子(2017.12.23)

華厳経に登場する善財童子は、インドの長者の子どもです。裕福な暮らしを送っていましたが、あるとき、仏教に目覚め、文殊菩薩の勧めにより、様々な指導者(=善知識)53人を訪ね歩きます。その中には、比丘(=正式な男性出家修行者)や比丘尼(=正式な女性出家修行者)の他、外道(仏教徒以外の者)、遊女と思われる女性、童男、童女も含まれていましたが、善財童子は先入観持つことなく謙虚に教えを乞い、最後に普賢菩薩に出会って、西方の阿弥陀浄土往生を願われたそうです。

東海道五十三次はこれによっていると言われます。(53という数字)
(ただ、53人は数え方によって54人とも55人ともされる)

それでは、奈良の阿倍文殊院の善財童子をご紹介します。
e0245404_1550236.jpg
阿倍文殊院の文殊菩薩さまは先日ご紹介済み。
cf : 仏像の勉強1 文殊菩薩さま(2017.12.17)
文殊さまの向かって右側においでになるでしょう?
実は、この文殊さま(=渡海文殊)は4人の脇侍を伴っているんです。(5像すべてが国宝)
鎌倉時代・建仁3年(1203年)造立 快慶作
e0245404_15513157.jpg
阿倍文殊院の本山である東大寺の大仏再造立の折、大仏殿再建の象徴として、総責任者・重源上人の念持仏でもあった文殊さまを(平安時代から東大寺の別格本山だった阿倍文殊院に)造立することで、東大寺総供養とされたと考えられているそうです。
如何ですか、この善財童子さん、可愛らしいお姿でしょう?

おまけで、もうお一人の善財童子(同じく奈良・西大寺)さんをご紹介。
文殊菩薩騎獅像 四侍者像  鎌倉時代 (重要文化財)
e0245404_1610822.jpg
向かって右手前がそうです。
こちらははがきから
e0245404_15561367.jpg
めちゃくちゃ可愛いですよね。灰谷健次郎氏の「兎の眼」に登場する有名な童子です。

早く東京にお越し頂きたい!!
と思ったのですが、な、なんと今年、東京日本橋の三井記念美術館で開催された「特別展 創建1250年記念 奈良 西大寺展~叡尊と一門の名宝~」4/15~6/11においでになっていたそうなんですぅ。
e0245404_15565813.jpg
情報不足ですね。がっくり~×100 (>_<)
# by b_neige | 2017-12-23 07:47 | 鎌倉歩き | Comments(2)