引地川公園泉の森(2018.05.21)

21日(月)は緑の会に参加。大和駅からふれあいの森に向かい、泉の森を抜けて鶴間駅まで。
アップダウンのない平坦な歩きやすい道ばかり。爽やかな緑を楽しんできました。
マップはこんな感じ。
e0245404_1745588.jpg
かなり広いですよ。私達はこの二つの森、そんなにぐるぐる歩き回ったわけじゃなく、通り抜けた感じですが、それでも1万歩ありました。
今年は季節の進み具合が早いので、山野草は残念ながら、さほど見られず。それでも沢山の植物に出会えました。忘れないうちにご紹介しておきますね。
全部じゃないですぅ。悪しからず。(^^ゞ

まずはね、サラサウツギ。別名 ツカサウツギ ユキノシタ科
e0245404_17455819.jpg
先日大船フラワーセンターでもみかけました。ちょっと紅が入って可愛らしい花。

ご存知、マユミ。
e0245404_17461665.jpg
これから地味な花を咲かせます。冬のピンクの実がいいですよね。

はい、この植物、お初でございます。烏柄杓(カラスビシャク)。別名 狐の蝋燭(キツネノロウソク)、蛇の枕(ヘビノマクラ)とも。サトイモ科
e0245404_17585482.jpg
ひゅるひゅる伸びて、花はどこまで??
e0245404_1759677.jpg
ちょっとマムシグサとかウラシマソウとかに似ていますよね。おもしろ~い!
根茎野部分は漢方薬になるんですって。

こちらはね、「アンズ」だそうです。
e0245404_17471742.jpg
私は、「ウメ」?「スモモ」?「アンズ」??いずれか判らず~。(^^ゞ

ノカンゾウ。
e0245404_17473550.jpg
夏を思わせますね。

こんな場所を歩いています。
e0245404_17475143.jpg
この虫、見て下さい。ゾウムシというそうです。鼻がゾウのようだから。
e0245404_17481491.jpg
ゾウムシはね、建長寺の養老孟司さんが作った虫塚の真ん中にいる虫でもあります。
それにしても、木と同じ色合いなのに、よく見つけたと思いませんか。すごいです!

それから、結局、判らなかったのが、この木。
e0245404_17484123.jpg
花が終わって特徴のある形の実が沢山ついているんですけど、これ、何ていう木なんでしょう??宿題になりました。

クロガネモチノキ。
e0245404_1748551.jpg
冬の赤い実は知っていても、花は珍しいと思います。というか、地味なので目立たないんですね

ピンクのきれいなアジサイ。
e0245404_1749658.jpg
言うこと無しです。◎

この木は??コウゾ??
e0245404_17493460.jpg
実にヒゲがついてます。

「カラムシ」。
e0245404_17494820.jpg
この繊維で鎌倉時代の蹴鞠のユニフォームを作りました。
この葉っぱでポンと音を鳴らすこと、知った次第。(笑)

しらかしの池の傍を歩きました。
e0245404_17503042.jpg
水辺にはハナショウブが咲き始めていました。
e0245404_17514495.jpg
こんなにきれいな色のものも。
e0245404_17515324.jpg
昼食後は、引地川の源泉地辺りから鶴間駅方面へ。
ナルコユリやら、
e0245404_17521088.jpg
二人静やら、
e0245404_1752217.jpg
発見しました。
早々と、キツリフネも。
e0245404_17523732.jpg
きれいな花姿です。

最後はこの植物、一薬草(イチヤクソウ)をどうぞ。
e0245404_1753545.jpg
名称の由来は全草を1本まるごと乾燥(日陰干し)させて薬用にすることから。=鹿蹄草(ロクテイソウ)=強心、降圧、抗菌などの作用あり
道沿いではなかったので、ちょっとアップの画像がないのですが、下向きの広鐘型の小さな花がついています。
e0245404_17532291.jpg
めったに見られないとか。おぉ!

緑の会、今月のオプションには、あとタマネギの収穫と横須賀の花菖蒲園があるんですが、私は、そのいずれも行けず…。(>_<)
来月の逗子・森戸川林道が楽しみです。
# by b_neige | 2018-05-21 17:53 | 緑の会 | Comments(0)

5月の史跡めぐりはサポーター役で(2018.05.18)

5月史跡めぐりBのサポーター役、お陰さまで滞りなく終了しました。
今年は季節の進みが早く、5月にもかかわらず早くも熱中症が心配されるほどの蒸し暑い日でしたが、お客様は皆お元気で体調を崩されることなく、コースを楽しまれ、満足されてらしたようでよかったと思います。
来月はAコース「アジサイに導かれて天空伽藍の法性寺へ-巡礼古道から日蓮旧跡を行く-」15日にガイド予定。お客様が大勢参加して下さると嬉しいです。

画像は5月Bから、玉縄北条氏ゆかりの円光寺境内で。
「ナギ」の巨樹と、
e0245404_14463659.jpg
幢身に六地蔵が彫られた石幢(せきどう)と思います。
e0245404_14465013.jpg
あまり見かけませんよね。
# by b_neige | 2018-05-19 14:47 | ガイドの仕事 | Comments(0)

センダンの花咲く季節(2018.05.11)

5月11日の若宮大路沿いのセンダンの樹、2本の咲きっぷりです。
e0245404_1335058.jpg
e0245404_1341125.jpg
e0245404_1342182.jpg
アップが遅れました。<(_ _)>
実は、昨年もご紹介しましたが、なんと昨年は手前の1本に何故か気がつかず…。<(_ _)>
cf : 一の鳥居の傍で 満開のセンダンの樹(2017.05.23)
昨年はちゃんと樹の根元に行って、見上げてますね。◎
今年は反対側から見ているだけ~。××× (反省)
もやがかかったような紫色の花。2本共に、よく花をつけていました。
「栴檀は双葉より芳し」とする栴檀は本来の中国名(=日本で言う白檀)。このセンダンとは異なります。
こちら、白檀の花。(ウィキペディアから)
e0245404_1320471.jpg
白檀は発芽のころから香気を放つとされたことから、
「栴檀は双葉より芳し」=大成する人は幼少のときから優れているというたとえ。

おまけは、この日、レンバイで見かけた珍しい野菜です。
e0245404_135281.jpg
〈ジョーカーレタス〉とあります。
ご存知でした??
# by b_neige | 2018-05-17 22:03 | 鎌倉歩き | Comments(0)

鎌倉近代建築の歴史散歩-由比ガ浜・長谷(2018.05.13)

午前中はどうにか雨、大丈夫でしたね。
まずは、この日、友人がお花を出しているからと、ご招待があった山村御流いけばな展へ。
「花は野にあるように」と、自然の草木の美しさを生かしていける生け花なんだそうです。
これは、絵はがきから。
e0245404_21591480.jpg
(会場は写真がダメなんです)さりげなく素敵に生けられたお花の数々、楽しみました。

その後は13時から、こちらの講演会へ。(今日もなかなか忙しい~)
e0245404_21445116.jpg
由比ガ浜公会堂であった吉田鋼市先生の講演会です。
吉田鋼市先生は兵庫県出身で、橫浜国立大学建築学科卒。母校で教鞭をとられ、5年前に名誉教授に。鎌倉市内の50件の近代建築の歴史や特徴をまとめた「鎌倉近代建築の歴史散歩」という本を昨年出されています。
私は、以前、神奈川県立近代美術館-鎌倉館の建築ツアーに参加したことがあって、
cf : 神奈川県立近代美術館 鎌倉館&鎌倉別館建築ツアー(2015.03.15)
その時の講師の先生と同じだわと勝手に勘違いしてました。あの時は松隈先生。大学も違ってました!(^^ゞ

2部形式の講演会で前半は「鎌倉近代建築の歴史散歩」から「由比ガ浜・長谷周辺の建築」のお話。スライドで、由比ガ浜通りを東から西へと、ちょうど20件の建築物のご紹介がありました。
(日本基督教団鎌倉教会(鎌倉市景観重要建築物)に始まって、旧・鎌倉加圧ポンプ所=旧・鎌倉市大仏坂体育館まで)

この日の集まりの会場だった「由比ガ浜公会堂」もリストの中にありましたよ。
e0245404_21452643.jpg
1936年(昭和11)頃竣工、木造2階建。施工は大貫力三さん。一見して、目を奪われるような派手さはありませんけれど、ユニークな和風意匠の公会堂で、和風というところが公会堂なのに珍しいのだそうです。

この建物はご存知でしょう?
e0245404_21454675.jpg
由比ガ浜通りに面していて、今はこ寿々さんが入ってますけど、昔は毎日新聞鎌倉専売所だった建物。外観、特に2階ですけど、お寺の鐘楼風?、すごいですよね。
こちらの設計・施工は西井喜一・正二父子。この建物のすぐ向かいにある寸松堂(鎌倉彫工房兼住宅)、それと、長谷にある白日堂(鎌倉彫工房兼住宅)と、3軒全て、西井喜一・正二父子によるものだそうで。どおりで、似てますよね。ちなみに、寸松堂と白日堂の施主は兄弟です。

1時間15分ほどのお話で、楽しめました。
(外観以外に、内部の画像も紹介していただき、建築という観点からのご説明付き、よかったです)

さて、その後は「吉屋信子記念館」と「寸松堂」を見学する散策。
外に出てみたら、生憎の雨でしたけど、皆で(20名位だったかしら)ぞろぞろ歩きました。
個人的には吉屋信子記念館、久しぶりでした。このブログで、ご紹介してるかしらと、検索してみたら、なんとなかったんです。不思議!

故吉屋信子さんの住居になります。(昭和49年に吉屋信子記念館として開館)
e0245404_2274256.jpg
吉屋信子さんと施工者の意向だったのでしょう、シンプルで無駄のない、和風モダンのような趣のある建築。
応接間は広い大きな窓、天井のデザインが印象的。和室には、庭に面してサンルーム風の空間がつけられています。書斎は落ち着いた雰囲気の部屋。大きな窓に机が向かっています。
この日は雨だったし、大勢だったので、いつかまた機会を見つけてご紹介することに。<(_ _)>

最後は「寸松堂」です。
e0245404_21532129.jpg
こちらの建物、ほんとに由比ガ浜通りのランドマークですよね。
いつも拝見しているのみで、中におじゃましたこと、ありませんでした。
お店を拝見し、
e0245404_215337100.jpg
この右奥の仕事場を見せていただきました。
職人さんが寝泊まりしたという中二階のロフトや、鎌倉彫の道具の数々も。初めてだったので珍しかったです。大変勉強になりました。

こちらは、中表紙に、吉田先生からご署名いただいた、先生の本。
e0245404_22135365.jpg
一冊手元にあると嬉しいものです。
# by b_neige | 2018-05-13 21:56 | 鎌倉歩き | Comments(0)

曇りー大雨ー晴れ(2018.05.10)

今日は、変な天気でしたね。
大雨が降った後は、いっぺんに抜けるような青空が広がりました。
空気はヒンヤリしていて、心地よかったこと。
午後、ガイド協会の事務所に寄ったんですけど、若宮大路沿いのこの樹、爽やかでした。
海に向かって。
e0245404_18163469.jpg
反対側から、一の鳥居を入れて。(って、判りますか??)
e0245404_18164796.jpg
こちらは、レンバイで見かけた花。
e0245404_18172052.jpg
一束100円で、もちろん購入しました!

乱高下する気温。体調、お気遣い下さい。
# by b_neige | 2018-05-10 18:18 | 鎌倉歩き | Comments(0)