訪問ガイド研修ー横濱金澤シティガイド協会「開国・開港の街を歩く」(2018.07.07part2)

横濱金澤シティガイド協会による「開国・開港の街を歩く」訪問ガイド研修の続き、夕照橋を渡って野島に着いたところから、続けます。

野島で訪れたのは「染王寺」という真言宗御室派のお寺です。金沢八景には龍華寺というお寺もあって、そこも確か御室派でした。
cf : 金沢八景 龍華寺へ(2016.06.17)
この近辺、御室派のお寺が集まっているんだそうです。
こちらのお寺には筆子塚があるのだそうですが、教えていただいたのは、幕府が日米通商条約批准のために使節団(77名)を米国に派遣した際の一員、半次郎45歳のお墓。
e0245404_12261563.jpg
古いこの墓石の右側面に亜米利加ニテ死亡と刻まれています。
e0245404_12263126.jpg
なかなか読み取るのは難しいですが…。どんなお人だったのでしょう。

その次に訪れたのがこの小さな弁天社。
e0245404_12265531.jpg
「アメリカンアンカレッジ」=幕末に来航した米国船舶停泊地、から、水夫達がここまで遊びに来ていたのだとか。現在この弁天社はポツンと取り残された形ですが、ひと昔前は、池などもあり、風光明媚な場所であったということです。
e0245404_1228217.jpg
紅毛碧眼の彼等と好奇心旺盛な地元住民との交流の様子が文献に残っているそうです。
海軍の名残の石柱。
e0245404_12301535.jpg
この日は野島稲荷神社(この日は訪れず)の祭礼を明日に控えて、町内は人出があり、その準備に追われているようでした。

野島公園の中を進みます。こちらは、旧海軍航空隊の飛行機を空襲から守るため造られた「掩体壕(えんたいごう)」。
e0245404_12374188.jpg
夏島にも造られていたという掩体壕と合わせて、小型機100機余りを格納出来たのだそうです。
第2次世界大戦終結間近のことで、実際には使用されることはなかったと。
*日吉(慶應義塾日吉キャンパス地下)にも旧日本海軍連合艦隊総司令部地下壕が残されていますね。

さて、旧伊藤博文金沢別邸に到着です。
e0245404_12375991.jpg
明治31年に建てられた茅葺寄棟屋根の田舎風海浜別荘建築(5棟で構成)ということです。
敷地約9000坪(建坪110坪)
(明治41年には韓国の皇太子を招いているそうです。大正5年には大正天皇が行幸しています。)
中に入って見学。
あまり時間は無くサッと。昔、野島にあった永島家の牡丹園を復元したという牡丹園を楽しみに、いつか別の機会に是非再訪してみたいです。

ここから無人運転の金沢シーサイドライン(開業平成元年、金沢八景-新杉田10.6kmを結ぶ)の「野島公園」駅に向い、「海の公園柴口」駅下車で、次の目的地である熊野神社へ。
工場が建ちならぶ埋め立て地と左側住宅地が一目瞭然!
e0245404_12382479.jpg
続きます
# by b_neige | 2018-07-15 12:40 | ガイドの仕事 | Comments(0)

実家のお玄関の花(2018.07.11)

これ、水曜日に母のところへ行った時に撮ったもの。
e0245404_2130553.jpg
お盆も近いし(関東では7月?)、お玄関の花が大分萎れていたので、花を足しました。
つまり最初は白い百合(カサブランカ)が生けられていたんですけど、僅かに咲き残っていた名残を、捨てるに忍びず?もう一度入れた次第で。

きれいでしょう?これ、母が入れました。母は池坊の先生をしてたんです。産経学園ってところで。
この壺(花器)、実はとても大きいんですよ。私が自宅で投げ入れ?してる花器より多分3倍は大きいと思います。
よって、私ごときではラチがあきません。ほんと。
それで、母がいつも生けます。
母は89歳。花の名前、ほとんど忘れたって言ってますけど、お花生けているとき、楽しそうです。

もう一枚、おまけ。
こちらは本日、大山寺への参道で。
e0245404_2138071.jpg
大山は今、ヤマユリが見頃を迎えています。
# by b_neige | 2018-07-12 21:25 | その他 | Comments(0)

大山で(2018.07.12)

7月の古都鎌倉史跡めぐりCコースの実施日が近づいてきました。
本日、自主下見に大山へ。
こちらは、阿夫利神社下社への正面石段脇。
e0245404_20561439.jpg
右手に、大きなヤマユリの蕾が見えています。
e0245404_212542.jpg
明日は無理だけど、来週17日(火)の実施日には、もしかして花をつけているかもしれないですね。
すごく大きな株。このヤマユリを毎年楽しみに見に来られる参拝者もいらっしゃるそうで。
私も楽しみにしようと思います。

こちらは、史跡めぐりでは行きませんけど、コマ参道上り口に近い茶湯寺入口で。
e0245404_2133211.jpg
右側に唯念上人の名号碑があるでしょう?
e0245404_20563427.jpg
唯念上人は徳本上人と同様、江戸時代末期、諸国を行脚してお念仏を広めた方です。
この特徴ある書体、一度拝見したら忘れませんよね。
(ちなみに茶湯寺には徳本上人の名号碑もありました!)

明日もだけど、次の17日もお天気に恵まれるといいと思います。
あまりカンカン照りなのも困りますが、適度に?陽射しがない方が凌ぎやすいかと。

今日は時折雨模様。湿度が高く、参りました~。
皆さま、お時間がありましたら、どうぞCコース、ご参加下さい。
実施日は13日(金)と17日(火)
小田急伊勢原駅北口集合(受付9時00分~最終出9時30分)です。
# by b_neige | 2018-07-12 21:03 | ガイドの仕事 | Comments(0)

訪問ガイド研修ー横濱金澤シティガイド協会「開国・開港の街を歩く」(2018.07.07)

7月7日は訪問ガイド研修で金沢八景を訪れました。
訪問ガイド研修は今回で3度目。
1回目はレポートがあるようですけど、2回目はありませんね。カメラ、忘れてしまったのかも。(>_<)
cf : 訪問ガイド研修-葉山文化財研究会「葉山堀内地区の文化財巡り」(2017.01.26)
cf : 訪問ガイド研修-葉山文化財研究会「葉山堀内地区の文化財巡り」(2017.01.26 part2)
cf : 訪問ガイド研修-葉山文化財研究会「葉山堀内地区の文化財巡り」(2017.01.26 part3)

さて、今回のタイトルは「維新150年 開国・開港の街を歩く(金沢)」
行程は約6kmの半日コースで、
金沢八景駅→平潟湾プロムナード→夕照橋→野島公園・弁天社・掩体壕(えんたいごう)→旧伊藤博文金沢別邸→野島公園駅→[シーサイドライン]→海の公園柴口駅→熊野神社→柴シーサイドファーム→宝蔵院→八景島・アメリカンアンカレッジの碑(解散)

これまで金沢八景には何度か出かけてますが、野島に渡ったことがなかったので、参加してみようと思ったんです。
ちなみに一般参加も、OKだったよう。
それでは、簡単ですけど(ほとんど写真のみになりますが)(^^ゞ、レポート残しておきます。

まずは、駅から野島方面へ向って、平潟湾プロムナードを歩きました。金沢八景を紹介する、こんなマンホールやら
e0245404_1324099.jpg
パネルやらが続きます。
e0245404_1332653.jpg
シーサイドライン金沢八景駅の下から、野島にかかる夕照橋に至る、約1kmの遊歩道。
金沢八景は南国じゃありませんけど、南国をイメージする?シュロやら、ソテツやらが植栽されています。左手に平潟湾を望む、美しい道。途中、フェイジョワやらブラシの木やらも植えられてるんですよって、ガイドさんに教えていただきました。

プロムナードを歩きながら、ガイドさんから、金沢八景の「洲崎晴嵐(すざきのせいらん)」
e0245404_13293335.jpg
「平潟(ひらかたのらくがん)落雁」
e0245404_1342333.jpg
「野島夕照(のじまのせきしょう)」
e0245404_1344241.jpg
について、このアングル辺りからの景色ではないだろうかとのご説明。
今じゃすっかり埋め立てられて、往時の面影を探すのが難しいんですけど、山の形がヒントになります。
「洲崎晴嵐」にあるバックの山並と、
e0245404_13549.jpg
重なりますでしょうか?

進行方向、左側に野島。
e0245404_1352185.jpg
野島にかかる「夕照橋(ゆうしょうはし)」が見えてきました。
この橋は≪かながわの橋100選≫に入っている横浜市金沢区の3つの橋の一つだそうで。(残りの2つは、称名寺の反橋と八景島に渡る際の金沢八景大橋)
e0245404_1372330.jpg
金沢八景にある「夕照(せきしょう)」とは、読み方が異なるんです。何故に??
e0245404_1374376.jpg
ちなみにこの「夕照橋」は、4代目でして昭和60年に建造されたもの。
以前は渡し船だったそうです。
こちらが発着所(室ノ木)。(橋の上から見て)
e0245404_138310.jpg
昭和19年に最初の橋(徴用橋)が出来るまで室ノ木と野島を結んでいました。
野島側はこんな感じ。
e0245404_1382072.jpg
(追浜に海軍の飛行場が出来て、洲崎と野島の間に運河が掘られたため、野島が再度、島になったというわけです)

続きます
# by b_neige | 2018-07-10 16:59 | ガイドの仕事 | Comments(0)

警察署前のヒマワリ(2018.07.08)

関東では相変わらずの夏空、連日の蒸し暑さに閉口しますが、西日本では、梅雨末期の記録的豪雨が未だ続いているようです。
昨年も、同じ地域に大きな被害が出たのに、またしても今年と、言葉が見つかりません。
どうぞ雨が早く止みますように。これ以上被害が拡大しないよう、祈るばかりです。

レンバイの店先のヒマワリと、
e0245404_1753867.jpg
e0245404_17591141.jpg
警察署前の植え込みのヒマワリ。
e0245404_17533143.jpg
まずは、1本、開花しています。
# by b_neige | 2018-07-08 17:52 | 鎌倉歩き | Comments(0)