歩け歩け協会ふれあいウォーク-稲村ケ崎(2012.06.19)

6月19日(火)、鎌倉歩け歩け協会のウォーキングに参加。潮風コースでもなく、里山コースでも、森林コースでもありません。
「月影地蔵から長谷への紫陽花道」、特別コースとか。
月影地蔵も知ってるし、途中の通過地点の八雲神社も笛田公園も稲村ケ崎公園も、成就院、御霊神社も知ってます。ゴール地点の長谷寺だって、もちろん知ってます。
でも参加。どうして?
あのね、笛田公園から打越トンネルを抜けて月影地蔵まで歩くんです。この「打越トンネル」の道を歩いてみたかったのです。だって、このトンネル、通称「おばけトンネル」、「オバトン」って言うんですよ。
鎌倉山からけもの?道を下って月影地蔵経由、極楽寺までの道は前に歩きました。でも、月影地蔵から「おばけトンネル」を抜けて梶原の方に出る道はまだ歩いたことがなかったのです。これはいい機会だわ、と参加することにしました。

とかなんとか、動機はともかく(笑)、今年はまだ成就院、御霊神社、長谷寺あたりのアジサイを見てないので、それも楽しみなわけです。

空模様は台風接近で、曇りですが、あやし~い感じ。(>_<)
雨が降り出す前に、どうぞ歩き終わりますように。

鎌倉駅西口時計台広場集合。出発式です。
この時に、今日は雨が降り出すかもしれないので、ルートを短縮して、打越トンネルから月影地蔵の道はカットするというお話!!!
えぇ~っ??? それはないわ。。。 私、それが一番の目的だったのに。。。 (>_<)

実際、ルートを見た時、笛田公園のあと、打越トンネルを抜けて月影地蔵、とあったので、どうして、ここ遠回りするのかしら、と思ってたんですぅ。。。 (>_<)
ま、仕方ないですね。打越トンネルの道はいつか自分で歩くとしましょう。

気を取り直して、ストレッチ後、10:05過ぎにスタート。
今回も市役所通りをまっすぐ。
e0245404_16104872.jpg
3つトンネルを抜けて、円久寺(秋のコスモスが美しいお寺です)、
e0245404_16111017.jpg
八雲神社前を通過します。
e0245404_16114957.jpg
八雲神社前の信号を渡って、鎌倉山方面に。笛田公園まではだらだらの上り坂です。
e0245404_16134772.jpg
ここでトイレ休憩。
e0245404_16135815.jpg
私、ここ何度目かしら?高台ですが、富士山が見えたこと、一度もありません。残念。
今日は蒸し暑くて、ここまで歩いてきただけで結構汗をかきました。ふぅ~。

つまり、今回は打越トンネルを通らず、私が知ってる鎌倉山からのあの道を通るわけです。
宮崎緑邸と宇崎竜童邸の間の道、しゃがのお宅の前の道を進みます。
e0245404_16174536.jpg
今年、この道、もう何回目かしら??? (笑)
(cf : ガイド協会史跡めぐりへ 2012.01.19 part2)
山道に入る手前。ちょっと開けた場所からの眺望。
e0245404_1616542.jpg
三浦半島方面です。
そして、昔々、松竹の田中絹代さんと歴史学者の服部之総が歩いたという道。
e0245404_1621401.jpg
ただね、最後の辺りで、四差路があるのですが、前は左折して月影地蔵に下りて行きました。まっすぐ進むとその昔、「月影ヶ谷」とよばれた場所。阿仏尼の旧蹟の碑が立っている辺り。今回は右折しました。

これはお初。こんな道がしばらく続いて、
e0245404_16222048.jpg
住宅街に下りました。まっすぐ道なりに歩いて行くと、稲村ケ崎の駅の前です。
e0245404_16223313.jpg
昼食休憩の稲村ケ崎公園はもうすぐ。
空模様、今ひとつで稲村ヶ崎、霞んでます。
e0245404_16224988.jpg
稲村ケ崎からの眺望。
e0245404_1623513.jpg
江ノ島がわかりますか?

お昼休憩の後は、成就院のアジサイ切通、御霊神社のアジサイの小道と続き、長谷寺前がゴール(13:10)でした。

成就院、それから御霊(ごりょう)神社のアジサイの写真は数が多いので、のちほど別にご紹介させてください。

今回のウォーキング、アップダウンは笛田公園から鎌倉山に向かう際と、稲村ケ崎に下りてくる際だけでしたが、思いのほか蒸し暑くめちゃくちゃ汗をかきました。その上、御霊神社辺りで雨が降り出し、(降っては止み、という感じでしたが)少々雨にも濡れました。(>_<) 
ただ、アジサイにはこんな空模様の方が似合うのでしょう。6月の風情を肌で感じたふれあいウォークとなりました。
次回は9月か10月頃からまた参加、と思ってます。
by b_neige | 2012-06-19 17:27 | 鎌倉歩け歩け協会 | Comments(0)
<< 極楽寺 成就院のアジサイ(20... 二階堂 鎌倉宮のアジサイ(20... >>