ガイド協会史跡めぐり-大正ロマン(名邸)(2012.12.03)

12月3日(月)、鎌倉ガイド協会主催の名邸めぐりに参加しました。
「大正100年!鎌倉の大正ロマンを訪ねる」コースです。
さて、どんな大正ロマンなんでしょう。

まずは、鎌倉駅のホームからも見える「ホテル ニューカマクラ」。
e0245404_16485013.jpg
鎌倉で最初のホテルとして知られます。建築年代は大正中期。
大正12年避暑に家族と訪れた岡本かの子が芥川龍之介と出会った場所でもあります。かの子は昭和11年芥川をモデルに「鶴は病みき」を発表し文壇デビューしました。
エントランス。
e0245404_16492982.jpg
これはスウェーデン語(どうして?)でウェルカムだそうです。
建物向かって左手にある柳原愛子(やなはらなるこ)様、お手植えの月桂樹。
e0245404_16495431.jpg
柳原愛子様は大正天皇のご生母だそうです。

ご存知、古我邸。
e0245404_1650882.jpg
鎌倉文学館、旧華頂宮邸と合わせて、鎌倉三大洋館のひとつと言われています。3つのうちでは、一番古く大正5年に建てられました。元々は、三菱財閥の役員だった荘清次郎の別荘で、後に浜口雄幸、近衛文麿らの歴代総理大臣が別荘としていました。現在の持ち主は元カーレーサーの故古我信生氏の奥様。
外観はほんとにイングランド風?貴族の館といった感じです。三大洋館の中でも一番雰囲気があると思いませんか?初めてこのお宅を拝見した時、感激したのを覚えています。
建物は500㎡。敷地は5000㎡。

鎌倉市役所でトイレ休憩。
e0245404_16504037.jpg
ここの紅葉、きれいでした。

さて、次は鎌倉大谷美術館(休館中)の向いにある笹野邸。
e0245404_20422446.jpg
敷地の中に入れていただきました。(ただし、写真はダメ)
鎌倉市役所HPからお借りした画像です。
e0245404_17181970.jpg
東側の玄関脇に洋間があります。写真右、松の陰部分。他はほぼ純粋な和風建築で、建築時期は大正ではなく昭和初期ということです。
建物向って左、離れに別棟で洋館があり、鎌倉佐助サロンとして結婚式などパーティースペースに使われているそうです。
お庭も広く、よく手入れされ、紅葉が美しかったです。

長谷の加賀谷邸。外から拝見するだけでした。
e0245404_16521714.jpg
近くにある長谷子ども会館(旧諸戸邸)とよく似た感じです。

長谷大仏の近辺まで来ました。本日のメイン。旧山本邸です。
e0245404_16524113.jpg
敷地の中に入れていただき、建物(母屋)内部まで見学しました。(ただし、写真はダメ)
ご紹介できないのが残念~。(写真はOKだったんですが、個人的使用に留めるということで、ブログアップは不可なんです。)

南満州鉄道総裁、山本条太郎氏が大正7年に建てた別荘。敷地は約6000坪。建物は約150坪で京都の大工が資材を京都から取り寄せて作った京風建物です。標高40mの高台に立地。海が見えます。素晴らしい眺望でした!また、京風庭園には沢山!のカエデがあり、今は紅葉していて、それはそれは見事としか言いようがありません。
ちょっと1枚だけ、アップします。木だけなら許されますよね。(^^ゞ
e0245404_1653773.jpg
山本条太郎氏とは?
慶應3年、福井に生まれました。
明治5年一家で上京。共立(現開成高校)中退。叔父吉田健三(吉田茂の養父)の勧めで15歳で三井物産横浜支店に丁稚として入社。その後、上海支店長を経て常務取締役に就任するも、大正3年に起きたシーメンス事件で引責、三井物産を辞めます。大正9年には立憲政友会へ入党し、衆議院選挙に立候補。5回当選。昭和2年から4年までは南満州鉄道会社社長(のち総裁)に就任しました。昭和11年没。

建物は昭和31年九鬼氏(ゴマ油の?)に譲渡されました。以降、昭和56年九鬼氏から神霊教に譲渡され、現在に至っています。

お茶室は2ヶ所ありました。一つは九鬼氏が増築したもの。財界人を招いての茶会が開かれていました。(=当時の別荘の役割)

旧山本邸、公開は初めてとか。建物内部の説明は神霊教の方が担当でした。将来は、歴史的価値の在る文化財を見ていただけたらということで定期的な一般公開を考えられているそうです。
大邸宅。でも、何といっても、母屋からの超贅沢な眺望が印象に残りました。忘れること、出来ません。

さて、最後は長谷大仏の裏にある早乙女邸。
e0245404_16533880.jpg
作家、早乙女貢の私邸。平成20年82歳で亡くなるまでここに住まわれたそうです。
残念ながら、外から見るだけでした。早乙女氏ご夫妻にはお子さんがいらっしゃらなかったとかで、今は出版社の関係か「士魂の会」の方々がこちらを管理し、鎌倉文化サロン等毎月、開催されているそうです。
余談ですが、この早乙女邸の向いがシャネル日本法人社長、鎌倉国際観光親善大使でもあるリシャール・コラス氏の私邸でした。(コラス氏にはフランス語スピーチコンテストの際、お目にかかっています。)
ほとんど、車の行き来も無い、大仏裏、行き止まりの閑静な道沿い。途中、高徳院の墓地(作家、吉屋信子さんのお墓はこちらだそうです)がありました。

以上、久しぶりの名邸めぐり。250人の申込みがあったとか。半日コースだったし、参加し易かったかもしれませんね。
ただ、今日は曇り空。雨は降りませんでしたが、手がかじかむ位、大変寒い日でした。(>_<) 
大正ロマンを感じる素敵な名邸、堪能しました。
by b_neige | 2012-12-03 22:40 | 鎌倉ガイド協会史跡めぐり | Comments(2)
Commented by 花音 at 2012-12-04 19:13 x
昨日は、真冬到来を感じる寒さでしたね。このコース、知っていれば参加したかったです。残念!この二ヶ月友人の仕事を
手伝っているので(チョコットですが)出かけられない状態。
1月28日(月)Bコース、参加したいと思案中・・・
小津邸も、見つけたのには感激!
検定の事は、悔しさを抑えて、誤答を公開され、感心しました。
難しいのがよく分かりました。合格ライン迄の得点が取れた
だけで、尊敬します、すごいです!
長寿寺の銀杏、きれいだわ!楽しめました。ありがとう!!
Commented by b_neige at 2012-12-05 16:15
花音さん、お久しぶり。コメント嬉しいです。(^^)
鎌検、応援ありがとうございます。
私、気を取り直して、バージョンアップしますね。(^^)
今、お忙しいんですか?
鎌倉は紅葉が見頃ですよ~。

<< フランスの食文化を楽しむ会(2... 北鎌倉 長寿寺の紅葉(2012... >>