鎌倉宮の紅葉(2012.12.10)

12月も、はや中旬にさしかかりました。京都では雪とか。今年は寒くなるのがほんとに早いです。
11日(火)に友人たちをご案内する下見で獅子舞に行ってみました。
前日下見?(笑) このところ時間がとれなかったんです。(^^ゞ

鎌倉宮まで横着してバス。でも、バスがなかなか来なかった上に、道路の混雑でかなり時間が。。。(>_<)
お昼過ぎで一番混む時間帯だったのかも。

鎌倉宮にちょこっと寄りました。
e0245404_20501572.jpg
鳥居前の紅葉は既に盛りを過ぎていましたが、社務所前のモミジはきれいでしたよ。
e0245404_2151742.jpg
枝ぶりもすごいでしょう?立派なモミジです!
それと宝物館付近のモミジも見頃でした。
e0245404_2155040.jpg
e0245404_21779.jpg
e0245404_216722.jpg
見上げると、ひっくり返りそうになる位大きなモミジの木。大きな木って、それだけで素敵です。

鎌倉宮・・・・・・鎌検公式テキストより抜粋
祭神は大塔宮護良(おおとうのみやもりなが)親王。大塔宮とも呼ばれる。
1869年(明治2)、護良親王の遺志を後世に伝えることを望んだ明治天皇の勅令により創建された。鎌倉宮の名も天皇自らつけられた。
1333年(元弘3)に足利尊氏や新田義貞らによって鎌倉幕府は滅びたが、足利尊氏と対立した護良親王は、捕らえられて鎌倉で討たれた。本殿の裏には、親王が幽閉されたという土牢が残されている。

また、1959年(昭和34)から始まった毎秋恒例の「鎌倉薪能」は古都鎌倉を代表する催しの一つです。

手水舎のたまり水の中に散りモミジが。
e0245404_2174624.jpg
往く秋がほんとにお名残惜しいです。

さぁ、獅子舞へ。
by b_neige | 2012-12-10 21:10 | 鎌倉歩き | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 獅子舞の紅葉(2012.12.... 久しぶりの映画鑑賞(2012.... >>