梅見月半ばの浄妙寺(2013.02.16)

16日(土)、少し時間が出来たので、鎌倉へ。
来週は何やかやで、多分22日の金曜(フランスの食文化を楽しむ会)しか鎌倉に行けないと思うので、その分がんばって出かけることにしました。

最初に荏柄天神社に寄り、次に浄妙寺へ。
天神さまの梅と浄妙寺の節分草、石窯ガーデンテラスのお庭に咲くマツユキソウ(待雪草)=スノードロップがお目当てです。
今日は、一日中晴れ間が広がるということでしたが、北風が冷たいこと。まだまだダウンコートが手放せませんね。

天神さまの梅は、part2でご紹介することにして、まずは浄妙寺から。

山門前の白梅はまだこんな具合で一輪か二輪咲いているだけでした。
e0245404_1840062.jpg
でも、参道脇の梅はもう見頃です。
e0245404_18402273.jpg
山門をバックに。
e0245404_18411785.jpg
どっちも素敵!

お目当ての節分草です。
e0245404_184226.jpg
e0245404_18422654.jpg
今年は去年に比べて、数が少ないような。。。しかも、道端に近い場所には咲いてないんです。植え込みの中の方。
とっても小さい花だから、カメラの倍率がないと今いちなんですよ。(私のレンズじゃ、ちと苦しい)
e0245404_18425157.jpg
ちょっとピントが甘かった~。(>_<)
e0245404_18433358.jpg
あまりきれいに撮れなくてごめんなさいね。
節分草は、キンポウゲ科の多年草。5cmほどの草丈です。花は2cm位の大きさかしら。
清楚で可憐。ほんとに早春の妖精ですね。見とれてしまいます。

さて、次なるお目当てはマツユキソウ。
今日は冷たい風が吹く一日ですが、ガーデンテラスのそこかしこで咲き始めています。
e0245404_18441764.jpg
草丈は水仙よりはるかに小さいです。
e0245404_18444465.jpg
e0245404_18445346.jpg
うつむき加減の花姿がなんとも可愛いくて素敵!マツユキソウ(待雪草)という名称にも魅かれますね。なんとヒガンバナ科なんですって。

春に先駆けて咲く小さな花々。今年も出会えて嬉しいです。

ガーデンテラスから下の浄妙寺境内に下りる際、久しぶりに散策路を通りました。
ここのマンサクはこんな種類。
e0245404_18451499.jpg
そして、赤いマンサクがあったんですよ。
e0245404_18453439.jpg
これは発見でした!知らなかった。
e0245404_18455713.jpg
写真撮ってたら、東慶寺にもあるよ、と教えて下さった方が!へぇ~、それもこれまで気がつかなかった。覚えておこう!

今日の締めくくりは、「れのかまくら」。
カレーパン(キーマカレー風?で美味~)を食べながら、れいこさんとおしゃべりし、帰宅の途につきました。
花音さん、れいこさんは花音さんのこと、覚えておいででしたよ。(^^)
by b_neige | 2013-02-16 19:05 | 鎌倉歩き | Comments(4)
Commented by れの かまくら at 2013-02-16 20:40 x
きょうはありがとうございました。早速、ブログを見せていただきました。
素敵なブログですね。即、お気に入りに追加です(^^)
鎌倉のいろいろがわかってとても楽しいです。
マツユキソウの花、かわいいですね。
春は確実に近づいているのですね。
写真もとてもいいです!!
これからも楽しみにブログを見ますね。
Commented by 花音 at 2013-02-17 00:19 x
昨年の今頃、節分草が見たくて寒い中、出掛けた事を思い出しました。
その時は、上まで行かなかったので、待雪草は、見なかったし、
まんさくの赤も見過ごしました。
今日、鎌倉に行きたかったのですが、耳が痛くなるほどの寒さの為
中止に。出かけていたら、どこかで偶然お目にかかれたかも・・・ね!
・れのかまくら・さん、私の事が記憶にあったそうで、うれしいです!
報告をしてくださり有難うございました。



Commented by b_neige at 2013-02-17 20:56
「れのかまくら」さん、無茶々園の手作りマーマレード、美味し~い。
サラサラっとしているのも好みだし、おっしゃっていたように、甘さ控えめでほろ苦いところ、気に入りました!
また、伺いま~す。(^^)
Commented by b_neige at 2013-02-17 22:54
花音さん、ほんと 春は名のみの風の寒さや~♫ ですね。
本格的な春が待ち遠しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 梅見月半ばの荏柄天神社へ(20... 今泉からビブリアロケ地(通称へ... >>