扇ガ谷 浄光明寺のタイサンボク(2013.06.06 part3)

浄光明寺のタイサンボクは山門を入って右手。不動堂に向う参道入口にあります。

菩提樹に負けず劣らず、こちらも大きな木ですよ。
e0245404_8512470.jpg
そして、タイサンボクの花、有志会のリーダーから伺った通り、見やすい位置で咲いてくれていました。
e0245404_851571.jpg
タイサンボク

木蓮(もくれん)科。学名:Magnolia grandiflora
(Magnoliaはモクレン属、grandifloraは大きい花の意)
Magnolia(マグノリア)は、18世紀のフランス・モンペリエの植物学教授Magnol さんの名前に由来するそうです。
開花時期は、6月。
北アメリカの東南部原産。明治初期に日本へ渡来

白い大振りの花。
e0245404_8522493.jpg
タイサンボクも優雅ないい香り~。
背丈がかなり高くならないと花が咲かないとか。だから通常は花は随分高い所で咲き、香りが確かめられないんです。浄光明寺のは、下に枝があるので花の様子がよく観察出来ます。

蕾。
e0245404_85159100.jpg
e0245404_8524771.jpg
なんだか電球玉みたい。(笑)

不動堂に向う通路沿いには柏葉アジサイが見頃でした。
e0245404_8534073.jpg
e0245404_8534780.jpg
ガクアジサイはあともう少し。
e0245404_854260.jpg
このセイヨウアジサイはなかなかの色づきです。
e0245404_8541355.jpg
楊貴妃観音脇の清楚なアジサイも見頃でした。
e0245404_9105520.jpg
浄光明寺は、武家の古都・鎌倉の世界遺産申請の際、候補に入れられていた由緒あるお寺です。秋口のハギ・彼岸花がきれいで、これまでは、その頃しかおじゃましていませんでしたが、6月の菩提樹・タイサンボクも見逃せなくなりました。(^^)

週末の他、木曜には上の境内にある阿弥陀三尊像も拝観することが出来るし、この時季、是非におススメしたいお寺の一つです!
by b_neige | 2013-06-08 22:20 | 鎌倉歩き | Comments(0)
<< にほんごの会 日本語講座(20... 扇ガ谷 浄光明寺の菩提樹(20... >>