ラングの学習(2013.06.28)

e0245404_20485050.jpg
もう6月下旬ですよ~。
昨日は夏休み前の最後のフランス語レッスンでした。
こんな日本語の文があります。
- 仕事がこんなに沢山あるんです。忙しくないわけがありません。

これって、どんな状況での文章なんでしょう?
私たちは日本人なので、この文を読んだだけで、あぁ、誰かがこの人に、時間ある?とか、忙しい?とか尋ねて、その答えかなと思いますよね。だから、このものの言い方だと、ちょっとご機嫌斜めというか、皮肉っぽいというか、その類のニュアンスを感じるわけで、ところがフランス人の先生には、そこら辺りがこの一文だけではどうにも理解に至らず。。。(笑)

もう一つの文
-手紙を出し忘れていたと父は言った。いくら待っても届かないわけだ。

この文も、私たちは一読しただけで、父からの手紙が自分のところに届かない、と解釈出来ます。でも、フランス人の先生には難しい。「いくら待っても、って、待っているのは誰?」、「父はどこにいるの?」と状況補足が必要です。

C先生はもう長いこと日本にお住まいでもしかしたら、ご自分で日本人と同じと思ってらっしゃるかもしれない。(奥様によると。笑)
でも、日本人にはなりきれてないようで。。。(そりゃあそうでしょう)

ラング(=langue)って奥が深いですねぇ。
それぞれの文化が土壌になって特色が出るという。そこが魅力的。
だから、世界が一つのラング(英語)になっていくのには利便性はあっても、異議ありです。
ラングについてよく考えてみなくっちゃ。
違うラングを学習することは、違うものの見方を学習するってこと。
夏休み目前で既に気も頭も緩んできていますが、C先生のフランス語レッスン続けようって、それは何時も変わりません。は~い。058.gif

画像はシロツユクサ(6/18 円覚寺塔頭松嶺院にて)。ムラサキはよく見かけるけど、これ、珍しいですよね。
by b_neige | 2013-06-29 08:51 | フランス語、IBS関連 | Comments(2)
Commented by ぽっきゅる at 2013-06-29 15:57 x
日本語は、意訳の幅が広いので悩みます。
私が直面したのは…
仏「仕事が忙しいのですか?」
ぽ「おかげさまで」
仏「?」

「おかげさまで」で特定の人ではないし、かと言って「世の中」を当てたら微妙だし。何がBestな回答なんでしょうか?
Commented by b_neige at 2013-06-30 00:38
勉強熱心なぽっきゅるさん、こんばんは。(^^)

「おかげさまで」とか、そういうぼかす表現、日本語ではよくありますが、フランス語ではねぇ。。。(>_<) Grâce à vous? 何かヘンじゃない?

フランス語を話す時って、フランス語で考えるから、個人的にはその言葉使ってないような。。。

フランス人って、数字好きだし、具体的に仕事はこれ位ありますよ~、なんて答えてあげると、すごく納得してくれると思います。がんばって。❤
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 明治神宮 第25回全国大学弓道... 新横浜 フランス料理レストラン... >>