歩け歩け協会ふれあいウォーク-砂浜伝いに江ノ島へ(2013.07.02)

さぼっていた歩け協会のウォーキングに参加しました。
夏休み(8月)前はこれが最後だそうです。
コースは、鎌倉駅から若宮大路を海に向い、どんつきの滑川の交差点で浜に下ります。稲村ケ崎経由、途中七里ヶ浜では、昼食休憩の為、いったん海を離れますが、午後は再び、海辺に戻り、砂浜伝いに江ノ島へ。
10kmのふれあい潮風コース。参加163名。

西口広場でストレッチ&会長さんのお話を伺って、出発です。
朝から真夏を思わせる青空。陽射しを遮るものが何もない海辺は暑いんじゃないかしら、やめておいた方がよかったかしらと、この期に及んで雑念が。。。(笑)

若宮大路を海方向へ。
e0245404_21125474.jpg
そして、由比ヶ浜の海岸から波打ち際を歩きます。
e0245404_21134328.jpg
そうそう、鎌倉の海開きは例年7月1日でしたが、今年は7月9日(火)。後ろにずれたんです。ほら、7月初めはまだ梅雨が開けていないし、学校の夏休みもまだでしょう。人出はそんなにないだろうし。加えて、最近は残暑が厳しく、また長く、そういう諸事情を考慮してのことと思います。
(ちなみに江ノ島、片瀬東・西浜・鵠沼の海開きは7月1日(月)、お隣、逗子海岸は6月28日)

ただ、今日は天気もよく、由比ヶ浜の海岸には既に何組かの海水浴のお客さまが。
e0245404_21134949.jpg
幼稚園のママさんグループ?賑やかそう。
e0245404_21144194.jpg
写真を撮っていると、思いがけず大きな波がきているのに気がつかず、海水に浸かってしまいます。この時点で左足、1回浸かりました。早っ。(>_<)
砂浜は坂ノ下海岸まで。いったん国道134の脇道(歩道)に上がります。
源実朝の和歌記念碑がある、海浜公園の入口にデイゴの花が咲いていました。
e0245404_21143449.jpg
真紅でパッと華やか。アップで撮りたかったけど、時間ありません。残念。

稲村ケ崎がもう目の前。
e0245404_21153029.jpg
e0245404_2115814.jpg
公園でトイレ休憩をはさみます。黄色のカンナが素敵でした。
e0245404_21155557.jpg
夏らしい色合い。
アジサイも終盤ですが、なんとかまだ見られます。
e0245404_21155336.jpg
逗子開成の生徒達のボート遭難碑(ブロンズ像)と江ノ島。
e0245404_2116364.jpg
ここから、また再び海に下ります。
e0245404_21162669.jpg
お気づきになりますか?赤潮?(赤い波)が発生しています。鎌倉の海で初めて見ました。
e0245404_21171393.jpg
不気味な色ですね。海に入りたくなくなっちゃう。(>_<)
*追記: 3日TVでプランクトンによるものと聞きました。珍しい現象とか。夜は青白く光るとも。
e0245404_211754.jpg
この稲村ケ崎から七里ヶ浜までの海岸で感じたことは、砂が深くて、すごく歩きにくいということ。材木座・由比ヶ浜と全然違う。結構足をとられます。それがいやで波打ち際を歩くと、やっぱり、時折大きな波が打ち寄せて避けきれずに浸かってしまうという。。。(>_<) 
やれやれ~。
でもね、海のにおい、波の音、それはすごく心地よかったです。

七里ヶ浜でいったん海を離れます。
海を背中に、鎌倉プリンスホテル脇の坂道(スラムダンクのモデルになったという鎌倉七里ヶ浜高校横の坂道)を登りつめ、(これは街路樹、ヤマモモの実)
e0245404_21175873.jpg
昼食休憩の為、浄化センターへ。(途中の民家の庭先)
e0245404_21174336.jpg
浄化センターは広町緑地の七里ヶ浜口にあたります。だから海からは結構距離があって、砂浜を歩くのに疲れた足には少々堪えました。
プラス、浄化センターでは日陰がない広場でかんかん照りの下、昼食。
湿度はなく、カラッとしているのですが、陽射しがきつかったこと~。(+o+)
今年初めて、本格的な夏を感じました。
続く。
by b_neige | 2013-07-03 07:10 | 鎌倉歩け歩け協会 | Comments(0)
<< 歩け歩け協会ふれあいウォーク-... 明治神宮 第25回全国大学弓道... >>