鎌倉駅の発車メロディー(2013.07.12)

e0245404_14352468.jpg
画像は大巧寺の桔梗。(7/9)

今月2日に鎌倉歩協のウォーキングで鎌倉駅に降り立った際、気がついたのですが、7月1日より
鎌倉駅の発車メロディーが変わりました。文部省唱歌「鎌倉」です。それもフルート演奏の。
*文部省唱歌とは、1910年(明治43年)から戦前、1944年(昭和19年)までの音楽の教科書に掲載された楽曲。

ネットで歌詞を検索しました。

文部省唱歌「鎌倉」   作詞:芳賀矢一、作曲:不詳

1 七里ヶ浜(しちりがはま)の磯づたい         5 若宮堂(わかみやどう)の舞の袖
  稲村ヶ崎(いなむらがさき)名将の             しずのおだまきくりかえし
  剣(つるぎ)投ぜし古戦場                  返せし人をしのびつつ

2 極楽寺坂(ごくらくじざか)越え行けば        6 鎌倉宮(かまくらぐう)にもうでては
  長谷観音(はせかんのん)の堂近く           尽きせぬ親王(みこ)のみうらみに
  露坐(ろざ)の大仏おわします               悲憤の涙わきぬべし

3 由比(ゆい)の浜辺を右に見て            7 歴史は長き七百年(しちひゃくねん)
  雪の下道(したみち)過ぎ行けば             興亡すべて夢に似て
  八幡宮の御社(おんやしろ)                英雄墓は苔むしぬ

4 上(のぼ)るや石のきざはしの             8 建長(けんちょう)円覚(えんがく)古寺の
  左に高き大銀杏(おおいちょう)              山門高き松風に
  問わばや遠き世々(よよ)の跡              昔の音やこもるらん

1番の歌詞 : 新田義貞の鎌倉攻め(稲村ケ崎で龍神に祈りを捧げ、海に太刀を投げ入れる)エピソードが唄われています。

5番の歌詞 : 義経の愛妾・静御前が、鶴岡八幡宮で、頼朝・政子夫妻を前に、義経を恋い慕う気持ちを歌に託して舞を披露したエピソードが唄われています。
           吉野山峰の白雪ふみわけて入りにし人の跡ぞ恋しき
            しづやしづ賤(しず)のをだまきくり返し昔を今になすよしもがな

6番の歌詞 : 護良親王は後醍醐天皇の皇子。鎌倉幕府の討幕に功績があったものの、足利氏との抗争に敗れ政治生命を失い、土牢に幽閉された後、足利直義(尊氏の弟)の部下・渕辺義博によって殺されました。
この土牢の場所に明治2年、護良親王を偲び、明治天皇が鎌倉宮を創建したわけで、このエピソードが唄われています。

なんとなんと、8番まで歌詞があるなんて。。。びっくり。(1番の歌詞だけは知っていました)
結構、鎌倉の各名所が織り込まれているし、レトロだけど、最近は昭和の懐古調ムードがうけてるしで、鎌倉駅にはぴったりなのでしょう。
私はやっぱり、1番の歌詞が好き。皆さんは?
この歌が作られた時の鎌倉と今の鎌倉。かなり感じは違いますね。鎌倉在住の友人によると、昔(3、40年前)は鎌倉駅に降り立つと空気も違ったそうです。
いにしえの鎌倉。。。郷愁をそそられる歌です。

ご参考までに、フルート奏者は吉川久子さんという方。
鎌倉観光協会と鎌倉商工会議所よる歌詞プレート(真ちゅう製 縦36.4cm横51.5cm)が鎌倉駅に飾られています。
e0245404_17341084.jpg
場所はホーム駅事務所2番線側(東京方面)の壁面。
by b_neige | 2013-07-12 17:36 | 鎌倉歩き | Comments(4)
Commented by 花音 at 2013-07-13 22:25 x
私が小学生の頃から良く歌った歌詞は、なんと8番でした!
1番も覚えていましたが、こんなにあったとは知りませんでしたわ。
10日、友人のシャンソンを聴きに(パリ祭)藤沢へ、帰りに鎌倉に
行く予定でしたが、猛暑の為断念。当分、行く気になれません。
お元気なb_neigeさんですが、どうぞ、ご自愛下さい。
Commented by b_neige at 2013-07-14 00:05
花音さ~ん、こんばんは。(^^)
8番ご存知だったんですか?禅寺の感じが出てて素敵な歌詞ですよね。8番まであるなんて、ほんとにスゴイ~。

シャンソン!あら、私もご一緒したかったです。
唄うのはヘタクソでダメですが、聴くのは大好き。(^^)

夏、長そうですねぇ。
先日も友人をお誘いしたのですが、暑さに弱いのでと。。。(泣)
先日、歯痛がでましたが、夏バテはまだです。♪
Commented by 名無し at 2013-07-22 22:37 x
あの~、駅メロとしては、暗すぎると思いませんか?朝の出勤時に聞かされると、モチベーションが下がると評判悪いです。フルートというのも、陰気な響きで。。。美しいと言う人もいるかも知れませんが、コンサート会場じゃないんですから。公共の場である駅の、発車音楽は、もっと明るくてあっさりとした、むしろ電子音楽のほうがふさわしいと思います。元に戻して欲しいです。
Commented by b_neige at 2013-07-22 23:18
鎌倉駅の発車メロディー、朝の出勤時に聞くのは暗すぎると評判芳しくないようですね。
改悪だったとも。(>_<)
歌自体はいい歌と思うのですが…。
よし、今日も頑張ろうという時に、毎朝あの歌に送り出されるというのは、おっしゃる通りちょっとテイストが違うのかもしれません。
経過観察というところでしょうか。
ご意見、ありがとうございました。

<< フラワーセンター大船植物園-早... 小町 本覚寺のハス(2013.... >>