ガイド協会史跡めぐり-報国寺での坐禅体験(2013.07.24)

鎌倉ガイド協会主催の半日コース、「竹の庭に涼を求め、禅の心を学ぶ-報国寺での坐禅体験-」に参加してきました。

鎌倉駅東口の交番前に着いたのが9:15頃。集合は9:00~9:30だったから、決して遅くはないと思うのですが、最終グループでした。(5人しかいませんでした)
今回はバスで浄妙寺入口下車。そこから華の橋(報国寺の先にある旧華頂宮邸建設の際、名付けられました)を渡って、報国寺までは徒歩2、3分です。
e0245404_17284249.jpg
報国寺に先に着いていたグループはお寺の説明やら聞きながら、全グループ揃うまで待機という形。全グループ揃ってから、禅堂である迦葉堂(かしょうどう)に入ります。(総勢50名ほど)
e0245404_17284528.jpg
e0245404_17362527.jpg
靴を脱ぐ際、靴下も一緒に脱ぎ、靴の中に。坐禅は素足です。
私物は定められた場所に固めて置き、身ひとつでとりあえずは座布団が置かれているところに坐り、和尚さまの坐禅についての説明を伺います。

まずは、「調身」といって、型を整えることから。組んだ足の一方をもう一方の膝の上に。(すでにこれがきちんときれいにはできません)更に、もう一方の足もあげるのですが、これはまず無理ということで、片足のみの半跏趺坐の形。両膝が座布団に接するように固定ということで、二枚目の座布団を半分に折り腰の下に入れて各々高さを調節。背筋・首筋をのばして目線は半眼。右手の上に左手を重ね、親指の先を軽く付けて、正面から見た時に、きれいな楕円になるようにします。(法界定印=ほっかいじょういん)
次は「調息」です。鼻から短く息を吸って、1から10まで数える気持ちでゆっくり、長く息を吐いていきます。この世での最後の息というように意識するとよいそうです。丁寧にゆっくり。
最後は「調心」。穏やかに心を整えます。

いよいよ坐禅開始です。拍子木の音が何回か鋭く鳴り響きます。ビクッとする位の音。
動かないように、姿勢をビシッと決めてひたすら呼吸に集中します。初心者はほかの事を考えない為にも、呼吸のことだけに意識を集中させた方がよいのだとか。
和尚さんが時折廻ってきては、姿勢矯正を指導してくれます。(私は一度もありませんでしたよ)

かれこれ20分ほどで、再び拍子木が鳴って、一旦2、3分の休止。この間、足を組み替えたりします。
そして、ほどなく2度目の坐禅。2度目は30分ほど。

私は初回の坐禅は緊張もあって、あっという間に過ぎてしまい、えっ、もう20分経ったの?という具合でしたが、2度目の坐禅は、昨晩の寝不足からか、後半眠くて仕方ありませんでした。眼を瞑ってはいけないそうです。眼を瞑ると、てきめんに睡魔に襲われるとか。本当は半眼なのがいいそうですが、そんなときは眼をカッと見開いて気合をいれるのだとか。
坐禅の後、足はやっぱり痛いです。すぐには動かせないくらい。。。でも、足の痛みを超えて得るものがあるからこそ、この「坐禅」の歴史が続いているのでしょう。
私の左右に座られたガイドさん方は微動だにしない見事な坐禅でおみそれしました。
全くの初心者の私、最後に拍子木が鳴った時、嬉しかったです。

坐禅体験の後はその場で、和尚さまのお話を伺い、質問などの時間がありました。
お話は、坐禅をする前と後では見えてくる景色も違うということ。これまで各々のフィルターを通してしか見ていなかった景色がまっすぐに心に訴えかけてくるということでした。(果たして。。。そうありたいものです)続けることが大事とも。
坐禅には臨済宗と曹洞宗の型があり、臨済宗は向かい合って並ぶのに対し、曹洞宗は壁に向うこと、また、臨済宗の座布団は四角い形なのに対し、曹洞宗は丸い座布団を使うなど、へぇと思うことも教えていただきました。ただし、形は違っても、坐禅によって求める心は同じだそうです。
(鎌倉では臨済宗が目立ちますが、全国的には曹洞宗のお寺の方がはるかに多いのだとか。代表格は総持寺や永平寺)

立ち上がって、自分が坐禅を組んでいた場所(座布団)に合掌一礼。堂内の皆さんに合掌一礼して、外へ。

最終グループは、まっすぐ禅堂に入り、お寺の説明など伺っていなかったので、ガイドさんに付いて境内を歩きます。
報国寺の竹の庭へ。
これは、その入口にある北山杉(京都市北部から産する杉)。
e0245404_17454748.jpg
e0245404_173133.jpg
2本あります。
e0245404_17312429.jpg
株立ち状に複数の細い幹が天を突くように伸びていく様が美しいことから、(観賞用に好まれて)庭園に使われるそうです。
これまで知りませんでした。

この一角にある木下利玄の歌碑。
e0245404_17313777.jpg
明治・大正期に鎌倉大町に住み、白樺派の歌人として活躍しました。
   あるき来て もののふ果てし 岩穴の
          ひやけきからに いにしえおもほゆ

孟宗竹の庭。
e0245404_1732149.jpg
今日は雲が立ちこめてはっきりしない空模様ですが、竹林はやはりスキッとした感じがありますね。(坐禅のあとだからでしょうか?)
本殿裏の石の庭脇にはハンゲショウが見事でした。
e0245404_1732899.jpg
めったに出来ない坐禅体験。初心者向けでいい企画だったと思います。
気持ちシャキーンとしてほどよい疲れが残りました。
by b_neige | 2013-07-24 20:33 | 鎌倉ガイド協会史跡めぐり | Comments(0)
<< 日本語集中レッスン2013夏(... 北鎌倉 「鉢の木」新館(201... >>