朝夷奈切通のやぶみょうが(2013.08.17)

夏休みの日本語集中レッスン、第2週まで終了しました。これで半分消化です。
今週出番は月・火・金でしたが、レッスンのない日も、気になり、結構疲れた1週間でした。あとは第4週目。でも、第4週目に予定が入っていた鎌倉観光案内!、なんと生徒さんの都合で(会議)、キャンセルになったんです~。(>_<)
ただ、そうじゃなくても、東京からはるばる鎌倉にお越しいただくのがはばかられるようなこの暑さ!!!(>_<)
建長寺と大仏さまの高徳院、長谷寺をご案内予定でしたが…。
5年日本に滞在予定ということだから、考えてみれば、今じゃなくても、つまりわざわざこの季節じゃなくてもいいですよね。と言うわけで、鎌倉観光案内、延期です。(ちょっとプレッシャーだったから、その分少しやれやれ~という感じも。笑)

ついでと言っては何ですが、もう少し生徒さんのことお教えしましょうか。40代ということでしたが、フタを開けてみれば30代の方でした。午前中3時間、午後3時間の日本語レッスン、とっても真摯な態度で臨まれています。投げやりなところがありません。一昨日にはご家族も来日され、引越し荷物も到着して、新たな赴任地での生活を着々と築かれています。ご家族がいらっしゃってからは、お顔も、お声も明るくなったような。(笑) 日本での5年間が楽しく実り多い年月になればと思います。

さて、私の方、久しぶりの鎌倉歩きですよ~。(^^)
8月に入って、朝夷奈切通の「やぶみょうが」の群生を見に行きたいとずっと思っていました。
やっと本日行って参りました。早速、ご紹介しますね。

朝夷奈切通、十二所方面からの入口です。
e0245404_16131594.jpg
鎌倉の七切通の中で当時の面影を最もよく残しているそうです。
鎌倉と金沢(六浦)を結ぶ「塩の道」でした。(約1kmの山道)
画像、右側に碑が見えています。鎌倉幕府の侍所の初代別当(長官)であった和田義盛の三男・朝比奈三郎義秀が一夜にして切り開いたとの伝承があり、朝夷奈切通と呼ばれることになった経緯等、説明があります。画像には写っていないのですが、碑の右側に小さな滝(三郎の滝)があって、せせらぎの音が涼を誘っています。

切通両側、随所に玉アジサイが咲いていました。
e0245404_16144348.jpg
e0245404_16145064.jpg
写真を撮っている間に、どこかの歩く会?の方々に次々に抜かれました~。
e0245404_1615729.jpg
20人位のグループでした。逗子まで歩かれるとか。

作業されている鎌倉風致保存会の方々にもお会いしましたよ。
e0245404_16155573.jpg
こうやって伸びすぎた下草を刈って通りやすいように整備して下さっているんですね。暑い時なのに、申し訳ない思いです。

切通には湿った足場が悪い場所もあるし、やぐらなども見受けられます。
e0245404_16162368.jpg
しばらく歩くと、熊野神社方面への分岐点があり、そこを曲がります。杉の木立が出現。ちょっと箱根っぽい?(笑)
e0245404_16164739.jpg
ここでも玉アジサイが見頃でした。
e0245404_16165995.jpg
もう一度分岐点があって、
e0245404_16171942.jpg
ここを熊野神社方面に向うと、両側にやぶみょうがの群生が広がる、美しい景色になります。
e0245404_225444.jpg
e0245404_2255386.jpg
きれいでしょう?
ただね、1週間遅かった!やぶみょうがは白い花をつけるのですが、もうほとんど、黒い実になってしまっています~。(>_<)
e0245404_2263775.jpg
e0245404_16182599.jpg
仕方ないわね~。
これは熊野神社。
e0245404_16185464.jpg
とっても素敵なロケーションでしょう?
(拝殿は平成元年に新しく造られました。)
源頼朝が鎌倉の鬼門である朝比奈峠に熊野三社大明神を勧請し、この切通開拓にあたって、三代目執権・北条泰時が守護神として社殿を建立したと伝えられています。

お参りを済ませて、さて、ここからまた、朝夷奈切通の分岐点まで戻ります。
反対側のアングルで「やぶみょうが」を。
e0245404_2273815.jpg
そして、分岐点から本来の切通を振り返るとこんな具合です。
e0245404_16192521.jpg
切通の雰囲気あるでしょう?そして、この先の道はこんな風。
e0245404_2281542.jpg
右手にやはり「やぶみょうが」の群生が見えます。こちらの群生はまだ少し白い花が残っていました。
e0245404_1620066.jpg
e0245404_229438.jpg
「やぶみょうが」って、葉っぱが茗荷に似ているから、そういう名前なんだそうです。

ここを抜けるとじきにバス道が見えて、朝夷奈切通、終了です。
e0245404_16202662.jpg
夏は初めてでしたが、木陰の道だし、風も通り抜けていて、思いがけず涼しく快適!ただ、上り下りで汗は出ますけどね。(笑)

皆さんは、鎌倉七口でどの切通がお好きかしら?
私はここと大仏切通かな。また、秋の紅葉の時、来てみようと思います。
by b_neige | 2013-08-17 16:57 | 鎌倉歩き | Comments(2)
Commented by 花音 at 2013-08-18 11:33 x
やぶみょうが、すご~い!知りませんでした。私、朝比奈切り通しは
行った事が無いのです。涼しくなったら行く所のナンバーワン候補に
しました。あの黒い実も好きですが、白の花が一面もいいですね。
Commented by b_neige at 2013-08-18 21:39
花音さん、そうなんです。白い花一面!また来年のお楽しみです。

十二所側から歩くと、朝比奈バス停に出ます。
ただね、バス、なかなかこないんですよ。この日も、炎天下で15分待ち。ここでどっと汗をかきました。(T_T)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 大町 本興寺のサルスベリ(20... 御成町ギャラリーヨコ 横山隆一... >>