中秋の名月(2013.09.19)

中秋の名月って、実は満月とは限らないそうなんです。ご存知でした?

中秋とは旧暦の秋(7月、8月、9月)の真ん中の日を指す言葉で、旧暦の8月15日に当る日。一昨年、昨年、今年は連続で満月でしたが、次に中秋の名月が満月と重なるのは、なんと8年後なんですって。この間決まったばかりの東京オリンピック2020の更に1年後。だから、昨晩の中秋の名月は眺めてておかなくっちゃいけない貴重な満月でした。幸いにも、台風の後で全国的にもきれいに見えたところ、多かったのでは。
写真をアップしたいところですが、私のカメラレンズ&技術ではまだまだ無理。(+o+)

代わりに?お供えのお団子、アップしま~す。♪
e0245404_13639.jpg
私の月見団子は簡単に白玉粉で作っています。
本来なら、五穀豊穣に感謝するお月見なので、お米で出来ている上新粉を使うべきなんだろうけど、まっ、いいですよね。(^^ゞ
我家では、みたらし餡にしたり、小豆餡にしたり、ハチミツだったり。

そうそう、関東では白くて丸いのがポピュラーですが、大阪以西だとあんこがつくんですよね。お月様が雲間から見え隠れするっていう感じ?初めて見た時、へぇ~って感心しました。名古屋だと、白・ピンク・茶色の三色とか。色々違っておもしろいです。

暑さ寒さも彼岸まで。日中はまだ暑いですが、朝夕はめっきり涼しくなってきました。
天高く馬肥ゆる秋?気をつけなければ。。。もちろん、私です。
by b_neige | 2013-09-20 18:05 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 藤沢市遠藤 小出川の彼岸花(2... 海蔵寺山門前のハギ(2013.... >>