山崎の切通し-面影を求めて(2014.05.30)

鎌倉の七切通は、亀ヶ谷坂切通、巨福呂坂切通、仮粧坂切通、名越切通(鎌倉‐三浦)、朝夷奈切通(鎌倉‐金沢=横浜)、大仏切通、極楽寺坂切通になります。三方を山で囲まれた鎌倉の出入り口として整備されました。
これ以外にも、切通はあるんですよ。
鎌倉の中を結ぶ、釈迦堂切通。六国見山へのルートとなる高野の切通と長窪の切通。青蓮寺付近の谷戸坂の切通=えのしま道(男坂・女坂)。
もう、これで全部かなと思っていたのですが、「山崎の切通」なるものがあるそうです。
それで、さっそく歩いてみることにしました。

場所は北鎌倉の山崎小学校近辺。台(地名)の神明神社を正面に見て左の道だそうです。
もっとも片側しか残っていない切通とかですが。
久しぶりに台峯の散策もしたいし、お天気にも誘われて、小袋谷の交差点から散策開始~。
e0245404_16223974.jpg
この信号から左の細い路地に入っていきます。
e0245404_16225815.jpg
昔のえのしま道だったそうですよ。
右へ右へと歩いて行くと、ほら、台の神明神社(台下町の鎮守)が見えてきます。
e0245404_16233093.jpg
石段の下に庚申塔があるでしょう?それに、「左江ノ島道」と刻まれています。
散策、始めたばかりで元気なものですから、石段を上りお参りを。
e0245404_16244189.jpg
そして、左の道へ。
つまり、切通がえのしま道となっていたんですね。
手前に喫茶店があるのですが、そこから右側に切通の面影が残っています。
e0245404_16251330.jpg
緑が生い茂っているから、ちょっと判りにくいかしら。こんな感じ。
e0245404_16252971.jpg
昔は狭くてくねくねした切通だったんですって。今は、右側の崖だけ、断片的に残されています。
左側には鎌倉三大緑地の一つ、台峯の山。

ただ、あれぇ、ここも前に来たことがあるって、思い出しました。昔、ガイド協会の史跡めぐりで台峯~大仏切通を歩いたことがあって、その時は、台の稲荷社から台峯に入ったのですが、途中、魯山人の窯跡に寄る為、一旦山崎に下りたんです。その場所。
画像、奥の山からその時、下りて来た道です。
e0245404_16275014.jpg
ちょうど、先程の崖の切通しが途切れた場所に出てきます。

さて、山崎の切通。この先ですが、やや上りになります。途中、右手、大規模なマンション!そして、下りにさしかかる場所にまた、切通の面影が。
e0245404_16283667.jpg
向こう側に山崎小学校が見えています。
道はぐるっと曲がります。右側は、変わらず切通風。
e0245404_1761815.jpg
小学校のフェンス側から右側の切通を。
e0245404_16295459.jpg
昔は有名な切通しだったそうです。残念ながら開発の波に飲み込まれてしまったようで。。。
雰囲気、ほんの少しだけ、残っていましたね。これでよしとしましょう。

さて、この道を道なりに。
e0245404_1630492.jpg
この右側も切通っぽい感じね。
途中、魯山人邸跡をスルーして、台峯入口です。久しぶり~。
e0245404_16302232.jpg
続きます。
by b_neige | 2014-05-30 17:09 | 鎌倉歩き | Comments(2)
Commented by ヒロリン at 2014-05-30 19:08 x
わー懐かしいです。
私、よせばいいのに、この台峯入口からの道、
雪が積もっている時入りました。

もう1度、雪のない時に(笑)行ってみたいです。
Commented by b_neige at 2014-05-30 22:52
台峯、どのシーズンに訪れても、素敵ですよ~。
<< 久しぶりの台峯散策(2014.... 秘密の場所へ(後半)(2014... >>