東京都美術館 若冲展(2016.05.02)

東美の若冲展に行ってきました。
e0245404_23351950.jpg
チケットは持っていたのですが、並びました~。最後尾90分待ちのプラカードが出ていて...。(+o+)

先週、TVで関連番組もあったし、評判なんですね。混雑必至。でも、並んでみると、さすがに90分ではなく、70分で入場できましたよ。さほど変わりません?(^^ゞ
並んでいる時、日影がないので、日傘の貸し出しがありました。それでも、立ち尽くめ70分で、中に入ってからももちろん混雑、人、人、人。いささか辛かったです。
ご参考までに、並び始め11:52、展覧会を観終わって、お茶を飲み、外に出たのは、16:02でした。

この美術展、若冲(1716-1800)の生誕300年記念だそうです。(初期から晩年までの代表作約80点)
何といっても、見どころは、若冲が京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が一堂に展示されていること。もともと、若冲が「釈迦三尊像」を寄進した際、「動植綵絵」と一緒に置かれるよう熱望し、そのようになっていたものを、後に、「動植綵絵」が宮内庁に献上され、以来、両者同時の展示はないままに。だからこの度の、一挙に3幅+30幅は、まさに奇跡。(30幅ある、動植綵絵も、大変貴重なもので、かつて一度に全部展示された例がないんですって)
史上最大規模の若冲展、では、まいりますよ~。

入場すると、すぐに京都・鹿苑寺(金閣寺)大書院障壁画の襖絵が何枚か並んでいます。
こちらは、大書院一之間の襖絵、「葡萄図襖絵」 宝暦9年(1759)
e0245404_23381946.jpg
二之間の松鶴図もよかったし、三之間の芭蕉叭々鳥図、四之間の菊鶏図も空間が生かされた、素晴らしいもので、さすが鹿苑寺、若冲とは、と驚きました。

続くコーナーで観たのは、「隠元豆・玉蜀黍図」 江戸時代18世紀 和歌山・草堂寺
e0245404_0311820.jpg
画像が小さいので、わかりにくいとは思いますが、あちこちに小さな昆虫が。右下の蛙も、実によく描き込まれています。好きな作品。

それから雅やかな美しい色調の作品が続きます。
旭日鳳凰図 宝暦5年(1755) 宮内庁三の丸尚蔵館
e0245404_23384260.jpg
見事なまでに美しいです。細かな筆致には驚くばかり。大きな作品なのに、隅々に至るまで緻密。近くで拝見すると、その細かさに圧倒されます。
孔雀鳳凰図 宝暦5年(1755)頃 岡田美術館
e0245404_120480.jpg
こちらも素晴らしかった。

ユーモラスな作品もあるんです。
「虻に双鶏図」 江戸時代(18世紀) 細見美術館
e0245404_2340069.jpg
おもしろいでしょう?

花鳥版画もありました。薔薇や鸚哥、鸚鵡のモチーフが可愛らしく、いいなぁと思うものばかり。色合いも言うことなし!

そして、B1から1Fへ。あの33幅が一堂に並ぶギャラリーです。
すさまじい混み方に辟易。どうやって観ればよいのやら。列に並んではみましたが、まるで進みません。人の流れに逆らって、逆側からまわると、いくらかましでしたが。。。頑張って、一通り、なんとか観賞しました。

動植綵絵 老松鸚鵡図 宝暦11年(1761)以前 宮内庁三の丸尚蔵館
e0245404_23412742.jpg
動物綵絵 老松白鳳図 明和3年(1766)頃 宮内庁三の丸尚蔵館
e0245404_23415166.jpg
羽のハート形。江戸時代にはハートなんて、なかったですよね。なのに、まぎれもない、可愛いハート形!すごいとしか言えません。

もっともっとご紹介したいのですが、画像がなくて。<(_ _)>

それにしても、あまりの混雑ぶりに、くたくた。休憩したかったですが、置かれているソファには空なし!!先へ進むしかありません。(>_<)

2Fは 「動植綵絵」以降の若冲の作品、また米国収集家による若冲の作品が展示されています。
有名な「百犬図」や「象と鯨図屏風」などありましたが、私が惹かれたのは、「蓮池図」 寛政2年(1790)(ネットからお借りしました)
e0245404_0362713.jpg
この作品の雰囲気、いいでしょう? 大阪・西福寺 重要文化財とありました。
米国収集家がコレクションを始めるきっかけとなった作品、「葡萄図」も展示されていました。

すごいなぁと思ったのは、「鳥獣花木図屏風」江戸時代18世紀 エツコ&ジョー・プライスコレクション(ネットからお借りしました)
e0245404_0403937.jpg
画像からはいまいち、伝わらないと思うのですが、タイル画?モザイク画?のように見えるんです。1cm×1cm四方の升目を一つ一つ彩色して描いています。こんな風な日本画、初めて!いろんな動物が描かれていて、おもしろいこと。江戸時代に動物園ってなかったですよね。

究極の若冲ワールド、感動しました。
今回、会期はたった一ヶ月、4月22日から5月24日(火)まで。出来れば早めに入館して、まずは1F のあの場所へ急がれた方がよいかと。ほんとにイチオシです!
ご参考までに。
TOKYO MX 東京初の展示品も  江戸時代の絵師「若冲展」が開幕
https://www.youtube.com/watch?v=yc3Ol82rniA
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b_neige | 2016-05-03 06:45 | 展覧会など | Comments(0)

フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)