カルトナージュ(2016.05.06)

カルトナージュ(Cartonnage)は、厚紙で組み立てた箱などに紙や布を貼り付けて仕上げるフランスの伝統的な手芸です。

友人に教えてもらって、チャレンジ。初心者なので、布ではなく、まずは紙を使いました。きれいな紙ナフキンを用意し、それを3枚にはがします。(4枚にはがせるものもありました。厚手の高級品??)
薄くはがした紙から、好きな模様を切り取って、糊(デコパージュ用の)でペタペタ貼っていきます。基本、それだけ。(仕上げにはニスを塗ります)

記念すべき第1作です。
e0245404_19481325.jpg
2時間ほどかかりました。元々の箱の色がこげ茶色。そこに、バラの花を沢山置いたのですが、どうもこげ茶色の中に沈んでしまった感じ。苦労した割りに、ちょっとね、という出来映え。
切るのも肩が凝ったし、糊付けも、シワが入ってしまい、きれいにつけるには、コツがいります。。。
何事もそう簡単じゃありませんね~。(>_<)

さて、この箱、何に使えばいいかしら? コラージュ用のはさみとか切り抜きとかしまっておくことにしま~す。♪♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b_neige | 2016-05-06 20:43 | その他 | Comments(0)

フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)