人気ブログランキング |

永福寺跡の整備が進んでいます(2016.05.23)

23日(月)、午後からですが、ちょっと鎌倉へ。
先日、鎌倉歩協で永福寺跡地の脇を歩いた時、遊歩道が長く伸びていて、以前より格段に整備されたと思ったんです。それからすぐ、今度はガイド養成講座で訪れました。
でも新設された遊歩道は歩かなかったし、また、その時、以前確かにあった畠山石も見失ってしまって...。だから、一度ゆっくり来て確認してみたかったのです。

永福寺跡を見下ろす展望台については、一昨年のレポートでご紹介しています。
cf : 永福寺跡を見下ろす展望台巡り(2014.06.16 part2)

さて、こちら、鎌倉宮カントリーテニスコート脇の永福寺旧蹟の碑。
e0245404_1752656.jpg
ここから入って、正面の風景です。
e0245404_1762966.jpg
広いですよ。中心部分と周囲の山を含めると、約86.000m2ですって。鎌倉市は土地の買い上げを昭和42年度から進めていて、これまでに約59.000m2を公有地化しています。
e0245404_1765430.jpg
真ん中の説明板の向こう側に遊歩道が伸びているでしょう?2年前より確かに整備が進んでいます。
こちらは、左側。
e0245404_1772094.jpg
写真の方に、いつ、この池に水が張られるのか伺ってみました。今はまだ護岸の一部が出来上がっていないので、水が入るのは多分、来年だろうとのことでした。
ちなみに、こちらが、その出来上がっていない護岸。(正面から見て右奥)
e0245404_1775243.jpg
遊歩道も、ここでストップしています。
それにしても、来年には池が出来るんですね!すごい!
鎌倉市のHPから永福寺復元CG、お借りしました。
e0245404_1781721.jpg
池の形は中央がくびれた瓢箪型。
真ん中の反橋(太鼓橋)の跡地はこんな風です。
e0245404_1795654.jpg
こちら側と向こう側が確認出来ます。
作庭にあたり、頼朝公は、なかなか熱心で、気に入らない石組など組み替えさせたりしたそうです。有力御家人であった、畠山重忠が一人で大石を持ち上げ、池の中まで運んでおいたというエピソードが吾妻鏡に残っています。(画像、やはり鎌倉市HPから)
e0245404_17132180.jpg
そうそう、この畠山石、正面の説明板の右手前に無事、発見しました。
e0245404_17134335.jpg
どうせなら、この石、復元された池の畔に置いてみたらどうかしら。

おっと忘れてました、お堂はですね、画像手前から、阿弥陀堂、二階堂、薬師堂です。
e0245404_1732551.jpg
鎌倉のお寺って、谷戸に建てられているから、間口が狭くて、奥に広がったお寺ばかりですが、この永福寺は3つの大きなお堂が横に並んでいます(東正面)。全体で南北126.6mとか。驚くほどの規模です。

こんな見取り図が掲示されていたので、
e0245404_1714441.jpg
緑の線で示された遊歩道を辿って、奥の方を歩いてみますね。

基壇のすぐ傍まで来ました。
e0245404_1715332.jpg
二階堂の基壇の上です。
e0245404_17151939.jpg
1983年(昭和58年)の発掘調査で発見された礎石は土中。それと近似した石が使用されています。
(ちょっとだけですけど、奈良の平城京跡を歩いた時のこと、思い出しました)

一番奥、薬師堂の基盤の後ろには、展望台へ上る階段が整備されていました。
e0245404_17154472.jpg
上に門扉があって、開場は4月-10月が午前9時~午後5時、11月-3月が午前9時~午後4時30分とのこと。2年前にはなかったんですよ。進化しましたね。

この展望台からの基盤。
e0245404_17164562.jpg
この展望台から遊歩道があって、展望台巡りが出来ますが、びっくりしたのは、2年前には気がつかなかった平場が遊歩道とは反対側、右奥に出来ていて、ベンチが置かれていたんです。
この場所。
e0245404_1717677.jpg
そして、ここから細い道が山に続いていました。多分、天園のどこかにリンクしているのだと。今日のところはやめておきました~。.。o○

展望台を降り、脇の道を歩き、
e0245404_17172795.jpg
復元された立派な基盤を横目に、
e0245404_17174391.jpg
車道へ。

おまけになりますが、車道に出たところにつけられたこの標識、
e0245404_17175755.jpg
これも以前はなかったと思いますが、ちょっと笑ってしまいました。何故って、獅子舞をlion-danceって!!

永福寺跡、早く池が出来上がるといいな。この跡地、南北にゆったり広くて、のどかな場所にあります。木陰でのんびりして、いにしえに思いをはせるのも、悪くないです。北条氏常盤亭跡より、いいと思いませんか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b_neige | 2016-05-23 18:01 | 鎌倉歩き | Comments(0)

フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)