人気ブログランキング |

金沢北条氏の称名寺へ(2016.06.14)

称名寺を訪れました。
惣門(通称赤門)をくぐります。切妻造 四脚門。
e0245404_18354282.jpg
赤って、いろんな意味があるのでしょうね。災厄を防ぐ色、穢れを祓う色、魔力に強い色、生命が躍動する色。秋の紅葉も表すし、五穀豊穣の色でもあるし。
赤と平家は関係あるのかな?ちなみに源氏って白だけど。。。

桜並木の参道をまっすぐ進むと、立派な仁王門(山門)の前に。
e0245404_1837579.jpg
禅宗様式の門です。
仁王像は、印派の院興により元亨3年(1323)に造立されたもので、関東一の大きさですって。迫力ありますよ。どうぞご覧下さい。
e0245404_18375570.jpg
e0245404_1838640.jpg
高さ、約4mとか。県指定重要文化財。素晴らしいと思うのですが、如何? 養成講座の時、称名寺のガイドさんが、バランスがよくないっておっしゃってたんです。上半身はよく見えますが、腰から下がどうなっているのか...。もっと広い場所だったら、一目瞭然なんですが。。。今イチなのかしらねぇ??

そして、木鼻ですが、ほら、真ん中の動物、両端とは違うでしょう?
e0245404_18452939.jpg
両端が象、真ん中はバクですって。

仁王門の脇を歩いて、門の裏側へ。大きなケヤキの木に、フウラン(風蘭、別名、富貴蘭とも)が着生していました。(セッコクじゃありません)
e0245404_18515941.jpg
寄生ではなく着生。木の養分をとることはありません。変わった形、吹き流しのような?花を咲かせます。
鎌倉のどこかのお寺にもあるはず。長谷寺、光則寺、収玄寺だっけ??花時はもうじき。確かめますよ~ん。

さて、阿字ヶ池の畔から反橋、金堂方面を望みます。
e0245404_1846360.jpg
素敵な境内ですね。

こちら、浄土庭園と言います。阿字ヶ池を中心に此岸と中之島を結ぶ反橋は過去から現在までの苦労を表すと伺いました。中之島から平橋は仏の教えを守れば彼岸(弥勒浄土)に安らかにいけることを示しているんですって。

反橋を渡り、中之島経由、平橋を進んで、金堂前に。池には鯉と、沢山の亀がいました。
e0245404_18464294.jpg
静寂な雰囲気を壊すかのように、カエルの鳴声があちこちから響きます。
この阿字ヶ池の周りにはキショウブがグルッと植栽されていますが、花時は既に過ぎて、今は実がこんなに。
e0245404_18471565.jpg
来年は是非、池が黄色に縁取られるのを見てみたいです。

さて、称名寺とは?
鎌倉幕府を守った東の要衝。(現在は横浜市金沢区のお寺ですが、当時は鎌倉圈内でした)
金沢北条氏一門の菩提寺。この地に館を構えた北条実時の持仏堂から始まったと推定されます。実時は、文永4年(1267)、下野薬師寺から審海を開山として迎え、真言律宗に改めました。のちに、実時の子・顕時、孫の貞顕が伽藍の再造営を行い、元享3年(1323)には七堂伽藍を持つ大寺院に発展しました。鎌倉幕府滅亡後は衰退しましたが、江戸後期には庶民の観光地として賑わいを見せました。

こちらは、金堂手前の池沿いに立つ「青葉の楓」。
e0245404_18473784.jpg
謡曲「六浦」に登場する〈紅葉しない常緑樹の楓〉。つまり、冷泉為相により、「いかにしてこの一本に時雨けん 山に先立つ庭の紅葉葉」と詠まれたことにより、楓は大変光栄に思い、「功なり名とげて身退くは天の道」に倣って、その後は紅葉するのを止めたと伝わります。
なかなか深いですねぇ。草木にも心があるということでしょうか。

そして、こちら、池の北隅の立石、美女石(または姥石とも)。
e0245404_184841.jpg
昔、御姫様がこの池に落ち、助けようとして飛び込んだ乳母も一緒におぼれてしまい、翌朝二つの石になっていたと伝わります。石はいつからか一つに。(残りの一つは水中でこの美女石を支えているとか?)
金沢四石に数えられるそうです。(残りの二つは、枇杷島弁天の福石&金龍院の飛び石)

さて、金堂(常時閉められています)と釈迦堂にお参りを済ませます。金堂のご本尊・弥勒菩薩像は秘仏ですが、お寺に隣接する金沢文庫に実物大のレプリカが置かれています。また、釈迦堂には、極楽寺の仏さまに似た清涼寺式のお釈迦さまが祀られていましたが、こちらも現在は、金沢文庫に収蔵されていて、格子戸から望めるのは、不動明王さまになります。

実は、釈迦堂の写真は撮りましたが、
e0245404_1848248.jpg
金堂、撮り忘れ~。何という。(>_<) 先ほどの池の畔から撮った遠望で、感じ、伝わりますよね。<(_ _)>

この日は裏山の北条実時公のお墓へ上がってみることにしました。
裏山の上がり口は、幼稚園の子供たちで大賑わい。
e0245404_18484264.jpg
写生の時間だったみたい。『おばちゃん、見て、見て』と、私、モテましたよ。(笑)
色づいた紫陽花もきれいでした。
e0245404_18485696.jpg
続きます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b_neige | 2016-06-15 19:25 | かながわ散策 | Comments(0)

フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)