横須賀・芦名 浄楽寺へ 続き(2016.08.05)

収蔵庫で拝ませていただいた運慶作(真作)の仏さま達、目の当たりにして心底感動しました。本物は違いますね。醍醐味を味わいました。つくづく百聞は一見にしかずです。

何と表現していいものやら...。阿弥陀三尊はどっしりしていますが、そのお顔立ちはすこぶる端正。お姿も品があります。お不動さまは力強いし、毘沙門天は今にも動き出しそう。立派で素晴らしい、生き生きとした仏さま達なんですよ。来てよかったと心から思いました。もっと宣伝しないと!!!
そうそう、収蔵庫には平政子と刻まれた丸い懸仏もおかれています。お寺の方のお話では、つけられている仏さまは、同時代のものではないということでしたが、小ぶりの可愛らしい大きさ。政子愛用の品だったのでしょうか。

実は、この日、私一人での拝観でした。贅沢ですよね。(もったいなくて涙が出そうでした)
ちなみに、雨の場合は拝観不可。お気をつけ下さい。(℡ 046-856-8622)

さて、こちらの画像は、収蔵庫の前にある水原秋桜子の句碑。
e0245404_22353985.jpg
若葉せり 三尊の弥陀 照りたまひ

お寺の方にお礼をして、これで運慶の仏さまの拝観終了です。
収蔵庫の先にある前島密の墓所に寄りました。
e0245404_22364459.jpg
お墓です。
e0245404_22371282.jpg
e0245404_22373273.jpg
晩年を浄楽寺境内で送ったそうです。85歳の生涯でした。毎年4月には、郵政省が翁の業績をたたえて墓前祭を執り行っています。

こちらは、墓苑側から見た収蔵庫。
e0245404_22382937.jpg
中はとりたてて空調設備等ないそうです。少し驚きました。だって、国宝級ですよ。市や国からの補助はないのかしらね。

下の境内に戻って、アップを忘れていた下の境内の地蔵堂。
e0245404_223858100.jpg
素朴な感じのお地蔵さまたち。海沿いののどかな場所にあるこのお寺に似合います。

それから、境内のあちこちで見かけた高砂ユリ。(訂正:鉄砲ユリ 8/17)
e0245404_22401153.jpg
e0245404_22402493.jpg
社務所で運慶の仏さま達の絵葉書と写真を購入し、お寺を後にしました。
(帰りのバス、すぐ来たんです。きっとご利益ですね。)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b_neige | 2016-08-06 08:21 | 横須賀歩き | Comments(0)

フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)