人気ブログランキング |

4万6千日の功徳日 杉本寺の本尊大法要(2016.08.10)

8月10日は4万6千日詣りの日。この日お詣りすると4万6千日の間お詣りしたのと同じご利益があるとされる特異日です。
cf : 有志会 二十四地蔵尊めぐりpart2(2013.08.10)
cf : 有志会 二十四地蔵尊めぐりpart2(2013.08.10part2)
cf : 覚園寺-黒地蔵盆(2014.08.10)
cf : 四万六千日の功徳日 長谷寺(2015.08.10)

それで、今年は杉本寺へ。
ブログ内検索してみたら、杉本寺って、たった1回、レポートがありました。この5年でたった一回!?あらら。(^^;)
cf : 有志会 二十四地蔵尊めぐりpart2(2013.08.10) 上記でご紹介済みでした~。m(_ _)m

杉本寺には9時半頃到着しました。このところのとんでもない暑さがまだ続いていて、歩きはねぇ...と、とりあえず、行きは鎌倉駅からバスに乗ることに。
この日の杉本寺は、覚園寺と同じ、開門午前0時。午前6時から大護摩法要。私は、10時から執り行われるという、本尊大法要がお目当て。♪♪

杉本寺の一番下の石段辺りから。
e0245404_18184315.jpg
十一面杉本観音と記された幟が続く参道です。
開山は行基。鎌倉幕府が開かれる500年前に創建された鎌倉最古のお寺。
こちら、拝観受付辺りから、すぐ先に仁王門が見えています。
e0245404_18191354.jpg
今日は功徳日なので、日がな拝観は無料です。だから、お寺の方、座ってらっしゃいませんでした。
さて、こちら仁王門。
e0245404_1819554.jpg
伝!運慶でございます。鎌倉では伝!運慶、よく聞きます。(笑)
アップでご紹介しますね。
e0245404_18201541.jpg
e0245404_18202788.jpg
如何でしょうか?運慶作というのはともかく、なかなか迫力有る仁王様でしょう?。
この門をくぐると、正面に見える「苔の石段」。
e0245404_18205852.jpg
大町の妙法寺と同様、保護されていて、こちらを歩くことは出来ません。左の脇道から上の観音堂へ。

観音堂へと狭い石段を上った先なんですが、右に行けば観音堂。左にそのまま道なりに行けば、杉本城址を見ることが出来ます。
昔(ブログを始める少し前です)、『若葉に生える、巡礼道を歩く』というガイド協会のツアーがあって、杉本寺を訪れたのですが、その時は、杉本城址の平場に上れたんです。
いつの頃からか、このように柵が出来て、下からしか見えなくなってしまいました。
e0245404_18214353.jpg
杉本城は山城。三浦大介義明公の長男・杉本義宗によって築かれたとされます。三方を山で囲まれた鎌倉にとって、朝比奈方面(六浦道)の守りの拠点だったそうです。
1337年(建武4年)、後醍醐天皇の命を受けた北畠顕家は、朝夷奈切通から鎌倉に入り、斯波家長の杉本城を落城させています。(足利義詮の執事として鎌倉守備に当たっていていた斯波家長は上洛軍を起こした顕家の西上を阻止しようとしましたが、敗れ、杉本寺の観音堂で自刃したと伝わります)

さて、観音堂へ。
e0245404_18224286.jpg
もうちょっと離れて、横から撮ったらよかったですね。m(_ _)m
杉本寺の観音堂(本堂)は、茅葺きです。
そして、普段だったら、中に昇堂して、お祀りされている仏さまを拝むことができるのですが、この日は難しい。10時の法要前でしたが、中には信者さんがずらっと座られていて、いささか無理でした。

こちらの仏さまですが、ご本尊は「木造十一面観音立像(行基(左)、慈覚(中央)、恵心(右)作の三体)」=三尊同殿
☆内陣左側の十一面観音像:行基作。寺の前を馬に乗って通ると必ず落馬したというので「下馬観音」とも。また建長寺の大覚禅師が祈願し、袈裟で観音を覆ったので「覆面観音」ともいわれます。
☆内陣中央の十一面観音像:851年(仁寿元年)に杉本寺を訪れた慈覚によるもの。
☆内陣右側の十一面観音像:986年(寛和2年)に恵心僧都(そうず)が花山(かざん)法王の命を受けて奉安したもの。

それから、源頼朝公寄進と伝わる十一面観音像も内陣前にお祀りされています。こちらは、ネットからお借りしました。
e0245404_1984168.jpg
頼朝公の観音さまは間近で拝見することが出来るのですが、内陣の3体の観音さまは、暗いし、遠いしで、残念ながら。。。。秘仏なんです。
鎌倉の仏像とかの書物をさがしてみるしかないのかな。こんど探しておきますね。

さて、10時まで、15分ほどあり、本堂の前で休憩していると、この日に合わせたガイド協会の史跡巡りグループが次々とやって来ました。昨日の遊行寺も盛況でしたが、この日もすごい。150名ほどの応募があったそうです。素晴らしい!!

さて、本尊大法要が始まるよう。
下から、お導師さまご一行がこちらまで歩いてこられます。
e0245404_18231386.jpg
e0245404_18233032.jpg

お手元には経典?とお散華が沢山。
e0245404_18242647.jpg
e0245404_18543522.jpg
まずは、観音堂前でお経を上げられ、その合間にお散華が盛大に撒かれました。
e0245404_18245570.jpg
とても美しいお散華でした。私ね、拾えました。それも5枚ほど。でも5枚も自分で持ち帰れませんよね。4枚は他の方に差し上げました。一枚のみ、自分用です。(^^)
はい、こちら。
e0245404_1914352.jpg
この赤い散華、上から見てらしたお寺の方が、ほら、そこに落ちているよ、と教えて下さり、初めて拾えたもの。三体の観音さま、いいでしょう? スキャンで、画像、横が少し切れてしまいましたが、実物は大丈夫。(大事にします)

その後、ご一行は観音堂にお入りになり、
e0245404_18253243.jpg
それから、かれこれ30~40分、中で法要が行われました。
後ろから拝見するに、お坊さまの後ろには信徒さんが座られ、ずっと団扇であおいで風を送られていました。朗々とした読経のお声が響き渡り、荘厳な雰囲気に満ちたお堂。
その後、お堂から下りられ、
e0245404_18255989.jpg
今度は、本堂右手に設けられたお供物台の前で法要がありました。
こちらになります。
e0245404_18261484.jpg
e0245404_18263669.jpg
つまり、先ほど、杉本城址をご紹介しましたが、城に立て篭って北畠顕家に応戦し、敗れ自害した斯波家長以下300名の供養塔とされる、小さな五輪塔がこの後ろに並んでいるんです。
e0245404_18265558.jpg
そちらの供養なのだと思います。
e0245404_18272538.jpg
e0245404_18275083.jpg
かれこれ10分ほど。ご一行が退場されて、本尊大法要が恙なく終了しました。
私も、これにてお詣り終了。暑かったけど、よいお詣りでした。

おまけ:杉本寺に久しぶりにお詣りして、このお寺の寺紋に初めて!気がつきました。
e0245404_18284481.jpg
e0245404_18285516.jpg
これ、『杉巴』『三つ割り杉』(訂正8/11)というそうです。
ほら、ここにも。
e0245404_18305991.jpg
この日の収穫の一つでした!
Commented by 花音 at 2016-08-10 23:50 x
印象に残る赤の散華を頂き、良きお詣りが出来ましたね。
5枚を独り占めしないところに、お人柄を感じました。

横須賀 浄楽寺の仏像、是非拝観したいです。
秋たつ頃になったら、行きます。この時期はムリで~す。
猛暑時のお出かけ、どうぞご自愛下さいませ。
Commented by b_neige at 2016-08-11 16:06
花音さん、ありがとうございます。♥
杉本寺の散華、とてもきれいなんですよ。お見せしたいくらいです。

毎年4月8日に執り行われる、極楽寺の忍性墓前での法要でも
美しい散華が撒かれます。
どっちがきれいなのかしらん??(笑)

うだるような暑さ、堪えますよね。
私も、ちょっと大人しくしたいです。(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b_neige | 2016-08-10 19:11 | 鎌倉歩き | Comments(2)

フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)