<< 源氏山公園の源頼朝像(2017... 東慶寺・イワガラミの公開が始ま... >>

高徳院の大仏さま(2017.06.07)

高徳院の大仏さまに3日連続、お会いしました~。やれやれ。
e0245404_20563695.jpg
奈良には東大寺の大仏さま、その昔、京都にも、東福寺や方広寺には大仏さまがいらしたそうです。そして、鎌倉にも大仏さま。
平城京、平安京に並んで、鎌倉も大きな都だったんだなと思います。

その大仏さま、奈良の大仏さまと比べてみると、異なる点がいくつか。
その1:鎌倉の大仏は民衆の浄財を集めて造られました。奈良は天皇の詔から。
その2:鎌倉は阿弥陀如来さま、奈良は盧舎那仏さま。
その3:鎌倉の大仏は基本、造られた当時のもの。奈良の大仏は4つの時代(奈良・鎌倉・室町・江戸)のパーツ?が組み合わされています。(奈良時代のものは、台座、ひざ頭の一部のみ)
その4:鎌倉の大仏の印相は上品上生。 奈良は、与願印、施無畏(せむい)印という来迎印。
その5:螺髪に関して、鎌倉の大仏の螺髪は本体と同時に鋳造されていますけど、奈良の大仏は螺髪    を別に鋳造して、あとから埋め込んでいる。
    ちなみに鎌倉大仏の螺髪は656個。奈良は492個(うち2016年には483個確認
    残りは欠損)    
その6:鎌倉は露座の大仏(1498年から)奈良は、大仏殿の高さ49.1m(鎌倉は礎石から40m位)

こちら、大香炉。
e0245404_2057760.jpg
中央に大仏さま(阿弥陀様)がいらっしゃるので、両脇(右左)は。観音菩薩さま、勢至菩薩さま。優雅なお姿です。


そして、拝観時間ですけど、高徳院は一年を通じて朝8時から。早い!びっくりします。
by b_neige | 2017-06-07 21:02 | 鎌倉歩き | Comments(0)
<< 源氏山公園の源頼朝像(2017... 東慶寺・イワガラミの公開が始ま... >>