舞岡・長福寺の末寺だった東光寺の薬師堂で(2018.10.12)

舞岡に櫻岡(おうこう)山長福寺という臨済宗円覚寺派のお寺があります。600年以上の歴史をもった古刹です。
以前は、この長福寺の末寺として林光寺と東光寺というお寺が、同じ舞岡にあったそうですが、今は廃寺となっています。
林光寺にあった子育て地蔵は、現在長福寺観音堂脇に移されていますが、東光寺にあったお薬師様は、隣山に堂宇を建てて、お祀りされているということで、いつだったか長福寺の墓苑が広がる裏山の方を探してみたのですが、分からず、和尚さんに伺って、舞岡公園の方にあると教えていただきました。

その後、その薬師堂の場所を調べ、またご開帳日が毎年10月12日だと知り、やはり同じ日にご開帳の別のお寺のお薬師さまと併せて、先日訪ねてみましたので、その顛末を記しておきますね。

場所はね、地下鉄舞岡駅近くの交差点「道岐橋」から南下。途中右側に舞岡八幡宮があります。寄ってみたかったのですが、何しろ、時間がなくて…。急いでいる日もあります。(>_<)
片側にせせらぎを利用した舞岡町小川アメニティが続く、とても歩いていて気持ちのいい散策路でした。約1.2kmあるそうで。
ほんとに急いでいたので、写真、撮ってないんです。<(_ _)>

そこを過ぎて、更に舞岡公園方面へ。右側には森林が広がり、畑など見えますが、左側はぎっしり整然と並んだ住宅地。
ほら、手書きの小さな看板を見つけました。薬師堂って。
e0245404_0295126.jpg
多分、ここのはずと思い、上っていくと、はい、こちら薬師堂です。
e0245404_0301299.jpg
あれぇ、開扉されてない、どうして?って思いました。
そしたら、扉の左上に張り紙、発見!
e0245404_0303489.jpg
うっそ~って。(笑)
ちょうど12時頃だったんです。
しかも、この日は13時半から用事があって、どうしても戻らなければならず…。がっかり...。
せっかくここまで来たのに、ほんと残念でした。

お堂の中ですが、拝見しました。そしたら、奥に小さな厨子が。小さかったです。だから、お薬師さまも小さいお薬師さまだと。そうですね、30cmないかもしれない。
地元の小学生によるこんな案内板が立っていました。
e0245404_032439.jpg
眼病に効くお薬師様なんですね。了解!ありがとうございます。♪♪
お堂には立派な扁額も揚げられていました。
e0245404_0322289.jpg
お堂の前に並ぶ六地蔵や石仏。
e0245404_0323950.jpg
古い時代のものですね。
お不動様もいらっしゃいましたよ。
e0245404_0332052.jpg
お薬師様と一緒に東光寺から移されたんでしょうね。
隣山ということでしたけど、ここから見下ろす住宅街はこんな感じ。
e0245404_0345785.jpg
山という感じではなかったですぅ。
ばたばたしていて、ほんとに申し訳ない限り。舞岡はとてものどかな場所なんです。
鎌倉歩けのふれあいウォークで、何回か来ています。次はゆっくりご紹介しますね。
by b_neige | 2018-10-14 08:21 | 横浜歩き | Comments(0)
<< 舞岡・古御堂跡からの鎌倉「中の... 小坪の双体道祖神(2018.1... >>