高砂(たかすな)稲荷社の補足(2018.10.21)

以前このブログで高砂稲荷社のこと、ご紹介しましたよね。
cf : 高砂(たかすな)稲荷社って、ご存知ですか?(2017.04.28)
え~と、一の鳥居付近で海に向って左側。
鎌倉の別荘地時代に松方正義公爵の別荘があった辺り。
小さいですけど、松方公爵が大事にされてたというお稲荷さんです。今でも、この付近の有志のお宅がお社をお護りしているそうですが、そのタイルのマークのこと、ひょんと思い出して、この間写真を撮って来ましたので、載せておきます。

まずは、ほら、稲荷社の手前に、はめ込まれているでしょう?画像、右下です。
e0245404_2353563.jpg
大きくすると、こんなタイルです。
e0245404_23541259.jpg
これはね、「花と木の由比ガ浜まち」のタイル。お稲荷さんの近くで探してみたら、数軒のお宅の玄関先に掛けられています。
e0245404_23543057.jpg
e0245404_23543969.jpg
知る人ぞ知るタイルマークというわけです。

おまけはレンバイで見かけたカボチャ。
e0245404_23551238.jpg
要するにこれ、日本カボチャですよね。

もう一枚は高砂稲荷社で出会った台湾リスくんです。
e0245404_2355412.jpg
ビジュアル的に欲を言えば、尻尾を立てていて欲しかったんですけど。もう一つというとこでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b_neige | 2018-10-21 23:57 | 鎌倉歩き | Comments(0)

フランス語は趣味です。フランス人に日本語を教えていましたが’17.6月より中断中(教師歴14年)。 鎌倉歴はある方に言わせると初心者だそうで...。(汗)


by b_neige(しらゆき)