<   2017年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

高徳院・大仏後ろの笠塔婆(2017.06.16)

今週も再び鎌倉大仏の高徳院に行きましたよ。(今月になって、何回目??)
今回は大仏さまの真後ろにある笠塔婆をご紹介しますね。
e0245404_1474071.jpg

皆さん、ご存知でした?源頼朝公の侍女であった稲多野局の供養塔になります。
平重衡による東大寺焼討後、源頼朝公は最大の支援者として、焼失してしまった東大寺の再興に力を尽くします。1195年(建久6年)の大仏殿の落慶法要にも列席しているんですよ。
つまり平城京である奈良に並ぶ都として、是非とも鎌倉に大仏を、と、その時考えられたとしても全然おかしくありません。
ただ、頼朝公は1199年(建久10年)に落馬がもとで死没。満51歳でした。

稲多野局は頼朝公の侍女、頼朝公の遺志を継いで大仏造立を呼びかけたそうです。そして、その費用は、僧の浄光が全国を回って勧請したと。文献が残っていないので、詳細は不明。
ただ、最初は木造で1238年(暦仁元年)に着工。完成まで6年掛かったということです。でも、1247年(宝治元年)大風で倒壊。それで再び、浄光がお金を集めて、1252年(建長4年)から、今度は銅造りで鋳造開始。出来上がったのはいつかわかっていません。10~11年後とも。大仏さまは高さ約40mと考えられる大仏殿の中に安置されていたそうです。
大仏殿はその後2度倒壊、その度に再建されましたが、最後1498年(明応7年)の大津波で流されて以来、再建ならず、以降、大仏さまは露座に、現在に至ります。もう500年以上経ちますね。
鎌倉のシンボルの大仏さまです。

おまけ:境内のアジサイが見頃を迎えていました。
3つほどご紹介しま~す。
e0245404_1504970.jpg
白に淡い紅が。美しいアジサイでしょう?
e0245404_151197.jpg
珍しいアジサイも発見です。
e0245404_1511080.jpg
それにしても、確か梅雨入りしたんですよね。なのに、この日も、陽射しが半端なく...。暑かったです。
by b_neige | 2017-06-17 07:46 | 鎌倉歩き | Comments(0)

鎌倉宮・神苑のアジサイ(2017.06.12)

今朝は、北鎌倉―大船間の架線事故の影響で、列車も大幅に遅れが出たり運休が出たりで、大変な幕開け。おまけに、朝からぱらついていた雨が本降りになって、気温も上がらず肌寒い一日でした。
6月は何かと体調を崩しやすい時季。どうか、お身体、お気をつけ下さいね。

さて、忘れないうちに、12日(月)に訪れた鎌倉宮・神苑のアジサイをご紹介しておこうと思います。

月曜は曇りかと思いきや、青空が広がって、日中は暑かったです。
こちら、鎌倉宮の本殿。
e0245404_18572272.jpg
千木や鰹木が美しいですね。
鎌倉宮は明治2年明治天皇が護良親王を祀る神社の造営を命じられてから、短期間のうちに出来上がった旧官幣中社になります。半年で出来上がったんですよね。

護良親王が幽閉されていたという岩窟。
e0245404_18574510.jpg
イワタバコが花をつけています。
e0245404_19155375.jpg
昔ここで、白花のイワタバコを見かけましたが、今年は見当たらずちょっと残念~。

それでは、神苑のアジサイです。行きますよ、とりあえず、10種類です。
e0245404_190297.jpg
e0245404_1902881.jpg
e0245404_1903972.jpg
e0245404_1905198.jpg
e0245404_191336.jpg
e0245404_1915038.jpg
e0245404_192258.jpg
e0245404_1921861.jpg
e0245404_1923489.jpg
このアジサイ、沢山花をつけていて素敵でした。
e0245404_1931648.jpg
10番目のアジサイです。
e0245404_1935170.jpg
最後に、珍しいネーミングのアジサイをどうぞ。
「牛若の衣擦れ」
e0245404_1912573.jpg
ただ、花付きが今ひとつ。(一輪のみ)その上に蕾を沢山つけているムラサキシキブの方が見栄えがするかと。
(樹全体を撮るの、忘れました。<(_ _)>)
e0245404_1963814.jpg
園芸種のコムラサキって、沢山見かけますが、ムラサキシキブって珍しくないですか。しかも結構、大きな株(5m位?)、驚きました!

鎌倉宮のアジサイですが、5年ほど前は神苑入口に沢山ヤマアジサイの鉢が置かれて楽しめたんですよ。あれはどうしちゃったんでしょう。不思議です。
とは言っても、アジサイ、まだ早いかと思いましたが、意外と見頃で、よかったぁ~。◎
by b_neige | 2017-06-13 19:10 | 鎌倉歩き | Comments(2)

源氏山公園の源頼朝像(2017.06.11)

先週は出ずっぱりのハードスケジュールでくたびれました。本日日曜、やっと自宅。嬉しい限り~。♪♪

ご紹介出来るような画像がないんですよ…。これはどうかしら。
e0245404_21322235.jpg
源氏山公園の頼朝像です。若き日の頼朝さんですね。

頼朝公が鎌倉入りしてから800年の記念事業の一つとして、昭和55年に造られたそうです。
ちなみに、源氏山という名称は、後三年の役で、頼朝公の4代前の八幡太郎義家公が奥州へ向かう際、戦勝を祈って源氏の白旗を立てたことに由来します。
頼朝公の父、義朝公の屋敷も、この山の麓、寿福寺辺りにありました。頼朝公は鎌倉入りして、まずは、この地に幕府を置こうと考えたようですが、少し狭いのと、義朝公の家来だった岡崎義実が義朝の菩提を弔うためにお堂を建てていたことから、諦めて、大倉(大蔵)に移ったということです。
by b_neige | 2017-06-11 21:27 | 鎌倉歩き | Comments(0)

高徳院の大仏さま(2017.06.07)

高徳院の大仏さまに3日連続、お会いしました~。やれやれ。
e0245404_20563695.jpg
奈良には東大寺の大仏さま、その昔、京都にも、東福寺や方広寺には大仏さまがいらしたそうです。そして、鎌倉にも大仏さま。
平城京、平安京に並んで、鎌倉も大きな都だったんだなと思います。

その大仏さま、奈良の大仏さまと比べてみると、異なる点がいくつか。
その1:鎌倉の大仏は民衆の浄財を集めて造られました。奈良は天皇の詔から。
その2:鎌倉は阿弥陀如来さま、奈良は盧舎那仏さま。
その3:鎌倉の大仏は基本、造られた当時のもの。奈良の大仏は4つの時代(奈良・鎌倉・室町・江戸)のパーツ?が組み合わされています。(奈良時代のものは、台座、ひざ頭の一部のみ)
その4:鎌倉の大仏の印相は上品上生。 奈良は、与願印、施無畏(せむい)印という来迎印。
その5:螺髪に関して、鎌倉の大仏の螺髪は本体と同時に鋳造されていますけど、奈良の大仏は螺髪    を別に鋳造して、あとから埋め込んでいる。
    ちなみに鎌倉大仏の螺髪は656個。奈良は492個(うち2016年には483個確認
    残りは欠損)    
その6:鎌倉は露座の大仏(1498年から)奈良は、大仏殿の高さ49.1m(鎌倉は礎石から40m位)

こちら、大香炉。
e0245404_2057760.jpg
中央に大仏さま(阿弥陀様)がいらっしゃるので、両脇(右左)は。観音菩薩さま、勢至菩薩さま。優雅なお姿です。


そして、拝観時間ですけど、高徳院は一年を通じて朝8時から。早い!びっくりします。
by b_neige | 2017-06-07 21:02 | 鎌倉歩き | Comments(0)

東慶寺・イワガラミの公開が始まっています。(2017.06.04)

北鎌倉・東慶寺のイワガラミを見て来ました。(本日午前中、下見のついでに?)
一本の根(幹周り10cmほど)から、
e0245404_14242195.jpg
東慶寺・ご本堂(泰平殿)の裏の崖下、約15mの幅に生い茂っています。
e0245404_14243932.jpg
e0245404_15493170.jpg
最初は苗木だったそうです。30年ほどで、こんなに。ぴったりの環境だったのでしょうか。
e0245404_14391361.jpg
6月4日現在では、周りの装飾花はいいですけど、中心の両性花がまだ蕾。開ききっていません。そうですね、今週末が見頃かと。
公開は6月11日(日)まで。9:00~15:00 
※6月6日(火)は行事のため、公開なし
※6月8日(木)、10日(土)、11日(日)は法事のため、12時から公開
昨年までは午前1時間、午後1時間だったので、時間を合わせるのが大変でしたが、今年は大丈夫。ゆっくり楽しめます。

なお、東慶寺には、もう一箇所、見事なイワガラミが楽しめる場所があります。松岡宝蔵の先に井戸がありますが、あの奥。あちらは10年ものだそうです。
出来ればですけど、入館料400円をお支払いして、宝蔵の常設展に入り、二階の窓から眺めると、とてもきれいに見えま~す。♪♪

おまけ:墓苑入口の岩壁に咲くイワタバコ。
e0245404_14371088.jpg
e0245404_14254935.jpg
まだ咲き始めです。
by b_neige | 2017-06-04 14:32 | 鎌倉歩き | Comments(0)

円覚寺の虎頭岩(2017.06.01)

ブログ、1週間もご無沙汰しちゃってます。<(_ _)>
鎌倉ガイドにとっては、5月、6月は一年中で1番忙しい時期です。
最初の年だから余計に大変なのかも。(汗、汗)
レポートをアップする時間がありませんぬ…。
ぽっきゅるさんがコメントを下さっていたので、それでは、ちょっとだけ。

円覚寺(えんがくじ)をご案内するとき、妙香池ってあるでしょう?あそこに虎頭岩という標識があるのですが、いつもどこをどう見れば、虎の頭に見えるのだろうと悩んでいました。

これは、以前に撮った画像(2015.9.12)なんですけど、実はこの画像にちゃんと写っているんです。
〇で囲んだ部分が虎の頭というわけ。
e0245404_2059344.jpg
ねっ。納得できるでしょう?
先輩ガイドさんから教えていただきました。実は、裏付けの資料があるんです。
円覚寺(えんがくじ)には居士林だよりというサイトがありまして、2011年3月9日のところに載っています。
ご参考までに。
円覚寺居士林だより http://www.engakuji.or.jp/blog/写真/172/
これですっきりしたでしょう?
小学生たちも納得してくれています。(^^)/
そうそう、円覚寺(えんがくじ)ですよ~!
by b_neige | 2017-06-01 21:01 | 鎌倉歩き | Comments(0)