茅ヶ崎 成就院のナンジャモンジャの木(2018.04.30)

茅ヶ崎の成就院というお寺のナンジャモンジャの木が今年、素晴らしいと聞き、それではと行って来ました。
茅ヶ崎駅から①バス乗り場、文教大学又は湘南台駅行きに乗って、「甘沼」下車。徒歩5分ほど。

甘沼山成就院(高野山真言宗)はとても美しいお寺でした。
ほらね。
e0245404_1272548.jpg
きれいにお手入れされた樹木に囲まれて、見栄えがするでしょう?
だけど、まずは、ナンジャモンジャの木ですよね。本堂前をスルーして、墓苑の方にあります。
はい、どうぞ。
e0245404_1121085.jpg
すごいでしょう?真っ白に雪が積もったみたいって思われませんか?
e0245404_1122316.jpg
e0245404_1123272.jpg
ほんとにびっくり、見事な咲きっぷりです。
ただね、近づくと若干盛りは過ぎてます。
e0245404_1125823.jpg
分かりますか?花房?に茶色いのが混ざっているでしょう?
きっと正真正銘のピークの時はもっともっと真っ白だったんじゃないかしら。(見てみたかったけど…)
ちょっとアングルを変えて。
e0245404_1132373.jpg
葉っぱが隠れる位花がいっぱい。ブラボーとしか言えません!

実はこの木の後ろにハンカチの木もあるんです。
けど、ハンカチの木は100%終わってました。残念~。

ハンカチの木と手前のナンジャモンジャの木の前には、テントが張られていて、テーブルと椅子が置かれ、お茶の用意もされています。飴玉を入れた小さなバスケットも。
見にいらっしゃる方が多いんですね。心憎いサービス。
傍らには、ナンジャモンジャの木についてのプリント資料もおかれていました。
それによると、ここのナンジャモンジャはヒトツバタゴ。
元東京大学総長であった茅誠司氏宅から、平成15年、成就院境内へ移植されたとか。
東京青山の六道の辻にあった、別名「六道木」と呼ばれたヒトツバタゴ(=樹齢百数十年の大樹で大正13年天然記念物指定)の子孫ということです。
(その青山のヒトツバタゴは昭和8年枯死)

ヒトツバタゴのナンジャモンジャだったら、鎌倉では円覚寺ですよね。
レポート検索したら、いささか前のですが、出てました。
cf:円覚寺-なんじゃもんじゃの木と黄梅院(2014.05.07 part2)

このお寺にはもう一本、若いナンジャモンジャの木があって、そちらはこんな具合。
e0245404_115116.jpg
爽やか~って、感じですね。円覚寺のもこんな感じだったと。
それじゃ、老木になると??、花期は真っ白になるのかしら? う~ん、これ、ちょっと宿題にしますね。

花がすっかり終わっていたハンカチの木の代わりに、テントの後ろ、「カリカンサス」=ハートレッジワインという変わった花が咲いてました。(木の花です)
e0245404_1152293.jpg
では境内に戻って、こちら、ご本堂。
e0245404_1154183.jpg
こんな立派な塔が建ってましたよ。
e0245404_115565.jpg
一言大師(=弘法大師)にお参りしたら、なんだかすごく芳しい香りが。この香りは、もしかしてと脇を見たら、「カラタネオガタマ」、発見!
e0245404_116373.jpg
もうそんな季節なんですね。
では、最後に、ナンジャモンジャの木、アンコールでもう一枚どうぞ。
e0245404_1264436.jpg
素晴らしかったです。
# by b_neige | 2018-05-01 07:08 | その他 | Comments(4)

フランスの食文化を楽しむ会23(2018.04.26)

26日(木)は、久しぶりのフランスの食文化を楽しむ会=料理教室でした。
2ヶ月に一度なんですけど、前回はお休みしてしまったので、なんと5ヶ月振り??
(本来は3月の予定が先生のご都合で1ヶ月先延ばしになったこともあります)

さて、本日のメニューですが、まずは「Cake Salé」=ケークサレ 。
ケークサレは、ワインにあうおつまみ感覚のお食事パンとでも言ったらいいかしら。
よく、パウンドケーキ型に入れて焼いたりするんです。キッシュとは似ているようで別物。
作り方は、薄力粉に卵を混ぜ、牛乳とオリーブ油を加え、ベーコン、黄色いパブリカ(生)、更にはミックスチーズを入れて、この日はパウンド型がなかったので、小さい一人用の器に流し入れ、上から、瓶詰のグリーンオリーブを輪切りにしたものを散らしました。最初から混ぜると、オリーブの重みで下に沈んでしまうんだそうで。
180℃で30分程度だったかしら、はい、出来上がりです。
e0245404_17241376.jpg
きれいな焼き色が食欲をそそります。美味しかったです。

2品目は「Poulet tomate estragon「」=鶏肉のトマト煮
タラゴンと言ったら、英語、エストラゴンと言ったら、フランス語なんですよ。
そのエストラゴンを惜しげも無く沢山使いました。小さな瓶の半分位を一度に!です。
その分、香り豊かでした。味付けもきつくなく、ちょうどいい具合。
家で作るのと違った点が一つ。私はこれまで大きめのむね肉で作ってたんです。
先生のは、鶏肉は一口大。
こちら煮込んでいるお鍋。
e0245404_17382437.jpg
え~とね、作り方は、お鍋にオリーブ油、エストラゴン、潰したニンニクを入れて、千切りタマネギ、シイタケ&鶏肉を炒め、鶏肉が炒まったら、トマトを入れて煮るだけ。
はい、出来上がりですよ~。
e0245404_17243281.jpg
美味しそうでしょ?

3品目はデザート、「Tarte au Yuzu et estragon」=ゆずとエストラゴンのタルト
エストラゴン(=ハーブ)ですけど、生のものはデザート用。メインに使用したのは、乾燥したものになります。

鍋に、ゆずの絞り汁、卵、エストラゴンと砂糖を入れて沸騰するまで中火で煮て、そこにゼラチンを入れて溶かし、さらにそれを、ボールに入れたバターの上に流して混ぜ、ゆずクリームを作ります。
それを焼き上がったタルト生地につめて、上からイタリアンメレンゲで飾り、バーナーで焦げ目をつけるわけ。
こちらは、神妙なお顔でバーナーで焦げ目を作る先生。
e0245404_17251996.jpg
e0245404_17302719.jpg
この日はイタリアンメレンゲがあまり上手に作れず、ちょっと柔らかくなってしまったのが残念といえば残念でした。
(私達はプロじゃありませんので。)(^^ゞ
ちなみに、こちらの画像は先生のお店用のもの。
e0245404_17253539.png
左側が同じゆずとエストラゴンのタルトです。メレンゲが立っているでしょう?芸術品ね。(一番人気だそうです)

というわけで、シードルで乾杯して、
e0245404_17471297.jpg
本日も美味しいランチをいただきました。(^^)

お知らせ。先生の葉山大道のお店「Nicolas&Herbs」 、順調だそうです。
あともう一つ、優しげな色合いのテーブルフラワーも、
e0245404_17554762.jpg
(あまりうまく撮れてないですけど)お食事の雰囲気作りに一役かっていました。

# by b_neige | 2018-04-26 17:56 | 鎌倉日仏協会関連 | Comments(0)

鎌倉・笹目町のY邸(2018.04.22)

22日(日)、この日は鎌倉・笹目のY邸へ。前日の勉強会で、このお宅で毎春、オープンガーデンが開催されていると聞いて。
場所はね、由比ガ浜通りの寸松堂ってご存知でしょうか?寸松堂を間に挟んで、道が2本ありますよね。その長谷側の道をひたすら奥に進むと左手にあります。かなり奥ですよ。

ちなみに、今からだと、オープンガーデンは次の週末、28日、29日、30日です。それでこのシーズンは終了のよう。
時間:10:00~15:00

行き止まりの道を、まっすぐ、かなり奥まで。
途中に北鎌倉から昨年移ってきたという可愛いパン屋さん(酵母パン 鳥と木)がありました。週末のみ営業のよう。Y邸オープンガーデンの案内板が出ていました。

さて到着。門をくぐって、すぐ左手が、お庭の入口です。
600坪のお庭、メインはやっぱり躑躅かな。ほんの一部の写真ですが、お楽しみいただければと思います。

手前にパラソルが2つほど出てたでしょうか。
e0245404_22223679.jpg
奥に広いお庭でした。
e0245404_22233533.jpg
エビネ蘭、
e0245404_22235329.jpg
いろんな種類のエビネがお庭の至る所にさりげなく咲いていました。
e0245404_2224533.jpg
きれいなピンクの躑躅。(残念ですけど、躑躅は今年は早くて全体的に終盤でした)
e0245404_2224211.jpg

黒花蝋梅。
e0245404_22243751.jpg
シャガ。
e0245404_22245121.jpg
愛らしい吊り花。
e0245404_22251177.jpg
ハナイカダ。
e0245404_22252494.jpg
ネモフィラとかも。
e0245404_22432734.jpg
大手毬。
e0245404_22254121.jpg
高いところで、ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)がもう花をつけ始めていました。
e0245404_22255625.jpg
釣鐘水仙。
e0245404_22261066.jpg
そのお仲間たち?
e0245404_22262071.jpg
e0245404_22263111.jpg
ちょっと日陰の場所には、「ユキモチソウ」。
e0245404_22271279.jpg
ウラシマソウは終わってしまったとか。
トリカブトも育ってます。
e0245404_22273621.jpg
その近くで、オーナーのY氏から教えていただいた「パンダカンアオイ」の花。初めて見ました!
e0245404_2228497.jpg
すごい花でしょう?根元に花をつけるんですね。ナンバンギセルとか思い出しちゃいました。それにしても、面白い花!なんと形容していいやら。(一ヶ所だけじゃなくて、三ヶ所で!見かけました)
ちなみに、こちらは普通の葵。
e0245404_2228351.jpg
葵の紋の葵ですよ~。

アヤメです。
e0245404_22284824.jpg
きれいな紫でした。
これは、なんていう花かな。
e0245404_2229103.jpg
名前がわからない花、沢山、沢山ありました。
e0245404_22292681.jpg
e0245404_22293976.jpg
一体、何種類位あるのかな。30年かかっているお庭だそうです。

お手入れはY氏ご自身でされるのだとか。(剪定も)
植物がお好きなんですね。それがとてもよくわかる見事なお庭でした。
また再訪させていただきま~す。♪♪
# by b_neige | 2018-04-24 06:27 | 鎌倉歩き | Comments(2)

大巧寺→光明寺へ(2018.04.19)

19日(木)は〇〇先生の会に参加。
色々あって(怪我もあったし)、12月以来、4ヶ月振りでした。(^^ゞ

鎌倉駅東口集合で、大町・名越方面の散策と伺ってましたが、この日の目的地は光明寺(寺宝展・山門見学)ですって。
えぇ~っ、寺宝展は前日にも観たし、既に3回足を運んでます、うっそ~って。(笑)
だけど、来たからには同行します。はい。

まずは、駅近の大巧寺へ。
20種類の植物を見つけましょうと先生のお言葉。大巧寺は花寺ですからね、それ位はクリヤ~出来るかと。
目に止まった植物は、この釣鐘水仙と、
e0245404_21482994.jpg
シャクナゲの一種、それともツツジ?、目が覚めるような黄色のエクスバリー。
e0245404_2148433.jpg
その後、本覚寺のセンダンの木をチェックしました。
e0245404_1342838.jpg
ついでに?これ、オニタビラコです。
e0245404_2149177.jpg
その後、ぼたもち寺こと常栄寺方面へ。
その道沿いのお宅です。
e0245404_21493253.jpg
カナメモチ(赤芽モチ)の生け垣が美しいお宅ですが、お庭に「阿仏尼の井戸」があるんだそうです。(聞いたこともありませんでした)
*日本のカナメモチは外国のに比べて、赤芽の期間が長いそうで

常栄寺の庫裏の屋根の「猿」を確認しました。日蓮宗では「猿」は大事にされますね。
鎌倉・室町時代には武将はよく「猿」を飼っていたと教えていただきました。猿を馬小屋に入れておくと、馬に何かあった際に、猿が知らせてくれるからとか。足利氏が猿を飼っていたことは、文献にも残っているそうです。

別願寺に到着。ここのノダフジ、盛りでした。
e0245404_2150396.jpg
e0245404_21501477.jpg
前日にも来ていますが...。(^^ゞ
昔は、藤の繊維から布を作っていたそうです → 藤衣(ふじごろも)=公家の喪服
そして、藤と言えば、藤原氏。藤原氏の紋は「下り藤」。「藤」=さるかたの木。

安養院には入らず、山門前でお話を伺っただけ。(生け垣のオオムラサキツツジはまだこれから)
ツツジって、難しい漢字ですよね。「躑躅」=うずくまる、立ってられなくなるという意があり、花には微量ながら毒があるのだとか。(昔、花の蜜、吸っちゃったような...)
あとは、戦時中の食糧難の際、明治時代に境内のあちこちに植えたオオムラサキを端っこに除け、境内中央でカボチャを栽培していたと聞きました。100個も採れた年があったそうです。

前日の史跡めぐりと全く同じルートで、補陀洛寺へ。
e0245404_21503238.jpg
雨だった前日と違っていたのは、鯉のぼりが泳いでいたこと。

ここから光明寺までは、ショートカットの小径。これは、知らなかった路地裏。ちょっと嬉しくなったりして。(笑)写真、忘れました。<(_ _)>

光明寺の寺宝展、山門はパスさせていただきました~。先生ったら、寺宝展に入ったきり、全然出てらっしゃらないんです。その間に、参加者だけで、内藤家墓地へ。
内藤家の家紋は下がり藤です。
e0245404_2143441.png
藤原秀郷が祖ですからね。
見学が終わって、戻ったら、ようやく先生、山門のところに立ってらして。勉強家ですねぇ、そりゃあ、そう思ってましたけど。
散策お開きとなりました~。

# by b_neige | 2018-04-23 07:19 | 〇〇先生の会 | Comments(0)

歴史時代小説「実朝の首」(2018.04.21)

季節があっという間に進んだ気がします。絶対、1ヶ月以上先の気温ですよね。
ふぅ~、夏が思いやられますぅ。

昨日読み終えた本、「実朝の首」、ご紹介します。
e0245404_17562174.jpg
非常に!面白かったです。◎、いやいや、☆☆☆かな。楽しめました。
# by b_neige | 2018-04-22 17:51 | 鎌倉歩き | Comments(0)